« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

手袋を便器に投げる男

ときどき

何を血迷うのか

男は手袋を、便器の上にポイと投げて乗せる癖がある(黒い手袋)

004_720x1280

だが・・・

ときどき

便器に落ちることがある

さて!そんな時男はどうする?

答えは二つ

①拭いてそのまま使う

②捨てる(約1500円)

アナタならどうする?(笑)。

ウォーキング日記
1月の目標775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月30日走法 ラン&ウォーク 30.790歩「24.6km」

1月トータル913.515歩「730.8km」

達成率121.8%

20キロラン、4.6キロウォーク。1月は元旦が17キロ、他1日休んだ以外全て20キロ以上のランとウォークであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

福島第一原発・増え続ける汚水タンク

2011年3月11日の事故後、放射能に汚染された汚染水との格闘が続く福島第一原発現場。汚染水を貯めるタンクは敷地を埋め尽くすように設置され、その数は約千基。今も増え続ける汚染水に事故の後始末はいつ終わるか見えてこない。

20130301041jd

大きいタンクだと千トンの水が入る。汚染水を貯めている貯蔵量は約40万トン。福島第一原発の小野明所長(54)は来年度末には80万トンになると明かした上で、自ら言い聞かせるように強調した。事故直後は応急処置的な対策も多かったが、今後は廃炉作業にかかる30~40年先を見え据えた体勢で作業しなければならない。

1~3号機の炉心の冷却に一日400トンの水を注入し、この汚染された水からセシウムや塩分を除いて再利用する。これとは別に、400トンの地下水が原子炉建屋などに入ってくるため、1日400トンの汚染水が発生する今後も千トンタンクを2.5日に1基作り続ける必要がある。

東京電力は20日、汚染水を従来の毎月1万5千トンから4万トンに増やす工程表を発表した。これは千トンタンクを毎月40個生産することになる。

このように収束できず、果てしなく続く汚染水との格闘。未だに1号機2号機3号機から毎時1千万ベクレルのセシウム137が放出されている。もし、同じような事故が他でもう一件発生したなら日本は沈没。それなのに安倍首相は原発再稼働を急ぐ。

関連記事をご覧ください。

福島第一原発放射性物質毎時0.1億ベクレル放出中

http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=75951523&blog_id=657711

今福島で何が起きているか!

http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=77744253&blog_id=657711

ウォーキング日記
1月の目標775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月29日走法 ラン&ウォーク 30.079歩「24.1km」

1月トータル882.725歩「706.2km」

達成率121.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

ウンコを食べる夢

神聖なるウンコ様の話しであるが、あのバカと思い方は素通りくだされ!

いつ頃か分からないが、田舎(函館)にある三森山の頂上にいた。そこは一度も登ったことはないのだが、キレイな林道が頂上へ続いていた。こんな道があるとは夢にも思っていなかった(笑)。

脳裏のコンピュータは、突然食事の場面になった。食卓にはおでんらしきものがあって、ワシは酒を飲んでいた。何を思ったのかワシはウンコを箸でつまみおでんらしきものに乗せた。

これは、ウンコだよウンコと自問自答した。その内ウンコは汚いんだよな。と言って箸でつまみだした。箸にはウンコがへばりついていた。箸を綺麗に拭きその箸でおでんらしきものを食べた。

ウンコを入れた理由は、ウンコを入れると温かくなるとのとである。そんなことを考えていたら、やっぱしウンコを入れ温かくして食べる事にした。再度箸でつまみウンコを入れた。

そして汚いことに気付き取り出した。ウンコを食事に入れるなんてなんだ!と、ここで夢から覚めた。

99年近い人生でヘビの夢は何度も見ているが、ウンコ様の夢は初めてである。何故、悪魔のような夢を見たのかと考えてみた。あっ!あの方かと思わんでもなかった(笑)。

気になり、ネットで検索。やっぱしいるんだね。ウンコを食べたお方が(笑)。

ウンコ専門家によると?ウンコの夢は「吉夢」で「夢を見た人に富をもたらす」と言う。

納得、あの方は豪邸を建てた!

ワシには何十年も追い続けている夢がある。それは宝くじ1等である。新年早々初夢から2日過ぎたが縁起がいいじゃないか!(夢は4日に見た。初夢は1~2日に見る夢)。

神よ我に札束を与えたまえ。

ウォーキング日記
1月の目標775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月28日走法 ラン&ウォーク 39.788歩「31.8km」

1月トータル852.646歩「682.1km」

達成率121.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

札幌市中の川に生息する魚たち

中の川は、札幌市西部に位置し、手稲山の南面に発し、西野地区から宮の沢地区を通り、新川へ流れ込む二級河川。非常に流量が豊富で工場や家庭排水もなく良好な水質を有している河川である。

雪に覆われた中の川、凍結することは滅多にない。凍結しても直ぐに融けてしまう。

002_720x1280

小川に集まる小鳥、雪面にはキツネ、クロテンの足跡を見ることができる。小さな木のように無数に見えるのがイタドリ(草)である。

ハナカジカ

Photo

イトヨ

Photo_3

サクラマス

Photo_5

他に秋になるとサケが遡上する。

*注意

川にいるサケ・マス(サクラマス・カラフトマス・ベニマス・ギンマス・マスノスケ)の捕獲は、北海道内水面漁業調整規則で全面的に禁止されています。絶対にとらないでください。(4、5月(石狩支庁管内の場合)以外のヤマメは捕獲可能です。)

ウォーキング日記
1月の目標775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月27日走法 ラン&ウォーク 27.311歩「21.8km」

1月トータル812.858歩「650.3km」

達成率120.4%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

猛吹雪のなかジョギング

1月26日、日曜日であるが午前中会社へ顔を出した。緊急の用事はなかったが、出張の連中に2.3件確認事項があった。

彼らは道東方面へ社有車で出て行った。今日は移動日で明日が作業日、作業は4時間程で終る予定。

他の部署の連中も出社していたことから、30分程話しをし、帰宅の準備。この頃、天気は良好。しかし、予報は午後から低気圧が通過することから荒れ模様の予報。

12時少し前に退社。1キロ6分ペースで快調に帰宅を急いでいた。しかし、天気は予報通り、にわかに怪しくなってきた。

前方が吹雪いている

002_1280x720

町内に入って来た。風雪が強く汗により背中が冷たい。

010_1280x720

ロードヒーティングが施された道路であるが、次第に圧雪状態

003_1280x720

右側に見えるのは、ホームセンター(ビバホーム)。

008_1280x720

一先ず避難・30分程休憩をとり、20キロランに5キロ不足していたことから、ビバホームを起点にし、1周3キロの周回コースに出た。

15時30分ノルマを達成。20キロラン、4.6キロのウォーク達成。

009_1280x720

旦那様のお帰りだ!

ワンコは「我関せず」とストーブの前で居眠り中

001_1280x720

ウォーキング日記
1月の目標775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月26日走法 ラン&ウォーク 30.739歩「24.6km」

1月トータル785.547歩「628.4km」

達成率120%

5日残して1月の目標は達成。90万歩に届きそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

妊婦の入浴問題なし&過酷なウォーキング

環境省は25日、温泉の成分や入浴上の注意を定めた温泉法の基準を32年ぶりに見直し、入浴を避けるべき「禁忌症」の中から「妊娠中」を削除する方針を決めた。妊婦が温泉に入っても医学的に問題ないとされ、専門家から見直しを求める声が上がっていた。一般からの意見公募を経て今年夏までに各都道府県に通知する。

1982年に定められた現行基準は、禁忌症として重い心臓病などとともに「妊娠中(特に初期と末期)」を挙げている。環境省は、妊娠を理由に入浴が拒否された例は「聞いたことがない」としていることが、見直しにより妊婦も安心して温泉を楽しむことが出来そうだ。

温泉法は、脱衣所などの見やすいところに温泉の成分や禁忌症などの注意事項を表示することを義務付けている。妊婦が禁忌症とされた理由について、環境省は「記録が残っておらず定かでないが、外国の文献や俗説を参考にした可能性がある」と説明している。

ウォーキング日記
1月の目標775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月25日走法 ラン&ウォーク 48.203歩「38.6km」

1月トータル754.808歩「603.8km」

達成率125.8%

昨日、家族のインフルエンザA感染によりラン&ウォークは中止したが、今回は、昨日のマイナス20キロを挽回する覚悟で家を出た。挽回すると言うことは40キロのラン&ウォーク。この時期の40キロは夏場の80キロに相当する。

意を決して8時前に家を出た。勿論ランである。ウォークだと真っ暗になっても歩いていることになる。

勿論一番楽なコースを選んだことあ言うまでもない。

条件

①家に近いこと

②コースが平坦であること(フラットコース)

③近くに休憩できるスーパー等があること

④道路がキレイに除雪されていること

⑤信号が無いこと

この5つの贅沢な条件を満たすコースはあるのだ!

そのコースとは、いつもブログで紹介している中の川遊歩道沿いにある市道。近くにビバホームがあることから道路の整備は完全。

10キロくらい走ってはビバホームへ逃げ込み水分補給。そんなことを何度か繰り返していたが、足が上がらなくなってきた。ギブアップである。

歩数計は38.6キロ表示していた。なんと、40キロに1.4キロ足りない。でも残り1400mは100%無理。

余談1・衣類は上下全て汗でびしょ濡れ、防寒着の表まで汗が滴っていた。真冬で初めての経験である。おそらくこのような経験された方はそんなにいないと思う。

余談2・体重2キログラム減です(笑)。漸く標準体重になった!

余談3・お前の平均体重は何キログラムだ!そんなつっこみはご容赦ください(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

プログ開始し、はや3年

2011年1月24日、訳の分からないプログを開始し、早3年の月日が過ぎた、皆様の御支援をいただき、殆ど毎日書き綴ったことになる。

過去のブログを見てみますと誤字や小学生なみの作文、恥ずかしい限り。

毎日書くと大変なので、暇なとき、まとめて10通位書いたことが何度もある。

ジャンルは釣り、ウオーキング、読書、園芸、経済、政治となんでも来いという感じ。

手広く営業を開始したため、中身の薄い内容となった。

本命は釣りとウオーキングですが、どちらも冬は厳しい。ウオーキングは猛吹雪でも20kmを目標とした。

夏場は、20km以上を目標とした。大きな大会でも常にトップゴール出来たことは我ながらあっぱれ。

会社まで往復遠回りし20km以上のウオークを常とした。

4年目に突入し同じジャンルになるが、今年の大きな目標は得意の足を使って札幌~小樽間、往復60kmに再度挑戦したい。

他に、アイヌの古道(浜益~増毛)や増毛山道(さんどう)、濃昼(ごきぶる)山道、礼文華山道、様似山道、猿留山道のうちどれか一つを歩いてみたい。

プログご覧の皆様、これからもどうか宜しくお願い致します。

ウォーキング日記
1月の目標775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月24日走法 ラン&ウォーク 0.00歩「0.0km」

1月トータル706.605歩「565.3km」

達成率117%

今回は、家族2名がインフルエンザAに感染していることからマイカー通勤し、買い物をしてきたことからラン&ウォークは中止。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

20代男性の42%「性交渉未経験」

1月21日北海道新聞朝刊に驚くべき記事が載っていた。

20代男性の42%が「異性と性交渉を持った経験がない」としたインターネットのアンケート結果を、性教育や不妊相談を手掛けている民間の日本家族計画協会が20日、発表した。

20代女性で「ない」と回答した21%の2倍で、北村邦夫専務理事は「男性の草食化が話題になる中、20代の男女差は謙虚で驚いた」と話している。

昨年12月、全国20~69歳の男女約10万人に電子メールで依頼し、回答した5千人を集計の対象にした。

「性交渉の経験がない」とした回答は30代男性で10%、30代女性で7%と差は縮まり、それより上の年代でも男女差はあまりなかった。

このほか最近1ヶ月間に性交渉がなかったセックレスの割合は、男性31%、女性34%だった。理由で最も多かったのは、男性は相手がいない28%、女性は面倒くさい25%だった。

既婚者では面倒くさいとの回答が男女とも最多で、北村さんは、少子化の一因ではないかと分析している。

私も面倒くさいに1票(笑)

ウォーキング日記
1月の目標775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月23日走法 ラン&ウォーク 28.884歩「23.1km」

1月トータル706.605歩「565.3km」

達成率122.9%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

ロードヒーティング

昭和62年に「札幌の街を車粉から守るためスパイクタイヤの使用を規制する条例」が施行されたことから、昭和63年以降、スタッドレス化に伴う凍結路面対策の一つとして、ロードヒーティングの整備を緊急的に進めてきました。しかし、昨今のスタッドレスタイヤや凍結防止剤の性能向上等を受け、冬期路面管理の連続性、均一性、管理コストなどを考慮し、除排雪と凍結防止剤による路面管理への変更(ロードヒーティングの停止)を行っています(札幌市HP)。

しかし、至ところにロードヒーティングは設置されている。

中の川遊歩道の一部、周囲の雪山はウソのように歩道はキレイに雪は融けている。

Dscn3446_1280x960_1280x960

ロードヒーティングの制御盤

Dscn3447_1280x960_1280x960

↑のメーターを拡大↓。右側はタイムスイッチで左側は電力量計。タイムスイッチで道路の雪を融かす時間を設定し、設定した時間がきたなら路面に設置した装置に電流が流れ、雪が消える。電力量計は設定した時間内に使用した電力量を測る(基本料金を加算し料金が決まる)。タイムスイッチは90%は当社製造品、電力量計は100%当社で調整・修理・製造(数%)し、日本電気計器検定所へ検定に出す。検定に合格したものだけ、このようにして使われている。

Dscn3448_1280x960_1280x960

ロードヒーティングは一般道路の上がり坂や、坂の交差点にも設置されている。

003_1280x720

交差点

002_1280x720

ウォーキング日記
1月の目標775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月22日走法 ラン&ウォーク 38.807歩「31.0km」

1月トータル677.721歩「542.2km」

達成率123.2%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

雪に閉ざされた遊歩道・ナナカマドの実

札幌市手稲区の中の川遊歩道は深い雪に閉ざされていた。動物の足跡(キツネ、テン、犬)さえ残っていない。3月に入ると雪も融けはじめ、人々の賑わいが戻ってくる。私の好きなラン&ウォークコースでもある。

Dscn3438_1280x960

Dscn3440_1280x960

街路樹のナナカマドの木には、未だに赤い実が白い綿帽子を被り、たわわに垂れ下がっている。本来なら小鳥のエサとなり、殆ど木の実はないこの時期、ナナカマドの実は健在である。

Dscn3442_1280x960_2 

ナナカマドの実は固く、小鳥たちは食べることは出来ない。実が凍りそして融ける。何度か繰り返していく内に軟らかくなり、ムクドリ等の貴重なエサとなる。

ナナカマドは七度かまどに入れても燃え残ることからとする説が定説となっている。燃え残ると言う事は硬い木で木炭の原木として利用すると良い炭が出来ると言う。

ウォーキング日記
1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

 1月21日  走法 ラン&ウォーク 26.475歩「21.2km」

 1月トータル 638.914歩「511.1km」

 達成率 121.7%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

インフルエンザワクチンは本当に効くのか!

小学1年の孫娘が16日いきなり高熱が出て来た。一先ず病院へ行き治療してきた。翌日再度通院しインフルエンザの検査したところ、インフルエンザA型に感染していた。薬を服用したが39度から40度を上がったり下がったりを繰り返していたが3日目に漸く熱が下がってきた。

因みに、学校は欠席扱いにならない。

娘はワクチンは効かないと言っていたのでネットで検索したところ、こんな記事を見付けた。

元国立公衆衛生院疫学部感染症室長
母里啓子(もり ひろこ)
イメージ 1
著者からのコメント
インフルエンザ・ワクチン、打ったことありますか? 
小学校、中学校時代に、学校の集団接種で打った記憶がある方は多いと思います。大人になってからは打ちましたか?
小さな子どものいる親御さんは、お子さんを連れて、医療機関へ打ちに行ったことがありますか?
年配の方は「打っておかないと危ないですよ」などとおどされていませんか?
年配のご両親に、そんなふうにインフルエンザ・ワクチンの予防接種を奨めていませんか?
インフルエンザ・ワクチン、どうしてみんな打つのでしょう。
もちろん、効くと思っているからでしょう? 
でも、インフルエンザ・ワクチンはまったくと言っていいほど効かないのですよ。これは私たちウイルスを学んだ者にとっては常識です。
どうして効かないのか、どうして私がインフルエンザ・ワクチンは必要ないと言い続けているのか。その理由を、わかりやすくお話ししたいと思います。
 内容紹介
インフルエンザ・ワクチンは効きません!
関係者には常識です
 1.日本で接種が始まった当初から関係者にはわかっていました。
  効かないということが。
 2.効果がないので1994年には小中学生への集団接種も中止されて
  しまったほどです。
 3.効かないことは厚労省もわかっています。「流行対策がない」
  との批判を避けたいだけです。
 4.インフルエンザ・ワクチンは血液中にしか抗体を作れず、
  のどや鼻には抗体ができません。
  ウイルスはのどや鼻から入るから感染はまったく防げないのです。
  当然「家族や周囲の人や乳幼児にうつさない」ということも不可能です。
 5.インフルエンザ・ワクチンはもともと流行を予測して作られている
  だけ。そのうえに、インフルエンザ・ウイルスは日々猛スピードで
  形を変えるので効果は期待できません。
 6.インフルエンザ・ワクチンは、製法上、弱い抗体しか作れません。
  殺したウイルスの、さらにその一部だけを使って作るので、
  体内で増えず、ウイルスの一部に対する抗体しかできません。
 7.高齢者の肺炎や乳幼児の脳症はインフルエンザとは無関係です。
 「かかっても重症化を防ぐ」も嘘。そのようなデータは全くありません。
 8.「打っておいたほうがいい」どころか副作用があるから怖いのです。
  死亡者も出ています。打たないほうが安全だし安心です。
  そもそもワクチンは病原菌なのだし薬事法上は劇薬です。
  接種にはもっと慎重であるべきです。
 9.効かないことを知っている医師も多いのですが、患者離れが
  怖いから言えないのです。
 10.インフルエンザ・ワクチンは儲かるからなくならないのです。
  皆さんも、マスコミやお友達の言うことを真に受けずに、
  この本で真実を知ってください。
 本書には次のようなことも書かれています。
 手洗い・うがいはじつはインフルエンザには効果がありません。
ウイルスはのどや鼻の粘膜についたとたんに感染してしまうからです。
対処法は日頃から健康に気をつけるだけ。
注)ワクチンは、のどや鼻の粘膜には全く効果が無い。
 自然にインフルエンザに感染したほうが、ワクチンとは比べ物にならないほどの強い抗体が作られます。多くの人が知らず知らずインフルエンザにかかっているのです。丈夫な体でいれば症状も軽くすみます。
インフルエンザは2,3日寝ていれば自然に治る「かぜの一種」にすぎません。
恐ろしい病気ではないのです。
 インフルエンザにかかっても熱を下げてはいけません。
熱は体がウイルスと闘っている証です。
 解熱剤タミフル脳症の原因と疑われています。
大人も打つのはやめましょう。
 2007年春の若者のはしか流行は、誰もがはしかワクチンを打つようになったせいで起きた皮肉な現象です。
はしかのウイルスに接触する機会が減ったので、ワクチンで作られた抗体が強化される機会もなく、弱くなってしまうのです。
ワクチンには「絶対」も「安心」もありません。
ウォーキング日記 

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月20日  走法 ラン&ウォーク 33.875歩「27.1km」

1月トータル 612.439歩「490.0km」

達成率 122.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

昭夫君とおばあちゃん

2010年のブログを再掲します。

心温まる記事をどうぞ!

若き頃、麻雀仲間が数人いた。その内の一人は、私と同期。彼とは昇進やベースアップは毎年同じ、一円の差もなかった。その彼に突然不幸がやってきた。

若くして奥さんと永遠の別れが訪れたのだ。彼はまだ30歳代の働き盛り、男の子一人残された。今回の話題はこの男の子。

子供は小学3年生になっていた。参観日のある日を前に、子供はおばあちゃんに参観日に来るように頼んだ。おばあちゃんはすでに60歳代、おばあちゃんでは昭夫が可愛いそうだからお父さんに話しなさいと言う。

昭夫君はお父さんの仕事が忙しい事は知っていた。ボクはおばあちゃんに来てもらいたいんだ。

当日、おばあちゃんの姿があった。昭夫君はおばあちゃんと目があって、にこりと微笑みをうかべた。
参観が終わって、昭夫のところへしわくちゃのババァが来た。とか、腰の曲がったババァとか、ワァーワァ騒ぎ出した。昭夫君は堪えきれず泣き出した。
そして彼は、おばあちゃんの悪口を言うな、ボクにはお母さんはいないけれど、おばあちゃんは大好きなんだ。ボクのお父さんはいつもいないし、おばあちゃんと二人きり。
おばあちゃんはお母さんの親、お母さんがガンになり苦しみながら死んでいった。おばあちゃんはボクを大事に育ててくれてるから大好きなんだ。
そしてまたワァーと泣き出した。その姿を見て、昭夫君ごめん。どこからともなく声が出た。それにつられるようにあっちこっちから声がでた。女の子はすすり泣いていた。この話しを聞いて涙がでてきた。昔の古い話しでした(笑)。
ウォーキング日記 

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月19日  走法 ラン&ウォーク 33.711歩「27.0km」

1月トータル 578.564歩「462.9km」

達成率 121.8%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年1月19日 (日)

ワンちゃん大脱走

2匹のワンコの軽い運動は庭。周囲を簡単な囲いをし放していた。

時々脱走を試みる不埒なヤツもいたが成功した試がない。今回はその油断をした隙をつかれた。

運よく脱走犯を見ていた町内会長がいた。

会長の一声で、すぐ10人の捜査班が結成されたが、脱走犯は町内を一周した後、裏山に逃亡。

ぽんのブログ

積雪60センチもあり、建設現場の若い衆が2人追跡したが、何しろ腰まで雪に埋まり、ギブアップし山を下りてきた。

脱走犯は山の反対側に降りたらしいと情報がはいり。娘が車で向かったが姿を現すことはなかった。

長老の指図で再度2名の若い衆が山に入っていった。

この頃脱走犯は、裏山から1km離れたラブホ街をうろついているという情報がラブホ街を張り込んでいた捜査官に入った。

早速娘が車で出動、いました。ラブホ街をうろついている脱走犯。

ぽんのブログぽんのブログ

ぽんのブログ

脱走が成功したかに見えたが2時間の大捜査線であえなく御用(犯人は雪だるま、目だけぎょろぎょろしていた)。

敗因はラブホ街をうろついたのが原因。

ラブホ街をうろつくとは飼い主に似たのか怪しからん!

今後2度と脱走できないように、塀を頑丈にしたことは言うまでもない。

ぽんのブログ
脱走犯・反省の気配なし。

ぽんのブログ

事情聴取の結果次のことが明らかになった。

①犯人は散歩のため塀を越えた、すぐ戻るつもりでいたが、追っ手がたくさん現れたので恐ろしくなり逃げた。

②お母さんが僕の名前を呼んでいたのはわかっていた。

③体中に雪の玉が出来て物凄く寒かった。

赤毛:お前が悪いんだ!

黒毛:脱走したのはお前だ!お前が悪い。

T02200129_0528031011015414428

主任捜査官の話

夕方4時半に逮捕したが、ぶるぶる震えて動作が鈍かった。後1時間で発見できなかったら暗くなり、操作を打ち切り。そうなれば凍死は確実、時間との戦いであった。

主任捜査官:ところでアンタ、みんなが雪をこいで一生懸命捜査に協力していたのに、アンタの姿を見た人はいなかったが、どこさ行っていた?

赤毛:散歩してたごめん)。

おまけ・小一の孫娘

我が家は一体どうなってんだ!

ぽんのブログ
ちなみに、これは覆面でなく自分のパンツ(笑)。


ウォーキング日記

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月18日  走法 ラン&ウォーク 33.381歩「26.7km」

1月トータル 544.853歩「435.9km」

達成率 121.1%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

転ぶ男

ランコースは雪に埋もれていたため、歩道を走っていた。

除雪し、その上に降り積もった雪の下の歩道はツルツルのアイスバーン状態。このような歩道をランする時は若干前かがみ姿勢、歩幅は小さめ、足を路面に着地するときは指先と踵が同時に着地(土踏まずで着地)、まるで水面を歩くがごとく(笑)。

とにかく力を抜いて走るのがポイント。

でも、転ぶときは転ぶのだ。札幌の人は1シーズン、平均2回は転ぶデータがある。ワシは既に2回転んで平均値を維持するのが難しい状況!

私の前を50歳ぐらいのオヤジが反っくり返るような姿勢で歩いていた。アイツ大丈夫かなと思っていた。

その瞬間、すってんコロリン。そこの歩道は少し傾斜していたことから転んで当然。

転んだオヤジを見たとき、一瞬別人が転んだと思った。何故なら反っくり返って歩いていたオヤジは髪がふさふさしていたのに、転んで手足をバタバタしているオヤジは髪がないのだ。禿なのだ!

でも、その理由はすぐ分かった。オヤジの前方にカツラが落ちていた。転んだ瞬間、脱げて飛んだのだ。

ヤツは起き上がるより先にカツラを探していたのだ。オヤジには悪いが、そばに数人いたがみんなクスクス笑っていた。

ところが、大丈夫ですかと声をかけたその時、オヤジは立ち上がった瞬間、又転びそうになり、私の防寒着をワラにもすがる思いで手を掛けたのだからたまらない、私もオヤジと同じブザマな恰好に(笑)。

オヤジはお礼も言わずに立ち去った。

冬道は危険がいっぱい。

以前観光客らしい女性が信号待ちをしていた時。

赤信号で止まっていたトラックの下に、転んで滑り込んだ。

幸い、その女性は、他の人がその状況をすぐ運転手に知らせたので危機一髪で助かった。

*観光客は北海道の人のように冬用の靴を履いていない人が多いとか、楽しい観光をするための、冬用の靴は必需品。

ウォーキング日記 

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月17日  走法 ラン&ウォーク 25.717歩「20.6km」

1月トータル 511.472歩「409.2km」

達成率 120.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

ソリ遊び

ガキの頃、冬の遊びと言えばソリ遊び。しかも、コースは道路。道路と言っても一日に通る車は5台くらいの片田舎。学校の奥に鉱山があることから鉱石を運ぶトラックである。

そんなことから、ソリ遊びは道路と決まっていた。たまに来はずの無いトラックが来て運転手に怒られたことは何度もある。

話しは大正時代から現代に戻して。ソリ遊びは今でもあるが、遊ぶ場所は公園の高い丘。公園に行けない子どものため、我が家の庭にチッチャナ坂を作った。

004_720x1280

近くの子ども達の遊び場となっている。左側の赤いソリは人気者。なかにはスコップで滑る子どももいる。

005_1280x720

現場監督 さんから盗んできました。

むにゅとやって(笑)。


ウォーキング日記 

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月16日  走法 ラン&ウォーク 26.025歩「20.8km」

1月トータル485.760歩「388.6km」

達成率 121.4%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

ジョギング中の皆さんマナーを守ろう

ジョギングされる方は夏季は勿論、冬季に入っても沢山見受けられる。冬季に入ると身を切る寒さに耐え大変なことである。然しながら歩道を我が道のように走って行くランナーを多く見受けられる。

札幌の歩道は除雪した雪山が至ところにあり、道幅も狭く、場所によっては1人より通れない所もある。

005

このような歩道で良く見られるのは、前方から子ども連れやお年寄りが来ても、残念ながら相手が避けるのは当然と思っているランナーがいることである。

先日もお年寄りがスーパーから買い物し、リユックサックを背負い、更に左手にはスーパーのビニール袋を下げ、右手で杖をしてよろよろ歩いて来た。危険を感じお年寄りは狭い道の雪山に身を寄せ、ランナーを見送った。ランナーは当然のように礼をするでもなく通り過ぎて行った。

歩道は字の如く歩行者の為の道であり、ランナーの為の道ではない。ランナーには常に走らせともらってると言う謙虚な姿勢が必要。

私は、毎日20キロ以上のジョギングすることから、常に走らせて頂いていると言う気持ちを忘れないようにしている。

前方から子ども連れやお年寄りが来たなら、必ず歩を緩めるか止まる。その時、相手方は急いで通り過ぎようとする。私は必ず「ゆっくり歩いて来なさい。転んだら大変」と声を掛けるようにしている。

勿論、それ以外の方達にも同じような行動を取る。

ウォーキング日記 

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月15日  走法 ラン&ウォーク 34.213歩「27.4km」

1月トータル459.735歩「367.8km」

達成率 122.6%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

代休とラン

正月休みは9連休あったが、仕事の都合上2日出勤した。14日は代休を取得し4連休となり、早速ラン&ウォークに出た。

元旦から続いた悪天候も、嘘のように晴れ渡り、雲一つない「雲を写さなかっただけ(笑)」

今回のコースは追分通りを北上し、新川に差し掛かったところで右折、札幌駅方面へ。

新川緑地の遊歩道は深い雪に閉ざされていた(ラン&ウォークコース)。

北5条に出た所で右折し小樽方面(20キロ地点)


20キロ地点は北大付属植物園でもある(車の向こうの林)。

札幌中心街を望む

帰路中、妙な物体が窓に陳列されていた。


詳しくないが、坂ビスケット社長のレトロ収集品を公開してる会館。怪しい物も多数あるらしい。入場無料と言うことから、その内見学してくる予定。

途中西友に寄り休憩。濡れた下着を着替え、帰宅したのが13時半。約31キロの旅でした。

連続20キロ以上のランは今回で13日目。

因みに似たような記録で連続30キロ以上のラン、ウォークは73日がある(3年前)


ウォーキング日記

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月14日  走法 ラン&ウォーク 38.295歩「30.6km」

1月トータル425.522歩「340.4km」

達成率 121.6%


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年1月14日 (火)

猛吹雪のラン

1月13日成人の日、全国で新成人になられた方は121万人。道内は4万9014人で昨年より1978人減った。 大人としての自覚を胸に刻み 、力強い一歩を踏み出してほしい。

すでに時計の針は9時になろうとしていた。外は吹雪きもようの大荒れ。ラン&ウォークに出るチャンスをうかがっていたが、回復する兆しはない。思い切って鼻防寒マスクを付けて外に出た。

町内のあっちこっちで雪かきをする人たちがいる。

003_1280x720

今回は、連続20キロラン12回目に入ったが途切れても良いと判断し国道5号線に出た。国道は猛吹雪になっていた。9時過ぎですが、薄暗く車はライトを点けている。

タコ焼き屋さんのタコちゃんがお前アホかとワシに声を掛けた。

006_1280x720

中の川遊歩道沿いの道路へ行ってみた。左側は風を防ぐものがないことから国道と何ら変わらない。

004_1280x720

ランを決行した。1周3キロの周回コース。当然のように1周3キロの内1500mの向かい風がある。吹雪きは容赦なく顔に襲いかかる。吹き付ける雪により鼻防寒マスクや帽子は雪の塊で真っ白。呼吸が苦しくなり、時々雪の塊を取り払いながらのランは、3周目に入ると身も心もボロボロ。

道路沿いにビバホームがあることから一時避難。体を温め残り4周に挑戦。しかし、下着が汗でビショビショ。我慢し1周したが寒さに耐えられず再度ビバホームへ、トイレに入り下着を交換。

これで生き返った!残り3周はなんとかクリア。ここで日本酒が無くなっていたことに気づきスーパーへ。

北の誉「なごみの蔵」980円。一晩で1升瓶空にした女性もいるが、私は酒豪でありませんから1回でこれしか減らない。

001_720x1280

ウォーキング日記

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月13日  走法 ラン&ウォーク 31.073歩「24.9km」

1月トータル 387.227歩「309.8km」

達成率 119.1%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

ワールド女子ジャンプ札幌大会

1月12日、札幌宮の森ジャンプ競技場でノルディックスキーのワールドカップジャンプ女子札幌大会が開催されていることから見物に行くこととした。

Img181_915x1280

当日は、小雪降る先ず先ずの天気であるが、最高気温は-3度くらい。我が家から宮の森ジャンプ競技場まで、約16キロ(往復32キロ)勿論ラン&ウォーキングと決めていた。

16キロはアップダウンの激しいコースで、フラットコースは2キロくらい。競技場手前5キロ辺りから並みの坂ではない。夏場ならそれ程苦労しないが、冬場は地獄へ落ちるような苦しさ。昨年10月に札幌手稲~小樽間60キロを6時間で走破したが、この時より苦しかった。

西野に入った、真っ直ぐ行く。路肩は雪の山。

003_1280x720

宮の森に入り教会を右折し、いよいよ厳しい坂道に入る。

005_1280x720

坂道はジャンプ競技場まで続く。ランは赤い旗の右側の狭い道を行く。

009_1280x720

左折しジャンプ競技場へ 。

022_1280x720

正面にジャンプ台が見えてきた。

023_1280x720

この辺りまで来ると競技に参加する各国の選手が軽いジョギングをしていた。ワシはその間を凄い勢いで追い越して行った。選手は何だこの親父はと思ったに違いない(笑)。

9時40分頃に到着。チケット(2000円)を購入し競技場へ入った。既に超満員。

067_1280x720

025_1280x720

優勝は、勿論高梨沙羅。1本目97m、2本目91m。

Image_158x170

今回は世界トップジャンパーの高梨沙羅の大飛行を見るのを楽しみにしてきた。他のお客さんも殆ど沙羅を目当てである。

御存じのように、高梨沙羅は今季7戦し6勝目。今日の勝利で通算15勝目。これはライバルである、サラ・ヘンドリクソンの13勝を11日に抜き単独トップである。

体格は外国勢に比べ小柄であるが(身長151センチ、体重45キログラム)、何故強いのか。

長野五輪金メダリストの原田雅彦さんは次のように言っている。

①助走のスピードをロスしない踏み切り

②失敗の率をなくす修正力と適応力の高さ

③精神的な集中力の強さ

因みに宮の森ジャンプ競技場は1972年冬季オリンピック札幌大会で、笠谷幸生、今野昭次、青地清二が金、銀、銅を独占したことでも有名である。

ウォーキング日記

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月12日  走法 ラン&ウォーク 40.407歩「32.3km」

1月トータル 365.154歩「284.9km」

達成率 118.7%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年1月12日 (日)

孫と犬小屋

ワンコを追い出し、犬小屋で寝る孫娘。気持ちが良いのか起こしても中々出て来ない。

013_1280x720

追い出されたワンコは、お兄ちゃんどうする?白いテープの所がワンコの部屋への出入口。

016_1280x720

お母さん何とかしてよと悲願顔

017_1280x720

お母さんに怒られ、漸く出て来た。

014_1280x720

ウォーキング日記 

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月11日  走法 ラン&ウォーク 28.142歩「22.5km」

1月トータル 315.747歩「252.6km」

達成率 114.8%

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年1月11日 (土)

動物愛護センター

保健所の管轄で動物管理センターや動物愛護センターなるものがある。

聞こえはいいが、なんのことはない犬猫を保護し一定期間、引き取りなければその犬猫の処刑場だ!

一度だけ函館市郊外にある、その処刑場を訪ねたことがある。

目的は番犬になる、大型犬を探すためだ。

係り員がすぐ捕獲した犬を見せてくれた。

犬は狭い部屋に閉じ込められ、前面は金網、両サイドと裏側はコンクリートの壁。

殆どの犬の目は殺気だっていた。この場所で殺された犬の霊がさ迷っているのか?

金網の高さは3m位ある、そこを飛び越えて逃げようとする犬もいると言う。しかし、頑丈な扉に阻まれ、そこでアウト。

係り員からは1匹でも助けたい気持ちが伝わってくる。飼いたいが、札幌と函館を往復し、さらに、番犬となる大型犬は見つからなかった。

センターを見ての感想。

飼い主は子犬のころは可愛いがるが老犬になると、簡単に捨てる。さらに、繁殖業者には計画性がなく、需要にみあった生産をしていないことに大きな問題がある。

罪のないペットが何百万匹も無差別に殺処分されている日本の現状は異常である。

心暖まる記事をどうぞ!

「愛犬の健康診断を2時間でやってもらいたい」と、神奈川県の女性から北海道根室管内中標津町の青い鳥動物病院へ入った。

女性は亡くなった愛犬とそっくりな犬が中標津保健所にいることを夫がインターネットで見つけてくれた。

「何かの縁だ」女性が同保健所に電話すると、殺処分は翌日の予定だった。「引き取りに行くので処分をやめて」

神奈川県から行くと知ると、職員も驚いていたという。

約束の日。新品のキャリーケースでやってきた。その犬はアメリカンコッカースパニエルで、診断の結果、異常はなかったが歯石がひどかった。

250pxamericancockerspaniel_wb

きれいにし、ぐらついた歯を抜くと口臭は消えた。女性は最終便に乗せるため、空港へ急いだ。

新年女性から写真が届いた。愛犬の顔はすっかり優しい顔に変わり「ラッキー」という名前をつけられていた。

ウォーキング日記 

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月10日  走法 ラン&ウォーク 31.337歩「25.1km」

1月トータル 287.605歩「230.1km」

達成率 115.0%

2日目から連続20キロ以上のランは9日目に入った。小寒に入っていることから寒さは厳しい。20日から大寒。北海道の気候はカレンダー通りで2月4日の立春まで厳しい日が続く。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年1月10日 (金)

ヒゲの生えた女

地下鉄は年数回利用する程度、そんなある日の出来事。

早朝、地下鉄に乗り込んだ、当然お客はまばら。

途中の駅から乗り込んだ女性の顔を見て、おやっと思った。

鼻の下に黒い糸状のものが見え隠れする。一瞬ゴミが付着しているものと思い、ずっと注目していた。

目が慣れるにつれ、付着物がゴミでなくヒゲであることが分かった(笑)。気づいたお客さんは私以外数人いたはず。

女性は一日に何度も鏡を見るはず、それなのに気づかないのか?無視しているのか(笑)。

もしかして女装している男性かとも思ったが、まず違う。

普通の女性なら、鼻毛とか脇の下の手入れはキチンとするはずなのに。

早く気づいてくれることを祈って地下鉄を降りた。

ウォーキング日記

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月9日  走法 ラン&ウォーク 28.950歩「23.2km」

1月トータル 256.268歩「205.0km」

達成率113.9%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年1月 9日 (木)

朱蒙(チュモン)

紀元前108年、漢の侵略により古朝鮮国が滅亡する。国を失った流民たちを率いて漢に抵抗する民族の英雄ヘモスは漢軍との闘いで重傷を負い、河伯(ハベク)族の娘ユファに救われる。

やがてふたりは恋に落ち、ユファはヘモスの子を身ごもるが、それを知る間もなくヘモスは漢軍の矢に倒れてしまう。愛する人を失った悲しみの中、ユファはヘモスの親友で扶余(プヨ)の太子クムワに保護されて男児を出産し、チュモン(朱蒙)と名付ける。

心ひそかにユファを思うクムワは彼女を側室に迎え、友の忘れ形見チュモンにあきれながら、ソソノはなぜか彼のことが心に残る。その後、兄たちの策略でついに宮中を追放されてしまったチュモンは、実父ヘモスであるとも知らず偶然出会った盲目の男性から武芸を学び、強く生まれ変わっていく。

Story

 いよいよ高句麗と遼東郡との戦いが始まり、チュモンは巧みな情報操作によりファン太守を油断させ、その隙に敵の要地であるコヒョン城を攻め落とす。

途中、ムゴルが無念の死を遂げるものの、高句麗とプヨの連合軍は終始優勢を保ち圧勝する。ソソノはいずれ起こるであろう王位を巡る内紛を憂慮し、ピリュとオンジョとともにチョルボン勢力を率いて南方へ下る決断をする。

81_02

物語は1話~81話まであり、1話あたり約90分あることから最終回まで約121時間30分。

内容は高句麗を建国するまでのノンフイ. クション物語。昨年5月頃から観て先日漸く全編を見ることが出来た。

Img183 Img184

DVDはレンタルし娘がコピーしたものである。

ウォーキング日記

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月8日  走法 ラン&ウォーク 30.930歩「24.7km」

1月トータル 227.318歩「181.9km」

達成率113.7%

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年1月 8日 (水)

キッズデザインの輪(子育て中のお母さんへ)

経済産業省製造産業局 デザイン・人間生活システム政策室では、乳幼児の家庭内の事故例を動画で保護者へ知らせ予防に役立てようと、コンピューターグラフィックス(CG)で再現し公開している。

子供は成長するに従って、手の届く範囲が広く、高くなっていき、事故の形態も誤飲、やけど、転倒、落下、衝突など多様になる。

動画はパソコンで見る事はできるが、携帯は見れないかも?

http://www.kd-wa-meti.com/contents-Animation.html

ウォーキング日記

1月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

1月7日  走法 ラン&ウォーク 28.141歩「22.5km」

1月トータル 196.388歩「157.1km」

達成率112.2%

1月の目標を1日16キロから20キロに変更しました。当初消極的な目標を掲げたが、それでは新年の目標として如何なものかと思い。従来通り20キロに変更。挫折しないよう頑張る。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年1月 7日 (火)

圧雪状態時のランニング

札幌に住んでいるウォークマンにとって一番の苦労は何と言っても吹雪と圧雪及びアイスバーン(ブラックアイスバーン)。このような最悪な気象条件は2月いっぱい続く。

6日現在の降雪量は約2m。積雪量は60cmである。

アイスバーン時の走行は、夏場と同じく土踏まずで着地し、その状態で蹴り返す。踵着地し、つま先で蹴り返す走法だと、2段走行になり時間の無駄が出る。土踏まず着地だと、滑って転倒する危険も少ない。

私の冬期間の服装は上衣はTシャツの上に長袖のシャツ1枚、その上に防寒ウエァを羽織るだけ、下は防寒ズボンだけ。この服装は幾ら温度が低下しても変わらない。

現在の最高気温は-2度くらい。これだと問題がある。何故なら汗により衣類はびっしょ濡れ。

汗は一休みすると凍り防寒ウエァはガバガバ、体調が芳しくなく長時間休憩を取ると下着まで凍る。私はこの危険を避ける為、ランコースに必ずスーパー等のある場所を選ぶ。

然し、銭函のコースを選ぶとスーパー、コンビニは途中からゼロになる。なりべく汗をかかないように注意しながら走るが、知らない間に下着がビッショリ。こんな時は休憩することは許されない。何故なら下着も凍るからである。

走ってる時は熱により決して凍ることはない。

ウォーキング日記 
1月の目標 620.000歩「1日20.000歩(16.0km)」

1月6日  走法 ラン&ウォーク 29.747歩「23.8km」

達成率140.2%

1月トータル 168.247歩「134.6km」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

ワンちゃん低体温症にご注意

雑種犬のコロちやんは12歳、外で飼われていた。

ある寒い日に、体が異常に震え、ご飯も食べれないということで来院された。

体温を測ってみると、32度しかなかった。

ワンちゃんの体温は通常38度代が平熱。

低体温症になると、体温は32度~35度で元気がなくなり、震えなどがみられる。

中程度では体温は28度~32度に下がり、筋肉は硬直し、血圧が低下。脈が細くなり、意識を失うこともある。

重度となれば体温は28度以下で、心音も殆ど聞き取れず、呼吸困難となり、昏睡状態となる。

去年の冬は大丈夫であっても、老齢犬は体温の調整がうまくできなくなっている場合がある。

特に、外で飼われている老犬は風徐室に入れるなり、犬小屋を暖かくするなどして、低温から守ってほしい。

鳥越慎吾(札幌あいの里動物病院長)我が家でも外で飼っていた。名前は同じコロちやんが同じ症状で死んだ。コロちやんは18歳の高齢、もっと大事にしてあげればよかったと後悔している。

ウォーキング日記 

1月の目標 620.000歩「1日20.000歩(16.0km)」

1月5日  走法 ラン&ウォーク 30.822歩「24.7km」

1月トータル 138.500歩「110.8km」

達成率138.5%

近くの1周3キロのコースは大荒れの天気。勿論こんな日にランをしているヤツは誰もいない。たまに行き交う車の運転手はアイツ気が狂っていると思ったに違いない。

20キロのラン、4.7キロのウォークでした。

3キロ周回コース

Dsc_0002_1280x720

裏山は猛吹雪、我が街は吹雪に耐えひっそりとしている。

Dsc_0001_1280x720

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年1月 5日 (日)

インプラノン とは?

突然ですが、インプラノン知ってますか?

世界各国で利用されている避妊具。日本厚生労働省未認可品ですから知らなくて当然。

この避妊具でロンドンでは500人が妊娠した。

一般的な避妊方法はピルやコンドーム、パイプカット。

インプラノンは直径2ミリ位、長さ3~4センチ位のマッチ棒みたいなものを、皮下に埋め込んで利用する。

オランダの大手製薬会社、オルガノンが製造販売。プロゲストーゲンという黄体ホルモン(妊娠した状態にしてくれるすぐれもの)が入っていて、それが体内に吸収され排卵を抑制。

子宮頚管内の粘液が濃度を上げて「よりべたべた」となる事で精子が子宮内に入り込むのをガードする。

一度入れたらその日のうちから効き目を発揮し、3年間交換しなくて入れっぱなしで大丈夫。

挿入と摘出の際医師の処置が必要、局部麻酔で1分であっという間に挿入できる。

しかし、生理は子宮内を清潔にするということもある、また性病の拡散も考えられることから問題も若干ある。

ヨーロッパなどではコンドームやピルよりインプラノンを使用している人が多い。が、日本では上記の問題がることから認可しないよである。

ちなみに、米国では男性用ピルの認可が間近。

ウォーキング日記

1月の目標 620.000歩「1日20.000歩(16.0km)」

1月4日  走法 ラン&ウォーク 33.692歩「27.0km」

1月トータル 107.678歩「86.1km」

達成率134.6%

近くの市道に1周3キロのコースを設定し、雪道になって初めてラン20キロ、ウォーク7キロを完走完歩した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

食いすぎにご用心

吹雪き模様の天気が続く札幌の正月。

ウオークにも熱が入らない(笑)。

昨日から女房が腹痛や下痢、嘔吐を繰り返していた。

夜中に何度も吐き、出てくるのは胃液のみ。

救急病院へ連れて行こうと思ったが、混みようは想像つくので、我慢してもらった。

朝一で胃腸外科病院に連れて行き、胃カメラ検査をしたが異常なし。

一応ピロリ菌検査をしてもらうことにした。検査結果は一週間後。

診断結果は食いすぎらしい(笑)。

一か月前まで長期入院し、病院食から正月料理で胃もびっくりしコケタたらしい。

一日ほとんど食べていないので点滴をし、終わったのが3時間後。

食いすぎにかかった総費用9,100円也。

ウォーキング日記

1月の目標 620.000歩「1日20.000歩(16.0km)」

1月3日  走法 ラン&ウォーク 26.291歩「21.0km」

1月トータル 73.986歩「59.2km」

達成率123.3%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年1月 3日 (金)

餅をノドに詰まらせる事故急増中

毎年お正月になると餅をノドに詰まらせる事故がある。元旦だけで全国で10人以上発生、2人が死亡している。今回は殆どお年寄りである。

日本歯科大学附属病院口腔介護・リハビリテーションセンター長の菊谷武さんは次のように述べている。人間は誤えんや窒息を起こしやすい喉の構造をしている。

器官に通じる呼吸の道と食堂に通じる食べる道とが交差しスイッチの切り替えで呼吸やえんかを繰り返す。

加齢により危険が高まる理由は、スイッチの切り替えが遅くなるため。また、口やノドを絞り込む力の低下もある。

一度にすべてを飲み込めず、残ったものが呼吸を再開したときに気管に入り込む。

機能低下の重要なサインは、異物を排除しようとする「むせ」の症状。お茶や自分の唾液でむせる、食べ物がへんなところに入った感じがする、飲みにくい食べ物がある、食後に口をゆすぐと水と一緒に食べ物が出てくるなどの症状が出始めたら注意。

注意する食物は、水やお茶などサラサラした液体。一気に流れ落ちるため最もリスクが高い。

乾燥してパサパサしたパンやせんべい、粘り気の強い餅や団子、噛み切りにくい肉やタコにも気を付ける。

焼き海苔やワカメなどくっ付きやすいもの、コンニャクなどバラバラになるのも気を付ける。

食べ方

①顎を引き、やや前かがみの姿勢で、集中して食べる。テレビやおしゃべりに気を取られすぎないこと。

②粘り気の強いものや噛み切りにくいものは、一口の量を少なくする。

③流れの速い液体と遅い固形物とが交ざっている味噌汁は、タイミングを合わせるのが難しい、汁と具を別々に食べるといい。

注意事項

①歯の不具合で、よく噛まずに飲み込めば危険性が高まるので、入れ歯の調整や歯の治療はこまめに行う。

②餅、くりきんとん、田作り、かまぼこなどのおせち料理は、粘り気があり硬いものが多く、正月には十分気を付けること。

③子供やお年寄りには小さくして食べさせる。

ウォーキング日記

1月の目標 620.000歩「1日20.000歩(20.0km)」

1月2日  走法 ラン&ウォーク 26.142歩「20.9km」

1月トータル 47.695歩「38.2km」

達成率119.2%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

手稲神社へ初詣

いの一番に初日の出を拝もうとしていたが、ついうっかりし忘れこんな時間に。日の出は大分高く上がっていた。2階の窓からは綺麗に撮れるのだが、1階からだと何が何だかさっぱり分からない画像になってしまった。これだと太陽も怒っているはず。オイ!ちゃんと撮れや。申し訳ない。

Dsc_0001_1280x720

朝食は雑煮3枚食べ、お神酒をオチョボで1杯飲んで、物足りなくなりコップで2杯飲んで、それでも物足りなく缶ビールを1缶飲み、手稲神社へ初詣。

神社は初詣する人々で大混雑。本殿までそれぞれ牛歩戦術を思わせる進み方。結局並んでから30分でお参りができた。

Dsc_0006_1280x720

お参り後一旦家に帰り、何時ものようにラン&ウォークを開始。

コースは適当にキレイに除雪された歩道を選んだ。途中から物凄い吹雪となった。

Dsc_0003_1280x720

1時間くらいで吹雪はやみ、スズメちゃん達がかたまってメダカの兄妹を唄っていた。

Dsc_0005_1280x720

♪すずめの兄妹が 電線で
大きくなったら なんになる
大きくなったら タカになる
大きくなったら ペンギンに
チュンチュン チュンチュン チュンチュン
チュンチュン チュンチュン チュンチュン
チュンチュン チュンチュン
だけど大きくなっても
すずめはすずめ チュンチュン

ウォーキング日記

1月の目標 620.000歩「1日20.000歩(16.0km)」

1月1日  走法 ラン&ウォーク 21.553歩「17.2km」

1月トータル 21.553歩「17.2km」

達成率107.8%

歩数の変更

冬期間「1月、2月」は一日2.5万歩(20km)から2万歩(16km)に変更。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

あけまして新年おめでとうございます。

20141

昨年は拙いプログにお付き合い頂き誠に有難うございます。

本年もまた、昨年同様拙いプログになりますが、馬のように飛び跳ねてみたいと思っています。

午年の特徴として、人との付き合いが古い動物。
だれとでもオープンにつき合うことができ、リーダーシップをとっていけるタイプであったり。
どうか、皆様にとって、健康を第一に飛躍の年であることを祈念しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日

大晦日

大雪に見舞われた札幌の大晦日。昨年より少ないが例年を大きく上回り31日朝で約50センチの積雪。日中暖かかったことから、夕方には44センチとなっていた。

我が家の玄関前

Dsc_0008_720x1280

我が家は仏教徒であるが、神棚もある。ちなみに女房の実家は神道(神式)である。1年に1回煤払いを行い。手稲神社からお札を買って祭っている。お参りの方法は、二拝二拍手一拝。拍手は偲び手である。

手稲神社

002_1280x720_1280x720 

我が家の神棚

002_720x1280_720x1280_720x1280_720x

新しい歳を迎える準備も出来た。

Dsc_0007_720x1280

ご馳走はご覧の通り。今回の食人(たべびと)は、老夫婦家族3人+娘家族4人+義姉=8人

飲み物はビール、日本酒、ワイン、焼酎、お茶。ここでアルコールを飲むのはワシ1人、なんたるこっちゃ!我が家系図をみると全員アルコールを飲むのだが、娘も息子も飲まない。さらに娘の旦那も飲まない。家で一人飲む酒は慣れてる。なんとも思わなくなった!

003_1280x720

ウォーキング

2013年は、例年通りウォーキングに明け暮れた1年であった。その結果、風邪一つひかないで過せたことは家族は勿論のこと、アメーバブログの皆様と何気ない話題の交換が生き甲斐となり、病魔を寄せ付けなかったものと確信しております「嘘、風邪2回ひいた(笑)」。

どうか、皆様も良いお年を迎え下さい。新年は皆様方にとって良い年であることを祈念しております。

ウォーキング日記

12月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

12月31日  走法 ラン&ウォーク 30.819歩「24.7km」

12月トータル 882.089歩「705.7km」

達成率113.8%

31日は午前中大掃除。疲れた体を引きづって一般道路の歩道に出た(1周3キロ)。大晦日ゆえ16時まで帰るように言われていた。途中からジョギングに切り替えたが調子は今一。何せ汗が出過ぎる。

3キロ地点で下着はびっしょり。1周3キロコースを6回でダウン。途中からヨタヨタ歩き帰宅。

今月は風邪にやられ3日間休んだ。悪天候の連続であったが、けれど目標を大きく上回ることが出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »