« 規制委チーム、大飯原発の断層「活断層でない」 | トップページ | ダイオウグソクムシ:頼むから食べてくれ 10匹そろって絶食中 鳥羽水族館  »

2013年9月 3日 (火)

庭に自生する猛毒エゾトリカブトの花

庭に自生しているエゾトリカブト、以前は引き抜いていたのですが、最近自然のまま手を加えていない。トリカブトの種類は日本に30種類ほどあり、エゾトリカブトの毒は最強。

Dsc_0004_360x640

トリカブトの毒(アコニチン)は根に多く含み、致死量は2mgで解毒剤がないことから間違って食べると助かる見込みはまずない。毒性は青酸カリと何ら変わらない。

昔、アイヌ人は矢じりにトリカブトの毒を塗り熊を仕留めていた。

かじるとビリッとした痺れが舌の上に走り、その感覚が続きます。
初期症状では、のぼせ、顔面紅潮、めまい、しびれ感(口唇や舌)、心悸亢進、胸(心臓部)の灼熱感さらに中毒症状が進むと、流涎、言語不明瞭、悪心・嘔吐、冷感、腹痛が見られ、末期症状でチアノーゼ、瞳孔散大、体温低下、血圧低下、不整脈、呼吸麻痺。

誤って食べてしまった場合、すぐに吐き出し病院へ。
処置としては、胃の洗浄、吸着剤・下剤の投与、酸素吸入、循環系・不整脈の治療となります。

猛毒の野草でるが栽培しても何ら違法とならない。以前トリカブトを使って奥さんを殺害し保険金を取ろうとした事件があった。

ウォーキング日記 

9月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
9月2日 走法 ラン&ウォーク 0歩「0キロ」

9月トータル 0(0キロ)
達成率 0%

3日からそろそろジョギング開始する予定。計画から5万歩遅れているが必ず挽回する。

|

« 規制委チーム、大飯原発の断層「活断層でない」 | トップページ | ダイオウグソクムシ:頼むから食べてくれ 10匹そろって絶食中 鳥羽水族館  »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭に自生する猛毒エゾトリカブトの花:

« 規制委チーム、大飯原発の断層「活断層でない」 | トップページ | ダイオウグソクムシ:頼むから食べてくれ 10匹そろって絶食中 鳥羽水族館  »