« 小樽市ドリームビーチを訪ねて | トップページ | ラーメンの美味しい季節 »

2014年2月 4日 (火)

愛犬の性格診断

愛犬の日頃の行動について、インターネット上で質問に答える性格や能力を診断できるシステムの公開を麻布大の研究グループが始めた。

1万匹のデータベースから、平均と比較した攻撃性や能力の高さが分かり、しつけの助言も受けられる。

システムは米ペンスルぺニア大が開発した「C-barg(シーバーク)」を麻布大の菊水健史(動物行動学)らが改良した。

犬を飼う人が増える一方、むやみに吠えたり噛んだりする行動で捨てられる犬が後をたたない。菊水教授は若いうちなら問題に対処しやすい。早めに性格を把握するのに活用してほしと話している。

診断方法はサイト上で会員登録し、散歩中や餌を食べるときなど10通りの場面で犬がどのような行動をするか、約80問の設問に答える。

日米を含む8か国で集めた約1万匹のデータと回答を比較し、統計的に解析。

攻撃性や愛着行動、追跡能力といった13種類の気質ごとに「非常に高い」「高め」「標準的」「低め」の診断が出る。しつけの助言も含めた詳しいリポートは有料で料金は300円。

診断結果は動物病院などと共有が可能。菊水教授は継続的に診断すれば、初期に気性の荒さといった症状があらわれるガンなど、病気の早期発見につながる可能性もあるとしている。

サイトのアドレスはhttp://cbarq.inutokurasu.jp/

ウォーキング日記

2月の目標・700.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

2月3日・走法ラン&ウォーク 38.034歩「30.4km」

2月トータル・115.060歩「92.0km」

達成率・153.4%

今回は、北5条西17丁目(10キロ地点・旧会社跡地)を折りかえし、発寒鉄工団地までの15km、帰途も同じコースを辿って帰宅。合計30kmのランでした。

旧会社跡地は駐車場になっていた(北5条西17丁目)


空き地は私の勤務地があった場所↓、未だに空き地

コースはアイスバーン状態で氷の上を走っている状態。何度か転倒しそうになったが、ふんばって持つこ耐えた。

所々中央部分が盛り上がっている部分もあり、そのような場所はウォークに切り替えた

 

|

« 小樽市ドリームビーチを訪ねて | トップページ | ラーメンの美味しい季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/59065423

この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬の性格診断:

« 小樽市ドリームビーチを訪ねて | トップページ | ラーメンの美味しい季節 »