« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

海老蔵のブログがおもしろい^^

ついた・・・かくれるの巻

http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-11806867122.html

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月30日 走法ラン&ウォーク 50.439歩「40.4km」

3月トータル1.100.070「880.1km」

達成率146.7%

今日は、走って、走って、走りまくった。老いぼれの何処にこんなスタミナが残っていたのか!

フルマラソンに近い40.4キロだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

庭雪解け中・ラン&ウォーク100万歩

札幌は連日10度以上の最高気温に恵まれ融雪が進み29日の夕方で積雪43センチとなった。

扉は冬期間、雪害により破損することから撤去していたが、今日取り付けた。

Dsc_0003_1700x956

でも、ヤツらはこの高さを飛び越えることもある。

001_1700x817

消えたとはいえ、庭の高いところでは、未だに2mの積雪。

Dsc_0006_1700x956

しかし、日当たりの良い場所は雪も消え「あさつき」を芽を出した。あさつきは函館から持ってきて植えたも。今は庭全体に増えている。酢味噌和えが大好物!

Dsc_0002_1700x956

ぶどう棚の雪も消える頃、札幌は本格的な春となる。

Dsc_0005_1700x956

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月29日 走法ラン&ウォーク 47.709歩「38.2km」

3月トータル1.049.631「839.7km」

達成率144.8%

記録は2008年11月から付けているが、3月として初の100万の大台「約839.7キロ」達生。残り2日あることから、歴代2位の記録2013年7月の1.068.049歩を抜く可能性が出てきた。

冬期間の100万歩達成は奇跡に等しい。3月は中旬過ぎても大荒れの天気が続いた。吹雪の日が多く長靴半分埋まる中での20キロ以上のランは異常を超えていた。我ながらあっぱれ!

100万歩と言う数字は雪のない地方の高校駅伝トップクラスの歩数。社会人クラスでも積雪地方では考えられない歩数。

私は複数の仕事を担当しての結果。キチガイじみているかも。

ちなみに、1位の記録は2012年5月の1.256.104歩(1.005キロ)である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

肩こりと血行

肩こりについて分かりやしい記事を見付けたのでご覧ください。

肩こりに悩む人は多いことと思います。肩こりは、首の筋肉に負担がかかり、それによって筋肉の緊張がとれにくい状態となることで起きます。

筋肉が収縮すると筋肉自体がふくらむので、筋肉中の血液が圧迫されます。これによって一時的に血流が低下し、筋肉に酸素や栄養がいきにくくなります。収縮が終わり筋肉が弛緩すると血流はうぐに改善します。

収縮と弛緩が繰り返される限り問題はないのですが、肩や首が同じ姿勢を取り続けると、筋肉が収縮し続けることになり、筋肉への血流の低下も続きます。また、筋肉が収縮する時にエネルギーを消費するので、その結果、代謝産物(いわゆる老廃物)が生じます。この代謝物も、同じ姿勢のままだとたまってしまいます。ちょうど、水の量が減った川にゴミがたまってよどんだ感じです。

こうして代謝産物がたまった筋肉では、緊張がさらに強くなり、筋肉が硬く詰まったような感じになります。これが肩こりです。

ですから、肩こりを改善するには、筋肉の緊張を取り、血流の改善を図ることがポイントです。血流の流れが良くなればゴミを押し流すことが出来るのです。

私も長い間パソコンに向かって同じ姿勢であることが多く、長年肩こりに悩まされていたが、数年前に始めたランニングのおかげで、全く肩こりを感じなくなりました。肩の血流が運動のおかげで改善されたのです。

2014年3月26日北海道新聞朝刊

當瀬規嗣(札医大医学部教授)

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月28日 走法ラン&ウォーク 36.541歩「29.2km」

3月トータル1.001.922「801.5km」

達成率143.1%

記録は2008年11月から付けているが、3月として初の100万歩大台「約801.5キロ」達生。残り3日あることから、歴代2位の記録2013年7月の1.068.049歩を抜く可能性が出てきた。

ちなみに、1位の記録は2012年5月の1.256.104歩(1.005キロ)である

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年3月28日 (金)

世界一デカイ犬

鼻先から尻尾までの長さは約2.2メートル、体重は111キロ。


超巨大なブルー・グレートデン種のジョージ(4歳)は、アメリカのアリゾナ州に住むナッセル夫妻の愛犬です。



ナッセル夫妻は、以前からジョージのギネス記録を申請していましたが、この度、晴れて「世界一大きな犬」としてギネス記録に公認されました。



ナッセル夫妻によると、「生後7週目から飼っているが、こんなに大きくなるとは思いもよらなかった」そうで、ジョージは、毎月約50キログラムもの食事をするそうです

小さいうちは、一緒のベッドで寝ていたけれど、今では、キングサイズのベッドを1頭で占領。



ちなみに、ジョージ君の足先は、ナッセルさんの大きな手と同じくらいの大きさです

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月27日 走法ラン&ウォーク 36.920歩「29.5km」

3月トータル965.381「772.3km」

達成率143.0%

3月として初の100万歩「約800キロ」達生は確実である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

我が家の庭をねぐらにするコウライキジ

裏山は手稲連峰に連なることから、時々コウライキジが庭へやって来る。日没が迫ると、高野槇(高さ約10m)をねぐらにすることがある。他にクロテンも出没する。

昨日もバサバサ音がした。ねぐらの整理に取り掛かっていた。

Dsc_0003_2

ねぐらへ帰るコウライキジ・玄関前の道路

20140325_182218

庭でエサを探すコウライキジ

写真は♂。♀は木の皮のように地味な色であることから目立たない。

015

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月26日 走法ラン&ウォーク 40.370歩「32.3km」

3月トータル928.461「742.8km」

達成率142.8%

3月として初の100万歩「約800キロ」達生は確実である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

春一番見つけた

歩道沿いに元気よく咲くフキノトウを見付けた。昨日も通った道なのに気づくことは無かった。

Dsc_0003_3920x2204_1700x956_1600x90

こつらは、まだ皮を被っている。誰か剥がしてあげて(笑)

Dsc_0009_3920x2204_1700x956_1600x90

札幌はこれから本格的に雪解けが進む。青葉が萌える季節はそこまできている。

それでは、キャンディーズちゃんの歌を唄ってお別れ

♪雪がとけて川になって 流れて行きます
♪つくしの子が恥ずかしげに 顔を出します
♪もうすぐ春ですねえ
♪ちょっと気どってみませんか
♪風が吹いて暖かさを 運んできました
♪どこかの子が隣の子を 迎えにきました
♪もうすぐ春ですねえ
♪彼をさそってみませんか
♪泣いてばかりいたって 幸せはこないから
♪重いコートぬいで でかけませんか
♪もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月25日 走法ラン&ウォーク 35.176歩「28.1km」

3月トータル888.091「710.5km」

達成率142.1%

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年3月25日 (火)

中国で放送中止になった「男性モデルが胸を露わにする女性下着のCM」のクオリティが酷すぎる

男性が登場する女性下着のCMは以前BUZZAP!でも紹介したことがありました。今回中国の同様のCMが問題になっていますが、苦情殺到で放送中止の理由がよく分かります。


BUZZAP!ではこれまでも男性モデルの登場した女性用下着の広告について掲載してきましたが、女性にも引けをとらない美貌であったりサプライズな展開で視聴者を驚かせ、納得させるものでした。

今回問題となっているのは中国・長沙のショッピングモール「金満地商業街」のスクリーンで放映されていた女性下着のCM。ふたりの女性モデルが下着をつけて登場するのですが、その中で「谷間ができる」ことを示すために顔の映らないモデルが胸が露わな状態から下着をつけるという演出があるのですが、これが「不道徳」と炎上。

女性下着の広告に苦情殺到、「実は男性モデルの裸」だったが放送中止に―中国メディア – ライブドアニュース

後になってこのモデルが男性であることが発覚したのですが、騒がしい環境のため、ナレーションも殆ど聞こえない上に、前後が全て女性モデルであることから勘違いを招くということで、1週間足らずでお蔵入りとなりました。

こちらが動画なのですが、問題のシーンは30秒を過ぎた当たりから。

The banned women’s underwear Ads in China – YouTube

CMの内容としては、女性モデルは普通に美人ですが結構身も蓋もない感じ。肝心のシーンは…これは酷いです。もうちょっと美しいサプライズにできなかったのでしょうか。

こちらは以前掲載したタイのCM。

タイの寄せて上げるブラのCMモデルのクオリティが高過ぎると話題に BUZZAP!(バザップ!)

美形の男性モデルや俳優も少なくないはずの中国。もうひとふんばりして驚かせていただきたいところです。

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月24日 走法ラン&ウォーク 42.931歩「34.3km」

3月トータル852.9815「682.3km」

達成率142.2%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

吹雪きの中を走る男

3月21日

凄い吹雪の中、よく見かける人がジョギングしていた。私も引っ張られ追走。

路面は圧雪状態だが、割かし安定。4キロ程追走していたが、気付かれたか相手はペースを上げた。

002_1700x956

こやつ中々やるな!と思いつつ、追走したがずるずる後退。時々後ろを確認しながら、アホめが、俺に勝てる訳がないと自信たっぷりな走り方。

確かに早い。私はⅠキロ6分ペースだと追い付くことは無理と分かっていたが、ペースは上げなかった。上げると後半バテるのは目に見えていた。

運よく携帯の着信音が鳴り、追走は中止。ちょっとの間だったが前方に姿無し。

001_1700x956

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月23日 走法ラン&ウォーク 40.922歩「32.7km」

3月トータル809.984歩「648.0km」

達成率140.9%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年3月23日 (日)

私どもの会社は母子家庭が多い

私は2課を担当している。その内の1課は高圧変成器(トランス)の製造組み立て及び修理。他の1課は安全ブレーカー製造組み立て(自動機)。今回のテーマである母子家庭の方々を特別職員(パート)として採用している。社員と同じくフルタイマーである。

採用されると定年まで勤務する人が殆ど、何故なら待遇が良い(笑)。極端な例ですがボーナス50万円、年間100万円のパートもいる。旦那さんより良いとか。

1課は男性の職場であるが、2課は女性の職場と言ってよい。私は殆ど2課にたむろしている(笑)。

母子家庭の社員の家庭は殆ど幼い子供を抱えている。私は最大限の精神的な援助を惜しまない。

就業時間になると、時々子供さんから電話が入る。

子供:〇〇だけど、お母さんお願いします。

社員女:ちょっとまってね

お母さん:何?

子供:靴下何処にある?とか、たわいない話し。

もめているのが分かるので

ワシ:お母さん家に戻りなさい

お母さん:すみません

ワシ:チケットあげるからタクシーで行きなさい。ゆっくり会社に戻って来ていいからね。

勿論このお母さんに対し、遅刻や外出扱いはしない。通常通り勤務していたことにする。幸いなことに私どもの会社にはタイムカードなるものはない。

休暇の場合は休暇届は勿論書いて貰う。遅刻、早退、外出等は上司の胸三寸で終り。記録に残す上司もいるが私は残さない。

このようにパート社員を大事にすることにより職場の雰囲気が改善し、作業効率が高まる。

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月22日 走法ラン&ウォーク 29.610歩「23.7km」

3月トータル769.062歩「615.2km」

達成率139.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

大相撲春場所モンゴル勢何か変だ!

春場所開幕前から鶴竜(大関)の横綱問題がすんなり行くんじゃないかと、懸念していた。

終盤に入りその懸念が現実味を帯びてきた。はっきり言えば八百長。私は半世紀に渡る相撲ファン。

現在、白鵬、日馬富士のモンゴル勢が2人横綱、日本人は誰もいないことからモンゴル勢3人の横綱の実現はあり得ると思っていた。その方法は①実力で横綱をもぎ取る。もう一つは、②鶴竜が終盤まで優勝争いに絡んでくることが条件。そのとき横綱が故意に負ける、又は負傷するが条件。

残念ながら、13日目にして私の推理通りになってきた。日馬富士は豪栄道に寄り切りで敗れ2敗。白鵬が絵に描いたように琴奨菊にずるずる押され、同じく寄り切りで完敗し1敗。オマケガついて白鵬は右手を負傷したらしい。

明日、白鵬が鶴竜と対戦し、負けるだろう?そうなれば優勝候補は、白鵬、日馬富士、鶴竜の3人となる。鶴竜の明日の対戦は白鵬。日馬富士の対戦相手は琴奨菊。恐らく白鵬は鶴竜に負けるだろう。この段階で白鵬は2敗、まだ優勝圏内。日馬富士は本気モードで琴奨菊を破り2敗を堅持。

千秋楽は白鵬と日馬富士の横綱対戦、白鵬の勝利が目に見える。白鵬は優勝戦線に残塁。鶴竜は大関同士の対戦で琴奨菊戦。これで勝てば優勝し横綱は確実。

もう一つのストーリは鶴竜が破れた場合。白鵬との本割決戦となるが、この勝負は白鵬が負ける。右手の負傷が良い訳になる。

はれて、鶴竜の横綱昇進が決まる。この八百長に気付く審判員はいるかな(笑)。

これは、あくまで推理であって、全然違う展開になるかも(笑)。

乞うご期待。

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月21日 走法ラン&ウォーク 40.848歩「32.7km」

3月トータル739.452歩「591.6km」

達成率140.8%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年3月21日 (金)

散歩でラブホ

散歩とラブホは相反する言葉で面白いが、ちやんとストーリが成り立つのかが問題。

ある土曜日の夕方、15時に出発。

その前に予備知識を。私は電験3種資格保持者で電気設備の主任技術者でもあります。家が近いこともあり、数件のラブホで電気設備保守点検のバイトをした時期があった。

この資格はビルや工場の「高圧電気の管理・保全をするため」の資格。

一般家庭は100vあるいは200v電圧ですが、ビルや工場は6600vの電圧を一括で受電し。これを「電気室」で利用に適した電圧に変えます。

それでは、スタートします。

このコースは通常通るコースで、今回のため特別に作ったコースではありません(笑)。

出発し、10分で早くも見えてきました。一軒目格安90分2500円。


ぽんのブログ

その斜め向かい2軒目、昨年新装オープン。

ぽんのブログ

歩くこと5分、3軒目ベルサイユ宮殿とは雲泥の差。安っぽいラブホが見えてきた。

ぽんのブログ

さらに歩くこと5分、4軒目、裏山は手稲連峰に連なる。キツネや鹿が出没する。

ぽんのブログ

さらに歩いて1分、5軒目、ここも裏山は手稲連峰に連なる。

ぽんのブログ

その隣に6軒目、民家から若干離れているせいか車の出入りが多い。

ぽんのブログ

さらに歩くこと6分、7軒目

数年前殺人事件あり。被害者は30歳代の主婦、犯人は逮捕されていないもよう。

ぽんのブログ

さらに歩くこと1分、8軒目

ぽんのブログ

さらに歩くこと1分、9軒目

ぽんのブログ

さらに歩くこと10分、10軒目

ぽんのブログ

これだけ多くのラブホ街を毎日歩いていると、いろいろな出会いがあります。

ラブホ前、車から降りて口喧嘩をしている男女、聞くとなしに聞いていると。男「おまえ入ると言っただろう」女「側まで行くと言ったけれど、入るとは言わない」男「なっ、入ろうよ」女「嫌だ」

またある時は、Aラブホの電気室でバイトをしていた時、支配人に呼ばれビールを御馳走され、飲んでいた時、廊下で騒ぐ声、清掃婦が支配人を呼びにきた。もめているから来て!

いいものを見せるから来いと言うので支配人について行った、廊下で60歳位の爺さんと30代位の女性がもめていた。これも聞くとなしに聞いていたら、どうやら、3万円の約束できたが、お金は15000円より貰えなかったと喚いている。爺さんはしょぼんとしている。支配人は売春に手を貸すわけにいかないから。NOタッチ、ここで騒がれては他のお客様に迷惑、あんたがた、部屋で話し合いしなさいと、部屋に閉じ込めた。

とあるラブホの入口、なにかあるなと興味深々しながら歩いていた、女が泣きながら出てきた。このラブホもバイトしているので支配人を知っている。聞くところによると部屋代も払わず、ただ逃げされたらしい(お客さんが部屋に入ると自動的に施錠されるが、逃げた男は車にお金を忘れたから鍵をあけて欲しいとフロントに電話があった)。

またある時は、前支配人に呼ばれ飲んでいた。顔見知りのオバサンが部屋に入ってきた。そして、ちよっと支配人と呼び、私がいるのでためらっていたが、支配人は何だ?いいから話せ。

オバサンが言うには、頭の禿げた高齢の爺さんが、どう見ても中学生くらいの女の子を2人連れてきたという。なんかあっあたら問題ありませんか。と聞きにきた。

支配人は顔を見ないことにしろ。大事なお客さんだ!

このように、ラブホにはいろんな人生があります。まだまだあるがその内、室内を載せます。

あれ!散歩はどうなったんだろう!

しっかり歩きましたよ(笑)。

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月20日 走法ラン&ウォーク 39.372歩「31.5km」

3月トータル698.604歩「558.9km」

達成率139.7%



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

世界一背の高い犬と世界一小さな犬

巨大犬は、グレートデンのギブソンです。

背の高さが107センチもあり、「世界一背の高い犬」として、ギネス記録に認定された。

一方、小さい方の犬は、ロングヘアー・チワワのブーブーです。

ブーブーは、たったの10.16センチしかなく、「世界一小さな犬」として、ギネス記録に認定された。

ラフコリー・ミシェルのワンだふるらいふよりパクリ

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月19日 走法ラン&ウォーク 39.755歩「31.8km」

3月トータル659.232歩「527.4km」

達成率138.8%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年3月19日 (水)

障害者雇用促進法

新聞に目を通していたら「精神障碍者も18年度から法廷雇用対」に。記事によると障害者雇用促進法に基づき、現在企業の場合、従業員50人以上で雇用率2.0%以上にしなければならない。

法律で義務づけられている障害者はこれまで身体、知的障害者だったが、これに精神障害者も加わる。

私どもの課では1名、身体障害者を雇用している。彼は足に障害があることから、椅子に座り簡単な部品の組み立て作業に従事している。組み立て技術は適格なことから、私は絶大なる信頼を寄せている。

しかし、精神障害者となれば私の部署で使う自信はない。何故なら、精神障害者とはどのような病状でどのような行動をとるのか分からないからである。

北海道経済連合会と札幌商工会議所は「精神障害者を雇用しやすい仕組みを行政に地ならししてほしい」などと求めている。

障害者には哀れみではなく機会を与えてほしい」と言う言葉を残し亡くなられた女性がいます。

各企業が真剣に検討したなら、必ず働き場所は見つかる筈。

13年度道内の雇用者数

身体障害者:7.744人

知的障害者:2.301人

精神障害者:447人

2014年3月18日北海道新聞朝刊引用

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月18日 走法ラン&ウォーク 29.492歩「23.6km」

3月トータル619.477歩「495.6km」

達成率137.7%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年3月18日 (火)

陸上選手だった男

中学から高校にかけて陸上選手(長距離)だつた。中学時代はまずまずの成績であったが高校になってからは万年補欠。悪い時には補欠にもなれず、道路(コース)のゴミ拾い等をやっていた。

大会参加選手を決める記録会では、やせ馬の先っ走りでないが、先頭集団に食らいついていくのだが、これがアダとなり、後半はじりじり後退し正選手になることは一度もなかった。

ある時、マラソンの練習をやっていた時の出来事。我が高はお世辞にも強い選手はいなかった。 1周400mのグランドを50周(2万メートル)していた。1万メートルを過ぎたあたりから俄かに調子が出てきた。我が高で一流選手と言われていた連中を次から次と抜き去り、なんとトップでゴール。

コーチはニタニタ笑いながらやってきて、もう1周走れと言う。

ん?お前1周足りないと言う。追い抜いたはずの連中がイヒヒヒ・・・笑いながらゴール(笑)。

結局、ビリ! 当時ランニングウォッチは普及しておらず、1周ごとに腕に印をつけていた。

当社には、自衛隊退職者が多数いることからマラソンは人気がある。私も学生時代の記録に懲りることなく参加していた。特に北海道マラソンは人気があった。

当社が移転する前のコースは、会社の前を通ることから給水場として会社も協力していた。 北海道マラソンには4回参加し、不可能と思われた3時間の壁を2回破っていた。勿論3時間ぎりぎりのタイム。1キロのタイムは4分ちょっと(現在は5分~6分)。

北海道マラソンは毎年8月第4週日曜日に開催され、残暑厳しく30℃以上の気温に悩まされ棄権者は続出。

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月17日 走法ラン&ウォーク 38.847歩「31.1km」

3月トータル589.985歩「472.0km」

達成率138.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

札幌駅往復35キロラン&ウォーク

3月16日

朝から曇り空、時々粉雪が舞う嫌なコンディションであるが、走れる所まで走る覚悟で家を出た。

今回のコースは、追分通りを北上し新川に差し掛かった所で、右折し札幌JR駅へ、駅から地下街に入り、大通り公園に出る、さらに円山公園へ向かう。公園の途中から右折し西の方面へ向かい、追分通りに出て帰宅する約35キロのコースである。

路面は相変わらずツルツルのアイスバーン状態が続く。大股で走ることは危険なことからピッチ走法で走った。地下街約2キロはウォークでしたが、残り33キロはラン。

以下、写真をご覧ください。

左手に北海道大学が見えてきた

003_1700x956_1600x900

前方にJRタワー(JR駅)が見えてきた

004_1700x956_1600x900 

札幌JR駅北口に到着、ここから地下街に入る(ラン禁止)

005_1700x956_1600x900 

地下街から大通り公園に出た。約18キロ地点。出発してから約100分経過。

007_956x1700_900x1600 

大通り公園、札幌市資料館

008_1700x956_1600x900 

数日前まで一面が雪と氷に覆われていた発寒川。春の兆しが見えてきた。

009_1700x956_1600x900 

我が街が近づくにつれて雪が深くなってきた。この辺りは真冬を思わせる。

010_1700x956_1600x900 

帰宅時間は、11時頃、はっきりしないのだ!何故なら途中スーパーで買い物(笑)。 ウォークや買い物も 含めた総時間は3時間30分でした。

ウォーキング日記 

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月16日 走法ラン&ウォーク 43.862歩「35.1km」

3月トータル551.138歩「440.9km」

達成率137.8%

 


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年3月16日 (日)

男性は1兆人分にも相当する精子を生涯放出

男の人は何歳になっても、女性とすれ違うとき、お尻に目が行く。

スケベェでもないが本能的かも(ホントはすけべぇ)。

ところで、嫁さんや彼女相手に無駄な努力をして、放出した後、がっくりきて、二度とやるもんかと思う男性が多いと思う・・・が

この時使うのエネルギーはどのくらいか知っていますか?

だれが調べたかは知らないが、100mを全力疾走した時と同じくらいだって!

そんなもんかよ、もっと使ったような気がするけれど・・・

ところで、生涯放出する精子量はどのくらいかわかりますか?

ハイ!調べてみました(笑)。

まず、1週間に何回挑戦するかです。

思春期~15歳:3.17回(わりかし少ないですね)

21~25歳:4.14回(この年代は手あたりしだい)

26~30歳:3.51回(若干落ち着いてきた)

31~35歳:2.9回(そろそろ倦怠期)

36~40歳:2.42回(このころは惰性)

41~45歳:1.95回(嫁さんの義理立て)

46~50歳:1.8回(したくないけど仕方ないか)

51~55歳:1.54回(もうどうでもいいや、投げやり的心情)

56~60歳:1.09回(初心にかえって復活、でも、よれよれ)

平均すると1週間で2.58回ですね。

これは、あくまで嫁さんとか彼女がいた場合。

いなかったらどうするかって!余計なことを聞くな!

自家発電じゃ!

さてさて、アナタは平均以下じゃありませんか!以下のアナタは頑張ってください。

生涯アナタの挑戦回数は5000回だそうです。凄い回数ですね(笑)。

1回の放出量は3cc(2億~5億個の精子細胞)

5000×3=15000cc(15リットル)

凄いな、こつこつと努力を重ね、15リットルも放出しているのか!

正常な男性は1兆人分にも相当する人生を産みだすほどの精子を生涯放出している。

男どもの股間にこんな恐ろしい爆弾を抱えているとは夢にもおもはなんだ(笑)。

ウォーキング日記 

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月15日 走法ラン&ウォーク 34.879歩「27.9km」

3月トータル507.276歩「405.8km」

達成率135.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

ズボンの破れを補修

札幌も漸く日中の最高気温はプラスに転向・・・所々、歩道の雪も消えだした。

006_956x1700_844x1500

この時期、一番危険なのはアイスバーンの走行。

001_956x1700_844x1500_2

路上表面は氷、でぼこぼで転倒するとこうなる。ズボンの膝かぶが破れた。

009_1700x956_1500x844

ワシは貧乏性ゆえ、こんなものを購入。100均で探してみたがないのでネットで検索したところ、ありました。

膝かぶに布を張り付けて走っていたヤツを見付けたら声を掛けてください(笑)。

011_1700x956_1500x844

黒色、灰色、クリーム色、白色、紺色の5色で単価315円。ところが、送料630円、製品より高い。合計798円でした。

012_1700x956_1500x844

破れた部分に張り付けスチームアイロンで仕上げる。水洗いは勿論、ドライクリーニングで洗ってもOK。試に1枚剥がしてみたが、粘着力は強烈で切れて剥げてくる優れもの。

仕上げ者は勿論ワシ!布の角をキレイに取るともっと綺麗に仕上がる。

014_1700x956_1500x844

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月14日 走法ラン&ウォーク 30.402歩「24.3km」

3月トータル472.397歩「377.9km」

達成率135.0%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

2600キロ旅した猫

2006年末か2007年初め、コロラド州のクリス・スクワイアーさんが家を改築中に脱走。

5年後、2600キロ離れたニューヨーク市内で発見されたウイロ―君。

体内に埋め込まれたマイクロチップが識別の決め手となった。



「ラフコリー・ミシェルのワンだふるらいふ」よりパクリ

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月13日 走法ラン&ウォーク 35.734歩「28.6km」

3月トータル441.995歩「353.6km」

達成率136.0%

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2014年3月13日 (木)

史上最悪の近親相姦カルトがオーストラリアで摘発される

記事をごゆるりとご覧下さい。

 
  

オーストラリアのシドニーの南方の谷で隠れるように暮らしていた近親相姦カルトが摘発され、近親での交配による障がいを持った子どもらが発見されるという衝撃的な事件が発覚しました。

オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州、シドニーの南方60kmに位置する水も電気もない谷で4世代に渡って近親相姦を繰り返していた家族カルト集団が発見されました。この中で近親交配によって生まれ、劣悪な環境で育てられた12人の子どもたちが保護され、オーストラリアを震撼させています。

「学校に行っていない子供がいる」という通報を受けた警察が最も近い街から30km、巨大な農園に囲まれ、荒れ果てたやぶの生い茂るだけのこの谷に赴いたのは2012年の7月。

そこで警察が見たのは不潔な2台のキャラバン(移動住宅、編集部注:オーストラリアでは移動住宅やキャンピングカーでのノマド的生活は珍しくない)、2棟の掘っ立て小屋、そしてテントに生活する40人もの大人や子供でした。

そこではストーブや調理器具には汚れがこびりつき、野菜は腐り、子供のベッドにはカンガルーが眠っているという有り様。むき出しの電線やゴミ袋、チェーンソーが転がり、飲み水も電気もトイレもシャワーも風呂もなく、下水は垂れ流し。子どもたちは汚れた服を着せられたままでした。

彼らの中には明瞭に会話ができるものが殆どおらず、おどおどとして視線を合わせず、ほぼ全員が足に真菌感染症を患っていました。

彼らへの1年以上の聞き取りや調査の結果判明したのは、この家族カルトは5つの家族から形成されており、起源は子どもたちの高祖父母(祖父母の祖父母)まで遡ります。この高祖父母が実の兄妹で子供を作り、さらにこの家系は兄妹、叔父と姪、父と娘といった近親相姦を繰り返して子供を残してきました。

子どもたちは性行為が可能な年齢になると、そうした連鎖の中に組み込まれてさらに近親相姦を繰り返し、現在にまで至っています。唯一、最も若かった5歳の女の子のみが近親相姦ではない両親から産まれたとのこと。

彼らは最初はサウス・オーストラリア州から始まり、ヴィクトリア州、ウェスタン・オーストラリア州と転々とした後に現在の場所に移り住みました。

12人の子供たちは15歳から5歳までで、いずれも就学しておらず、複数の健康上の問題を抱え、さらには衛生観念というものを全く持っていません。さらに、近親相姦によると見られる発育不全や認知障害、身体上のハンディキャップなどを抱えています。

子どもたちの中には、文字の読み書きができないどころか自分でシャワーを浴びたりトイレを使うこともできず、トイレットペーパーの用途を理解できなかったり数を数えられない子もいました。

その子どもたちも痛ましい性行為の輪に組み込まれており、13歳の少女は9歳の叔父に当たる少年と、8歳の叔母の前で性行為を繰り返し、7歳と9歳の姉妹は15歳、14歳、12歳の兄妹と性的な接触を持ち、14歳の少年は8歳の姪を裸で木に縛り付けたこともあるということ。

近隣の街では、10人ほどの子供を車に詰め込んだ2人の女性が店を訪れて買い物をする姿を見かけることがあったということで、「あの谷から来たやつは近親相姦で産まれたんだ」という冗談めいた噂が流れていたといいます。

現在保護された子どもたちの一部は養子に出され、それ以外の子どもたちは性的行為や心理的トラウマの治療プログラムを受けているということ。

この事件では日本で考える過激な新興宗教の集団としてのカルトとは全く違う様相を見せています。子どもたちを性的に虐待していると捉えられる親世代も上の世代の近親相姦の結果として生まれ、さらなる近親相姦の輪に閉じ込められた形になっています。果たして責任能力が問われうるのか、それとも同じように被害者とされるのか、史上最悪とも呼ばれる近親相姦カルトがどう扱われるのか、まったく予測がつかない状態になっています。

都市伝説としか思えないような話ですが21世紀の現代に実際に起こったという事実に震撼させられます。

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月12日 走法ラン&ウォーク 29.679歩「23.7km」

3月トータル406.261歩「325.0km」

達成率135.4%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月12日 (水)

石狩市への道

3月8日(日曜日)ジョギング

札幌市手稲区富丘は、私の居住区であるが、その近くに追分通りがある。追分通りは石狩市に入ると名前を替え、花川通りとなる。この通りは、家から石狩市役所まで約18キロ。途中緩いカーブはあるが、殆ど直線と言って良い。

今回は、追分通り→花川通り→石狩市役所折り返し→道道44号線を手稲駅へ向かう約37キロコースである。当日は久しぶりの好天に恵まれた。しかし、路面は殆ど凸凹状態。

連日降り続いた雪は、除雪が追いつかず、所々1人通れる道幅。こんな時向こうから来る人を、手前で待って、渡り切ってから通ることになる。この時待っている人にお礼を言って通り過ぎるのがマナーであるが、たまにお礼を言わず、俺様が優先だと言わんばかりに通り過ぎて行くヤツがいる。お尻を蹴飛ばしてやりたい(笑)。

001_956x1700

日本海へ注ぐ新川(ほとんど直線)の流れ

014_1700x956_1500x844

各町内から運び込まれた雪捨て場。このような雪山は何か所もある。

013_1700x956

012_1700x956

右側は歩道であるが、2メートル近い雪山となっている。このような場所は車道のはすっこを走る。時々パトカーが徐行し、気を付けて下さいと言う。ハイと返事をする。

011_1700x956

石狩市花川に入るとサイロが目に付く

004_1700x956_2

003_1700x956

石狩市役所の手前、北洋通り

005_1700x956_2

石狩市役所に到着18キロ地点、ここで10分程小休憩。と言っても市役所は休み、表面の広場でおにぎりと水分補給。

007_1700x956

右折すると、留萌方面。私は左折し手稲駅へ向かう

008_1700x956

この道は手稲駅まで約14キロ直線 。前方に手稲山(標高1023m)が見える

009_1700x956_1500x844

手稲駅から家まで約4キロちょっと、いささか疲れました。

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月11日 走法ラン&ウォーク 30.300歩「24.2km」

3月トータル376.582歩「301.3km」

達成率136.9%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

札幌は大雪

札幌管区気象台によると、10日正午までの24時間降雪量は札幌市内では28センチに達した。積雪量は、なんと105センチ。

札幌管区気象台は市内に平地にあることから、私の住む手稲区富丘の高台と比較すると、降雪量は雲泥の差がある。今朝庭の雪を計ったところ35センチあった。

我が家の庭の風景。

積雪は3メートルを超えた(屋根から落雪も積算)。柵は雪捨ての通路。ワンコの脱走を防ぐため柵をした。

015_956x1700_2

3月に入り、気温も低く3月1日を除き全て真冬日(最高気温マイナス)。それなのにこの大雪。通勤前、雪かきに追われるのは、もう、うんざり。

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月10日 走法ラン&ウォーク 27.396歩「21.9km」

3月トータル346.282歩「277.0km」

達成率138.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

ウクライナ情勢と北方領土

ウクライナ問題で、北方領土を返してもらいたいのに、アメリカの意見に同意し実行に移していたなら、ロシアとの関係がどんな結末になるか、考えただけでも落胆する。安倍首相は同じ領土問題で紛争の種になっている。ウクライナと北方領土、どっちを優先するのか、考えるまでもない。もし、アメリカについたら北方領土問題はぽちゃん。

日本で問題になっている、自国の領土問題を最優先しべきであることは明白。アメリカについたら、1年余りで5回の会談を重ねてきたプーチン氏との友好関係にキズが入り、元も子もなくなる。秋に予定の訪日もキャンセルされるだろう。そうなれば、当分領土問題は話題にならない。

ウクライナ南部クリミア半島の6割はロシア系住民。すでに2万人の軍隊を投入したロシア。プーチン大統領は地元の自警団でロシアは関与しないと言っているが、各国の報道を見る限りウソつくな!プーチンと言いたい。誰が見てもロシアの軍隊と言えそうだ。

4月下旬に予定しているオバマ大統領の訪日際し、7日の電話会談では「米国と日本が追及する「外交、安全保障、貿易イニシアチブを前進させる重要な機会になる」と表明した。「ハーグで会おう」と言って踏み絵を滲ませた。

アメリカと外交問題ではぎくしゃくした関係が続いており、ウクライナ問題で、意見の相違があれば、一層溝が深くなる。ウクライナ問題はヨーロッパ共同体(EC)、と異なり日本のメリットは何もない。アメリカと同盟国としての責務はあるだろうが、安倍首相はオバマ大統領へ政治力を酷使し、日本の立場を理解してもらうよう努力すること。

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月9日 走法ラン&ウォーク 46.431歩「37.1km」

3月トータル318.886歩「2551.km」

達成率141.7%

詳しく明日のブログで紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

サケ・マス寄生虫

古い記事ですが・・・

肛門から幅1センチの灰白色をした、ゆでたキシメンのようなものをぶらさげた少女が救急車で運び込まれてきた。

しかも、そのキシメンがヒクヒク動いていた。

患者は13歳の埼玉県大宮市在住の少女であった。

マラソンが好きな少女でマラソン中たびたび痙攣発作をおこすようになり、そのたびに救急車で運び込まれていた。

よく話を聞いてみると、半年前から虫が肛門からでるようになったが、その都度自分で引っ張りだしていた。

とても恥かしく誰にも相談できなかった。

13歳の少女が30センチの長い虫を引っ張り出していたという、その精神的苦痛は図りしれないものがある。

肛門からは4mのコウセツレットウジョウチュウ(広節裂頭条虫)が出てきた。

排泄された虫は小児の頭大の塊となっていた。

成長すると10mになる。

日本記録は旭川医大の久津見晴彦教授が扱った例。

患者は船員でサクラマスをたらふく食った。

排泄された数は32匹。長さは2m~9m。

前部つなぎ合わせたら、なんと75mあっさり日本記録更新。

原因はサケやサクラマス、マスを刺身で食ったことにより感染。

 ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月8日 走法ラン&ウォーク 37.464歩「30.0km」

3月トータル272.455歩「218.0km」

達成率 136.2%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

在宅ホスピスとは

「できるだけ家でみたいのですが、最期までは自信ありません」。在宅ホスピスを始める時に多くの家族が不安を口にします。つい40年ほど前は多くが自宅で最期を迎えていましたが、いまは病院で亡くなることが主流で、みとり経験のない人が増えたからです。

しかし大丈夫、家族だけでみとりすることは十分可能です。看護師が家族にきめ細かく教えます。

そろそろ残された時間が1週間くらいかと思われる時期には「みとりのパンフレット」を渡し、詳しく説明します。

ここには「呼吸は不規則になり、肩やあごを動かして息を吸い込み、時々何十秒も息を休んだりして弱くなっていきます」などの身体的変化が書かれています。

また、医師や看護師がいなくても、家族だけでみとりできることや、最後の呼吸を確認したら救急車を呼ばないで当院に連絡してもらうことも書いています。

患者さんの意識が無くなった後も、耳が聞こえている可能性があるので時々声をかけしてほしいことも伝えています。

この頃になるとご家族も少しずつ心の準備が出来ているので、つらい内容ではありますが、しっかいと受け止めてくださいます。

みとりの後、私達は連絡を受けて駆け付けます。ほとんどご家族から大切な人をみとるという、大きな仕事をやり遂げた達成感が伝わってきます。

ホームケアクリニック札幌院長  前野宏

 ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月7日 走法ラン&ウォーク 29.889歩「23.9km」

3月トータル234.991歩「188.0km」

達成率 134.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

汚染水警報解除し注入

東京電力が、福島第一原発で処理水を保管しているほとんどのタンクで、ほぼ満水になり送水ポンプが自動停止した後も、警報を解除してさらに水を入れ続けるという、危うい運用をしていたことが分かった。あふれる寸前にもう一度警報が出るが、この際はポンプは自動停止しない設定にしていた。

汚染されたタンク周辺

Img1877  Img187  

一般的な液体とは大きく異なり、処理水には超高濃度の放射性ストロンチウムなどが含まれている。海に放出すれば魚介類を汚染するほか、周辺の土壌も汚染し、作業員らは土の除去作業を迫られている。厳重な管理が不可欠な水だ。

福島第一では、日々400トンもの汚染された冷却水の処理に追われ、タンクはぎりぎりの状態が続いている。東電は、最初の警報が出る96%の水位でタンクへの注入をやめると貯蔵が間に合わないため、手動でポンプを動かし、2度目の警報が鳴る水位99%の直前まで水を入れていた。

地震などで水面が揺れれば、天板の点検口からあふれ出る恐れがある水位だ。原子力規制委員会が限度とみている水位95%程度が限界とみている。

もう一つの問題は、東電はあふれる一歩手前の2度目の警報出ても、ポンプが自動停止しない設定にしていた点。東電に取材しても、なぜこんな設定にしていたのか理由ははっきりしない。2度目の警報に即座に対応しないと、今回のようにタンク上部からの水漏れにつながる。こうした運用は、昨年春頃から続いていたとみられる。東電もこの危うさには気づいていたという。

問題点

1.作業標準および作業手引書が作成されてあるのか?作成してあるなら作業員の教育を周知徹底させること。私も電気関係の変成器タンクに携わった経験から、注水(私は絶縁油)には一番気を使う場面である。ポンプを自動停止に設定していなかったことは初歩的な間違いで許されることでない。

2.タンクに汚染水を95%が限度とみられていたのに99%直前まで入れていたことに疑問を感じる。これから夏場にかけて温度が上昇することから内部の汚染水は膨張し、内圧が上がる。タンクは内圧に耐える構造か。内圧により、溶接部分に亀裂が生じないのか?

3.タンクを管理する東電首脳部は何れ海に放出するので、現場の安全衛生教育に熱意が無かった可能性ある。責任者は現場への責任転嫁は慎め。

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月6日 走法ラン&ウォーク 20.964歩「16.8km」

3月トータル205.102歩「164.1km」

達成率 136.7%

札幌は時々猛吹雪。3月に入り殆どが真冬日である。

雪は降っていないが地吹雪が凄い

歩道は吹き溜まりのため、長靴はすっぽり埋まった

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年3月 6日 (木)

非核三原則は必要ですか?

非核三原則「核兵器は持たず・作らず・持ち込まさず」は本当に守られているのか疑問、米国の艦船が入港時立ち入り検査をするでもなく、相手側の報告を鵜呑みにし信用するだけでしょう?密約がなくても核の持ち込みは現実的に可能なわけだから、確実に持ち込みを禁止するためには入港時に立ち入り検査する方向で取り決めしなければ現実味はない、しかし・・・

今のようなあやふやな取り決めはやや不安、米国の核の傘による抑止力により日本の安全保障が確立しているのですから。

被爆にあった長崎、広島には申し訳ないが、過去に北朝鮮は日本の上空をミサイル実験場として利用していることは明白。

元民主党の岡田克也外相は有事の際の核持ち込みを排除しない考えを強調した。

有事になってからでは遅過ぎはしませんか、この時どこの場所から、どのくらいの時間で核を発射するのですか?米国本土からなら日本は焼け野原になっています。即反撃にでるためには近場に核がなければ無意味、綺麗事は大事かも知れませんが、日本を取り巻く核保有国は確実に性能がレベルアップしているのが現状。

数年前、米国とロシアは核拡散(30%)に合意しましたが、これらに含まれる核兵器は旧式で廃棄しなければならない核兵器が全て。もしこれらを廃棄しなければ、旧式の性能を調べるための核実験が必要。お互い合理性があるんです(笑)。

もし、北朝鮮から核攻撃受けた場合、即反撃しなければ大勢の犠牲者がでることは明白。目には目で核攻撃に対し核応戦しなければ戦線のバランスは崩れ一方的に侵略され国民はみな属国民とされる。

ミサイルは上空を飛ぶと言うイメージをすてること、技術が発達する現在海面スレスレに飛んでくる可能性があることが恐怖。

こんな低飛行されたらレーダーで感知不可能、日本はヤラレ放題。上空を飛行しても日本本土まで到着する時間は7分、これをレーダーで感知し迎撃するのは至難の業。

ちなみに、日本が保有する地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)の射程は20キロくらい、上空数百キロ飛ぶミサイルには意味を持たない。迎撃ミサイル(SM-3)の上昇速度は250キロくらい、北朝鮮のデボトンの半分の速度、こんなものに8000億円以上もつぎ込んでいる。安倍ちゃんなんとかして!

現実問題として、昭和51年9月函館空港へ、ソ連(現ロシア)の最新鋭機ミグ25、マッハ3.4が海面スレスレに飛来し函館空港へ強硬着陸した経緯がある。このときレーダー網はやく立たず。空港に降り立った飛行士を見て防衛庁はビックリ仰天(笑)、現在でも低飛行する飛行機をレーダーで捕捉できないはずである。

金 正恩(キム・ジョンウン)総書記は軍事力には異常とも思える費用を垂れ流している、国民が何十万餓死しようが我関せず。

金 正日(キム・ジョンイル)隠された戦争「荻原遼著:文藝春秋」によれば1995年から始まる大餓死に政治犯や体制批判派を餓死者のよに殺害、死亡した国民は餓死者を含め三百万人と言われている、これが公式の数字となっているようである。

日本政府は日本の防衛力は今後どうあるべきかをしっかり認識し、国民に分かるように隠さず説明し、米国へ言うべきことははっきり申し(ブレ発言は絶対禁物)、安保体制を強化すべきである。

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」 

3月5日 走法ラン&ウォーク 35.056歩「28.0km」

3月トータル184.138歩「147.3km」

達成率 147.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

3本の矢は大丈夫か

アベノミックスの影響なのか、地元の弱小コンビニが白旗を上げだした。

3本の矢

第一の矢:大胆な金融緩和

国民にお金が沢山入り、購入意欲をそそり、物価高を誘いインフレを起こすことが目的である。例えば今10万しているテレビが数か月後20万になっていると国民に思わせると、安いうちに買っておこうとして消費が増え景気が良くなると安部政権は思っている。

第二の矢:機動的な財政出動

公共事業を増やす。道路を作ったり港湾事業を行ったりして経済的な効果をあげる。セメント業界や土木、鉄鋼業界などいろいろな業種が携わることから経済的効果が大きいとされている。

第三の矢:民間投資を喚起する成長戦略

どうやってこれから日本がお金を稼いでいくかと言うこと。規制緩和したりベンチャー企業を支援したりいろんなことをやり、成長戦略が軌道に乗れば日本企業は、お金を持続的に稼ぐことができる。賃金の上昇、雇用が増加し景気が回復するとみている。

果たしてそうなのか。消費税が8%になることから前倒し購入や建設などが盛んに行われている。この段階で確かに第一の矢は効果が現われているように見える。しかし、その反動は如何なものか?

国民に、お金が出回るシステムを邪魔している消費税。殆どの物価が上昇する。医療費のUP,年金のダウン、いろいろな掛け金のUP。それなのに給料のUPは数%。とても物価上昇に追いついていけない。

大手企業労働者858万人は定期昇給やベースアップ(電機大手は2000円で妥結か?)の余裕はあるが日本全労働者5.474万人6割を占める中小企業は定期昇給のシステム化されていない所が多い。ベースアップについては余裕ないものと思われる(労働者数は国税庁平成20年度データより)。

何故かマスコミ等では定期昇給にふれていないが、毎年決まった金額が昇給されるシステムになっている(凍結企業もある)。

インフレとは物価が上がること。デフレは逆に物価が下がること。安倍政権になるまではデフレと言われていた。

札幌市手稲区富丘・小樽方面にはセブンイレブン、札幌方面にはローソン、其々200~300mの距離に挟まれ、地元コンビニは善戦空しく敗退。

Dsc_0042_640x360_3
同じく手稲区稲穂。近くにコンビニはないが、立地条件が悪いのか客の出入りは良くなかった。自滅か?
Dsc_0014_640x360_3
新川沿いにあるコンビニも最近店じまい

1700x956

3店舗はジョギングコースにあり、時々利用していたのだが、商品の品数が少なくなっていたのが気になっていた。

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」 

3月4日 走法ラン&ウォーク 33.814歩「27.1km」

3月トータル149.082歩「119.3km

達成率 149.3%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年3月 4日 (火)

我が家のひな祭り

3月3日

ひな祭りは女の子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。昨夜、娘から注文が出ていた。内容は19時まで家に帰ること。そうなればジョギングに制約が掛かることから、ワシは無言でいた。無言は了解したと解釈した娘は何も言わなかった。

体調がすこぶる良いことから6時に家を出た。勿論、長距離のジョギングが目的。10キロ走った所で会社に到着。時計の針は7時を指していた。我が社は8時40分就業であることから、いくらなんでも早すぎ。警備保障会社がカギを解除する訳がない。ワシは更に5キロ走って折り返して来た。20キロである。シャワーを浴び即、職場に出た。

デスクには10通程の書類が積まれていた。軽く目を通し、目くら判を押した。

今日も忙しい一日が終わった!直ぐに帰宅の準備。他社では考えられない事。我が社は電力業界であることから節電は絶対的な使命。残業はご法度、業務により必要な時は上司の許可を取り、更に建物の管理者である総務課の許可が必要。ワシの課は許可を出す責任者は頼りないがワシ(笑)

そんな事で帰途は約12キロ。1時間で到着、楽勝である。

風呂を浴びて食事

細やかであるが、ひな祭りの準備は出来ていた。

ところが、祝いの当事者は「いないいないばぁ」に釘づけ(笑)。

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」 

3月3日 走法ラン&ウォーク 40.148歩「32.1km」

3月トータル115.268歩「92.2km」

達成率 153.7%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年3月 3日 (月)

銭函への道

3月2日

6時頃真っ赤な太陽が昇ってきた。天気予報はまずまずの空模様であるが、最高気温はマイナス2度(昨日+7.8度)。寒い一日になりそうだ!

リュックサックには予備の下着、水を入れ、約10分程準備運動しスタート

銭函までの道はアイスバーン。シューズは冬季用で氷に吸い付くような優れもの。でも、たまに滑るから油断大敵。

鉄塔の遠くに小さく見える建物は約10キロ遠くにあるラブちゃんホテル。時々目をとろんとさせたカップルが出て来る。私のコースはホテルの前を通ることから嫌でも目に入る。

ホテルまで近いようで長い道程。

昨日の大荒れの日本海はウソのように波穏やか。

Luna Coastホテルに着きました。展望風呂、岩盤風呂でお楽しみ。それでは皆さんごきげんよう!

なんて事になれば良いが、残り15キロ以上。

昨日の記事でも書きましたが、この辺りから歩道の雪は融け、舗装が出ている。直線道路は約7キロ快調なランである。

札幌から銭函までは相変わらずアイスバーン状態であることからモタモタした影響が出て9.75km/h。

おじさんのタイムとしては良好。

今回は約30キロのラン、1キロのウォークでした。

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」 

3月2日 走法ラン&ウォーク 39.252歩「31.4km」

3月トータル75.120歩「60.1km」

達成率 150.2%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年3月 2日 (日)

ジョギング27キロ、ウォーク2キロ

3月1日
長距離のジョギングに出た。コースは何時もの通り、小樽市銭函駅を折り返す約29キロ。歩道の雪解けが進み舗装が出ている部分もある。しかし、札幌から銭函駅までは殆どアイスバーン状態。転倒や足首捻挫に気を付けながら、土ふまず着地をし、歩幅を極端に短くしチョコチョコ走法(笑)。

銭函に入り、標識を右折し銭函駅へ向かう


銭函駅は閑散として、お客さんの姿はチラホラ見えるだけ


駅の裏側は大荒れの日本海


国道337号線(江別、留萌方面)の歩道は綺麗に雪は消えていた。


所々圧雪状態。


最近アイスバーン上を走行することから、足首に違和感が残っている。27キロ地点でランから、残り2キロウォークに切り替えた。

ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」 

3月1日 走法ラン&ウォーク 35.868歩「28.7km」

2月トータル35.868歩「28.7km」

達成率 143.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

札幌市発寒川と新川の雪景色

2月27日、札幌市の最高気温は7.8度となり、今年の最高気温を記録した。しかし、同じ札幌市を流れる発寒川と新川は対照的な風景を見せていた。

下の写真をご覧ください。未だに雪に埋もれる発寒川。逆に新川は春近しを思わせる。

発寒川(はっさむかわ)は、札幌市と石狩市の境界を流れる河川で、石狩川水系伏古川支流の一級河川である。

2月27日・雪に埋もれた発寒川

017_1700x956

夏・水量豊富な発寒川・秋になるとサケが遡上

Photo

新川(しんかわ)は、札幌市および小樽市を流れ日本海に注ぐ二級河川で新川水系の本流である。明治時代に作られた人工河川で、河口部を除き川筋は直線状である。

2月27日・新川の流れは春近し「↓同じ場所から写した」

016_1700x956

夏・新川の流れ

Dsc_0008_640x360

ウォーキング日記

2月の目標 700.000歩「1日25.000歩(20.0km)」 

2月28日 走法ラン&ウォーク 28.270歩「22.6km」

2月トータル971.167歩「776.9km」

達成率 138.7%

100万歩にわずか28.833歩及ばなかった。一日に換算すると34.685歩(約28キロ)となり歴代2位の記録。殆ど猛吹雪のなか奇跡的な数字である。

因みに、1位の記録は2012年5月の1.256.104歩であり一日に換算すると40.519歩(約32キロ)である。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »