« 自転車をこぐ消費カロリー | トップページ | ナス:「まるでペンギン!」 埼玉 »

2013年8月28日 (水)

函館ツーデーウォーク

8月24日から25日に亘り函館ツーデーウォークが開催された。北海道開拓の地、函館は歴史と異国情緒溢れるロマンの街として親しまれたきた。自然・景観の感動を抱きながらウオーカ―は一生懸命歩き心に残る2日間であった。

摩周丸をバックにおエライ方のご挨拶

Dsc_0021_640x360

スタート

Dsc_0022_640x360

函館山遊歩道
Dsc_0024_640x360
参加者は本州120名、道内約400名

コースは24日は5キロ・10キロ・20キロ・30キロ

25日は5キロ・10キロ・20キロで私は24日は30キロ、25日は20キロにエントリーした。

<1>24日30キロコース

摩周丸広場前をスタートし→五稜郭公園→トラピスチヌ修道院→湯の川温泉街→啄木小公園→竜巻岬→函館山中腹横断→ゴール

8時半スタート、私は10キロ1時間11分の時間を設定し、ゴールタイムは3時間33分を目標とした。

スタートは何時ものようにペースは上がらない。しかしトップ集団に食らいついていた。勝負ところは5キロ地点五稜郭公園と決めていた。5キロ地点では10人位の集団が出来ていたが、トップのスピードは落ちてきた。私はすかさずトップに出た。足音は次第に遠ざかり、離れだしたのが分かった。上湯の川松倉川遊歩道に出た所で後方を確認したが誰の姿を見ることもなかった。

松倉川遊歩道(松倉川の上流は我が故郷)

Dsc_0061_640x360

トラピスチヌ修道院がチェックポイントであることから、そこでトップを確認した。予想外の返事が戻ってきた。すでに3人が通過したと言う。???

100%ありえないことであるが、どんな手法を使ったか分からないが、通過した事実があることから、私は真意を確かめる為3人の後を追った。8キロ地点で一人に追いついた。

私:随分早いですね。

相手:無言

私:可笑しいじゃない。スタート地点から私はトップグループにいましたが貴方はいませんでしたよ。こんなことをしてトップをとっても意味ないですよ。

私は先頭にいる筈の2人を追った。2人は20キロ地点で姿が見えてきた。直ぐに追いついた。

私:貴方たちは凄く早いですね。ようやく追いついたよ。チェックポイントで時間を確認したところ30分前に通り過ぎたと言っていました。約3キロは離されていた計算ですが、どのようなことをしたらそのような差がでるんですか?

相手:またしても無言

私:ルールは守ったらいいよ。貴方たちは地元でしょ。

途中、係員の人たちにルールを守らない地元の参加者が多いけれど、知ってる?

私は年間20大会程参加しているが、このようなことは初めての経験。

函館山に差掛った所で後方は誰もいない。20キロの人たちに合流した。ゴールタイムは12時40分。所要時間は3時間40分、目標タイムを7分オーバーでした。でも、素晴らしいタイム。

Dsc_0026_640x360
<2>25日20キロコース

摩周丸広場前をスタートし→五稜郭公園→四稜郭→亀田川湖畔→国道5号線→ゴール

昨日と同様五稜郭公園からペースを上げた。四稜郭方面へ登る延々と続く坂道が我慢のし所、ここで決定的な差をつければ、残りは10キロ、追い抜かれることは先ずない。

チェックポイントで確認したところ、ここでもやっぱし怪しげなトップが3人いた。無言で追い越した。

ゴールタイムは10時55分、所要タイムは2時間35分。昨日よりタイムは落ちたがこんなもの。

私がゴールしてから20分後、物凄い豪雨となった。

函館山はしだいに雲に覆われスコールのような雨足

Dsc_0057_640x360

受付はびしょ濡れ

Dsc_0049_640x360

びしょ濡れになりながらゴール

Dsc_0058_640x360
大会は係員が一生懸命にお世話をしていた。ご苦労様でした。

|

« 自転車をこぐ消費カロリー | トップページ | ナス:「まるでペンギン!」 埼玉 »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館ツーデーウォーク:

« 自転車をこぐ消費カロリー | トップページ | ナス:「まるでペンギン!」 埼玉 »