« 哀愁のカラマツ林 | トップページ | 札幌のリンゴ »

2013年11月22日 (金)

パート待遇改善要求

私の職場に、16人のパート「特別職員」がいる。
11月に入ると毎年本人申告書を書いて出すことになっている。
内容は、この1年間で取り組んだ仕事の内容と実績及び異動の希望、その他。
問題はその他。毎年書いている内容は時給アップの要望。
当社のパート待遇は北海道ではトップクラス、入社1年目で年収200万円弱、ボーナスは社員並みの年間5.6ヶ月、その他の手当も社員並み。
フルタイマーであることから、仕事内容は社員と同じ、当然不満が出る。
要求は時給10円アップ。
本人申告書を検討する役職は、私の部署は私→部長→担当常務→役員会議→社長決済
例年担当常務まではなんとか説得するのですが、それ以降はダメ!
数年前の話しになるが、突然社長とのヒヤリングが設定された。
社長の前に出たらいきなり、これは何だと言って机を叩いた。
直ぐ、10円の件だなと察しがついた。
私:会社の御理解によりパート待遇は世間並み以上でありますが、生産性向上を目指している現在、パートさんの努力により5%アップになりました。どうかパートの意欲を、益々高めるために、是非とも10円のアップをお願いします。
社長:オマエなんだ!組合員か、なんてことを言うんだ、立場をわきまえろ。
その後私は一言も発言できませんでした。こんこんと30分説教され解放された。
部長が飛んできて、どうだったと心配顔、何故なら部長及び担当常務までのハンコをもらっていたので、下手すると上司の責任問題。
公の席でも私は社長から罵倒された。全体会議の場でこの中に私と考えを異にしている役職者がいる。この場で名前をだしてもいいが・・・と、いって黙り込んだ!
この時、名前を公表されると思ったが、社長も大人げないと思ったのか、話題を切り替えた。
私はこの時点で左遷を覚悟。
3月に入り異動の季節に入った。が、音沙汰なし。突然内示があった。職級が上がり、勿論給料もアップになった。
驚いたのは私は勿論、部長と部下。
推測になるが、担当常務が社長を説得したもよう。
それから、月日は流れ、社長が交代した。
前社長は東大出、新社長は京大出身、この両大学出身者は常にライバル意識が強い。
新社長とのヒヤリングが担当責任者とあった。
私は自己紹介と職場の説明をした。そこで社長は私に何か言うことはないか?と聞いてきた。
私はピンときた、旧社長と新社長との事務引き継ぎでパートの問題が出たな!
私は、前社長にパートの件で厳しく叱責されました。今後言動を慎みます。
ところが、新社長はいやいや、アナタは悪くない、当然のことをしたまでだ。寧ろ私からお礼を言いたい。
あの人達をアナタ方が守ってあげなくてはいけません。一般の社員は組合が守っているのですから、これからもパートを大事にしてあげて下さい。と、言われた。
私は涙が出た。
私が製造部門を担当し苦節4年。パートはベースアップの他、時給5円アップとなった。
3年前のことであった。
ウォーキング日記
11月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」
11月21日 走法 ラン&ウォーク25.877歩「20.7km」
11月トータル600.718(480.6km)

達成率 114.4%

|

« 哀愁のカラマツ林 | トップページ | 札幌のリンゴ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/58618445

この記事へのトラックバック一覧です: パート待遇改善要求:

« 哀愁のカラマツ林 | トップページ | 札幌のリンゴ »