« 〇〇部長と〇〇部部長の違い | トップページ | ツツジに狂った男 »

2013年7月23日 (火)

世界の雑記帳:15億キロのかなたに輝く青い星、土星探査機が地球を撮影

2013年07月23日 14時19分

7月22日、NASAは、土星探査機「カッシーニ」に搭載されたカメラが地球をとらえた写真を公開した。写真は19日撮影、NASA提供(2013年 ロイター)                      

7月22日、NASAは、土星探査機「カッシーニ」に搭載されたカメラが地球をとらえた写真を公開した。写真は19日撮影、NASA提供(2013年 ロイター)

 [ケープカナベラル 22日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)は22日、土星探査機「カッシーニ」に搭載されたカメラが地球をとらえた写真を公開した。写真では、巨大な土星の輪のかなたに青く輝く小さな地球の姿が写し出されている。

 地球と土星の距離は約15億キロ。地球から遠く離れた探査機は通常、太陽光の直射による機器の損傷を避けるため地球の方向を向かないが、写真が撮影された7月19日は、カッシーニの搭載カメラに太陽が入らない位置に来たため撮影できたという。

|

« 〇〇部長と〇〇部部長の違い | トップページ | ツツジに狂った男 »

宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の雑記帳:15億キロのかなたに輝く青い星、土星探査機が地球を撮影:

« 〇〇部長と〇〇部部長の違い | トップページ | ツツジに狂った男 »