« 愛犬ライ・エゾクロテンに襲われる | トップページ | 福島第一原発核燃料棒の総本数について »

2013年10月10日 (木)

晩秋の小樽ドリームビーチ

海水浴シーズン中、家族連れや若人たちで賑わった道。今は人影もなくススキの揺れが秋の訪れを告げている。

Dsc_0036_640x360
海の家は閉ざされ、日本海の大荒れの冬日はそこまできている。

Dsc_0054_640x360

賑わった人々の声は遠くに消え去った。

Dsc_0049_640x360

砂浜で語り合う二人

Photo

人が踏み入ることがない。風紋がとてもキレイ

Dsc_0004_640x360

美女と野獣の足跡

Dsc_0009_640x360_2

Dsc_0007_360x640_2

松尾芭蕉の「奥の細道」、旅の途中平泉で詠んだ句「夏草や兵どもが夢の ・・・・・夏の栄華は今は空しく、寂れた海の家のみが残る。

ウォーキング日記 
10月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
10月9日 走法 ラン&ウォーク33.816歩「27.1km」
10月トータル 289.970(232.0km)

達成率 128.9%

|

« 愛犬ライ・エゾクロテンに襲われる | トップページ | 福島第一原発核燃料棒の総本数について »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の小樽ドリームビーチ:

« 愛犬ライ・エゾクロテンに襲われる | トップページ | 福島第一原発核燃料棒の総本数について »