« 犬8頭を劣悪環境に…個人の飼い主を異例の逮捕 | トップページ | 福島第1原発:安倍首相、5・6号機の廃炉を東電に要請 »

2013年9月19日 (木)

第26回北海道ツーデーマーチ

第26回北海道ツーデーマーチが洞爺湖を会場に9月14~15日にかけて行われた。

洞爺湖は「美しい日本の歩きたくなる道500選」の認定を受け更に「洞爺湖有珠山ジオパーク」は日本で初めての世界ジオパーク認定地でもある。

遥か向こうに羊蹄山を望み昭和新山や噴火の爪痕を残す有珠山、海の幸豊かな噴火湾など大自然を眺めながらのウォーキングは日本ウォーキング協会主催の北海道に於ける、今年最後のメジャー大会祭典である(地方大会は10月まである)。

洞爺湖は2008年7月8日第34回主要国首脳会議、通称北海道洞爺湖サミットG8、日、米、英、伊、仏、加、露、独が開催されたことで知られている。

コース

9月14日

40km洞爺湖ぐるっとジオコース

1379159901102_640x359

20km洞爺湖・豊浦ジオコース。10km洞爺グルメジオコース。5km昭和新山ジオコース

9月15日

30km伊達・有珠山ぐるっとジオコース。20km壮瞥・北の海記念館ジオコース。10km洞爺湖中島ジオコース。5km西山山麓火口ジオコース。

私はⅠ4日40km、15日30kmコースにエントリーした。

初日、二日目と雨降りとなったが、二日目は豪雨と雷のダブルパンチを食らった厳しい大会となった。参加者は本州、北海道合わせた延べ人数は約千人となった。

9月14日、大会会長挨拶後、7時一斉にスタート。ウォーキング大会は競技でなく完歩することが目的である。私はダラダラ歩くことは嫌いなことから目標は10キロ70分と決め、40キロのゴールは4時間40分と決めた。これは頗る早いタイムである。このタイムだと当然トップゴールとなる。私のように目標を掲げた人々は多数いる。私はスピードウォーキング(踵着地、軸足の膝を真っ直ぐ伸ばす、常に片足着地)を得意とする。

Dsc_0038_640x360

当日は小雨程度であったことから雨具はリユックに入れた。8キロ地点でトップグループ2人に追いついた。50m程並走したが、直ぐに前に出た。後ろを振り返ったが追って来る気配はない。10キロ70分ペースを守り一人旅となった。チェックポイント(23キロ)を過ぎた頃から増々快調に飛ばした。

残り6キロ地点に差掛り、俄かにペースダウン。貯金は大分残っていることから焦らずゴール。タイムは4時間35分、目標タイムを5分短縮した。

Dsc_0042_640x360

スタート地点は遊覧船の発着場所でもある。左前方に見えるは羊蹄山、標高1.898m。右側は中島、遊覧船が向かう観光島、野生の鹿を見ることが出来る。

Dsc_0034_640x360

夕方遊覧船に乗り中島へ向かった。

Dsc_0064_640x360

野性の鹿。料金を払うと鹿の居住区に入ることが出来る(遊歩道がある)。

Dsc_0081_640x360

二日目

昭和新方面へ向かう途中から豪雨となった。道路は洪水のように上の方から流れてくる。足の踝まで水に浸かり歩を早めたが、時折近くで落雷を思わせる光と轟音。雨具を着込んでいるが既に衣類はビショビショ。昭和新山に近づくほどに雷は酷くなり、この峠を早く超すことが良いと考えペースを上げた。下りに入ると雨はそれ程気にはならない。トップグループは4人いることは分かっていたが3人の姿を捕えたが一人は見えない。下りの中盤に差しかかった所で3人に追いつき、追い抜いた。峠を下りたところでトップが見えてきた。300mくらいか?射程距離である。

給水地点で追いついた。係員からバナナを1本貰い小休止。その時先ほど追い抜いた3人が給水地点にたどり着いた。私とトップを歩いていた人がスタート。彼は歩を緩め私にトップの座を明け渡した。500m先に坂が見えてきた。この坂は延々と4キロくらい続くことから勝負所である。ペースを落とすことなく更に上げた。峠を登り切ったところで下を見たが姿は見えない。決定的な差が付いた筈。

2か所の給水地点で確認のため先を行っている人がいるか聞いた。貴方がトップであると言われ安心した。有珠山の遊歩道に入る手前に2キロ続く厳しい坂が待っていた。そこもすんなりクリァし最後の難所である有珠山遊歩道に入った。遊歩道は材木を横に並べたもので足が滑る。遊歩道の頂上に係員がいて登ってくる人を調べていたが私以外登って来る人は誰も居ないと言う。遊歩道を下り、再び坂を登り切るとゴール地点まで下りとなる。

ゴールタイムは11時16分。目標タイムから大きく遅れたが気象条件や延々と続く坂、更に有珠山遊歩道を思うと悪いタイムとは思わない。勿論トップゴールである。

今回で大きな大会は全て終わった。残りは地方大会、5大会が残っている。次回の大会は9月21日当別ウォーク9キロ、翌日9月22日浜益ウォーク11.2キロと続く。

前回に続きホテルの予約が取れなかったことから車泊となった。風呂はホテルを利用。車内は飲み食いしたゴミの山。コップは焼酎と日本酒。

Dsc_0043_640x360

クーラーボックスは酒と食料。

Dsc_0048_640x360
ウォーキング日記 

9月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
9月18日 走法 ラン&ウォーク36.330歩「29.1キロ」

9月トータル 592.634(474.1キロ)
達成率 131.7%

|

« 犬8頭を劣悪環境に…個人の飼い主を異例の逮捕 | トップページ | 福島第1原発:安倍首相、5・6号機の廃炉を東電に要請 »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第26回北海道ツーデーマーチ:

« 犬8頭を劣悪環境に…個人の飼い主を異例の逮捕 | トップページ | 福島第1原発:安倍首相、5・6号機の廃炉を東電に要請 »