« 北広島ウォーキング大会 | トップページ | 歩道は右側通行? »

2013年8月 6日 (火)

古道を行く

小樽の町が出来る前、新川河口にアイヌのオタルナイ村があつた。この部落から現在の小樽に移住し小樽となった。

アイヌは新川に遡上するサケや、沿岸に産卵のため打ち寄せるニシンを捕り生計を立てていたものと思われる。その内和人が入り込みアイヌを使い漁をやりだした。和人はアイヌの妻や娘を意のままにしていた。アイヌは見た目は怖いが気持ちはとても優しく、和人に逆らうことは殆どなかった。

古道は国道5号線が出来る前、銭函からオタルナイ村に通じる唯一の道でもあった。古道は私のウォーキングのコースでもある。

蚊やブヨが発生していることから彼らより早く走る。時には雑草に足を取られ転倒することも

Dsc_0035_640x360

古道の中ほどまで進むと視野が開けてくる。この古道を進むと新川河口へ出る。
Dsc_0031_640x360

前方に鉄の遮断機。ここは道路であったのだ

Dsc_0038_640x360

さらに進むと廃橋が見えてきた

Dsc_0040_640x360

新川に架かる廃橋は途中で工事が中断されていた。橋の幅は車両一台通れる程でガードレールは朽ちていた。約半世紀前オタルナイ村に通じる工事であったが工事中、オタルナイ村の住民はゼロとなったことから工事は中断。

Dsc_0045_640x360

前方に橋ゲタが見える。森の中ほどにオタルナイ村があった。現在は記念碑が建っている。近くにオタナイの沼がある。

Dsc_0047_640x360

廃橋から見た新川河口と日本海

Dsc_0049_640x360

廃橋から見た手稲山連邦

Dsc_0050_640x360

詳しくはオタナイ村を訪ねて32kmのウオークをご覧ください

ウォーキング日記 

8月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
8月5日 走法 ラン&ウォーク 30.007歩「24.0キロ」

7月トータル 172.350(137.9キロ)
達成率 137.9%

|

« 北広島ウォーキング大会 | トップページ | 歩道は右側通行? »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古道を行く:

« 北広島ウォーキング大会 | トップページ | 歩道は右側通行? »