« 不届き者 | トップページ | 案山子 »

2013年6月22日 (土)

札幌冬季オリンピック施設を訪ねて

手稲山では1972年11回冬季オリンピックの男女大回転、回転コース、ボブスレー、リュージュ会場となったところである。

 

一部の施設は撤去され植樹し自然にもどされたが、未だに森林や草むらに放置されたままの施設がある。

 

これはボブスレーゴールハウス、半分は倒壊していた。過去の栄光の施設はこれで良いのか?

 

3年前の写真↓。倒壊の兆しはなかったが・・・

 

Photo
2013年6月2日現在。同じ建物とは思えない破損状況

Dsc_0049_640x360_2

 

保存は不可能
Dsc_0053_640x360

 

この設備はボブスレーコースの照明か?林の中に埋もれチヨコンと顔をだしている。これも錆び放題。

 

Photo_2

 

ボブスレーコースに残されたままのレール

 

Photo_3 

 

ゴール地点をよくみたら、林の中に埋もれているコンクリートのスタンドが見える。古代の遺跡を発見した気分。

 

Nec_0066_2 

 

極めつけはここ、ゴミ捨て場か?

 

ところがドッコイ、ここはボブスレーコース。雑草が生え、ドラム缶が廃棄され、見た瞬間下水講かと思いよく観察したところコースでした。

 

Nec_0072_2 

 

Nec_0071_3 

 

ここはどこだと思います?栄光のボブスレーゴールハウスの中。

 

ボブスレーが散乱していた。

 

無断侵入かって?鍵が壊れているので入ってみた。

 

Dsc_0055_640x360
札幌市は何故保存しないのか、アジアで初めて開かれた冬季オリンピック。二度と開催されることはないだろう!過去の栄華を偲ばせる大切な施設なのに。

 

この大会でリュージユ(木のソリ)、ボブスレー(鋼鉄のソリ)、一人乗り、二人乗り、4人乗り合わせ6個の金メダルが与えられている場所。

 

この人達が現在の状況を見たらどんなに嘆き悲しむことか。

 

お金にならないものは切り捨てる、おかしな世の中になってしまった。

 

ボブスレーに佐賀清和高等学校の校名が入っていたことから佐賀清和高等学校へ問い合わせてみた。

 

20110616_26
以下はその内容

 

私からの連絡

先日、札幌手稲山において貴高のものと思われるボブスレーをみつけました。

 

場所は、冬季札幌オリンピックボブスレーゴールハウス内です。

 

ホコリまみれになっています。このハウスは管理されていないもよう。

 

 

佐賀清和高等学校からの返事

 

ボブスレーの件ですが職員や事務室で確認したところ、

 

札幌には本校生徒が修学旅行に行ったことはありますが、

 

ボブスレーを使用したことはないようです。

 

どのようないきさつでボブスレーに学校名が表示されているのか

 

全く分からない状況です。

 

修学旅行を取り扱った旅行代理店などにも問い合わせてみたいと思いますが、

 

少なくとも本校の所有するものではないようですので、まずはご連絡いたします。

 

佐賀清和高等学校  教頭 貞松 義人 
ウォーキング日記
6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
6月21日 走法 ラン&ウォーク 25.231歩(20.2km)
6月トータル723.881(579.1km)
達成率 137.9%

 

 

|

« 不届き者 | トップページ | 案山子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/57618748

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌冬季オリンピック施設を訪ねて:

« 不届き者 | トップページ | 案山子 »