« 汗で濡れた汚いハンカチを拾う女 | トップページ | 山ブドウの群生地 »

2013年7月 1日 (月)

新篠津(しんしのつ)ウォーク大会

数か月前次のような封書が届いた。

Img171_494x640

北海道開発技術センターとは聞いたこともなく、開封したところ・・・

Img169_464x640
ウォーキングラリーの案内であった。夏は4大会、秋は3大会へ参加の案内である。取りあえず夏の大会6月30日新篠津ウォーク、8月4日北広島ウォークにエントリーし今日の大会を迎えた。

9時半、当別駅をスタートし道の駅しんしのつゴールの12キロのコースである。

続々と当別駅に集まる参加者たち(400名)

Dsc_0022_640x360
広々とした石狩平野は水田がどこまでも続く

Dsc_0023_640x360
今回はトップゴールを諦め風景を楽しむことにしていた。私はスロースタータでエンジンのかかりが遅く10キロ過ぎないとエンジンがかからない。今回のような短い距離は苦手なのだ!

ところが、いつの間にかトップグループに入っていた。残り2キロになったところで先導員がゴール地点の道順を説明し、後ろに下がって行った。当然私が前に出た。ペースを上げた。残り1キロなったところで後方を確認したところ、横に30代位の女性がついていた。予想外である。私は声を掛けた。凄く早いですね、前にどうぞ!でも、前に出ようとしない。これが限界なのかもと判断し。更にペースを上げた。残り1キロは抜かれても抜き返す力は残っていた。ゴール100m手前で後方を確認したところ姿は見えない。ゴール地点で関係者の女性が指を1本出して一位だと騒いでいた。私がゴールしてから4分後にトップを争った女性がゴール。

残り1キロで4分差がついたことは、極端にスピードが落ちたことになる。女性は手を差し伸べてきた。爽やかな一瞬である。

ゴール地点の産直市場

ここで、かけそばと、鶏1羽の唐揚げを食べた。隣のおばさんはビックリしていた(笑)。

Img170_445x640

次回の大会は7月7日北海道森林スポーツフェスタin定山渓、さらに7月13~14日旭川大雪ツーデーウォークと続く。





|

« 汗で濡れた汚いハンカチを拾う女 | トップページ | 山ブドウの群生地 »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新篠津(しんしのつ)ウォーク大会:

« 汗で濡れた汚いハンカチを拾う女 | トップページ | 山ブドウの群生地 »