« サケの産卵風景 | トップページ | ワシは窓際族 »

2013年10月25日 (金)

札幌市新川緑地ニシキギの紅葉

ニシキギはコルク質の翼が枝に沿って2~4裂つくのが特徴で、翼(よく)の大きく発達したものは園芸的に価値が高いとされています。葉は長楕円形で対生し、縁には鋸歯があり、5~6月にかけて径7㎜ほどの淡緑色の花を咲かせる。

幹の両端が白っぽい部分が翼、他の樹木には見られない特徴

Photo

新緑の頃、目立たないころに実がつきますが秋に赤い実となり、熟すと裂けて紅い仮種皮に包まれた美しい種子が現れます。10~11月に真っ赤に紅葉し、この紅葉の見事なことから秋の季語にもなっています。雌雄同株で、樹高は2~3mです。

花言葉

①危険な遊び

②あなたの魅力を心に刻む

③あなたの定め

新川緑地遊歩道には、紅葉や実が美しい世界三大紅葉樹のひとつと言われるニシキギ(錦木)が植樹されている。紅葉をごゆるりとご覧ください。

紅葉前

640x360
遊歩道を覆う紅葉

015_640x360_2
011_640x360
種子

007_640x360

新川に覆いかぶさるように種子がびっしり付いている。樹木名は不明。

018_640x360

秋グミ・11月に入ると甘みが増す。とても美味しい。

640x360_2

新川の枯れたイタドリは晩秋への想いを馳せる。

021_640x360

ウォーキング日記 

10月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
10月24日 走法 ラン&ウォーク37.662歩「30.1km」
10月トータル 761.656(609.3km)
 

達成率 126.3%







|

« サケの産卵風景 | トップページ | ワシは窓際族 »

環境・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市新川緑地ニシキギの紅葉:

« サケの産卵風景 | トップページ | ワシは窓際族 »