« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

中の川遊歩道の桜開花

札幌市手稲区中の川遊歩道の桜が開花。2,3日で満開になるものと思われる。火の使用は禁止されていることから花見客で賑わうことはない。

Dsc_0009_1300x731

Dsc_0010_1300x731

Dsc_0011_1300x731

中の川、川の真ん中に生えているのは昨年のヨシ(屋根材としても最適で茅葺民家の葺き替えに現在でも使われている)

Dsc_0006_1300x731

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月29日 走法ラン&ウォーク39.735歩「31.8km」

4月トータル1.056.958歩「845.6km」

達成率145.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

札幌は春爛漫

寒い朝であったが、半袖のTシャツと半ズボンで家を出た。世はGWと言うけれど、我が社はカレンダー通り。寒さは半端じゃない。途中予備のTシャツを重ね着したが気休め程度である。帰宅してから夕刊を見たところ最高気温は10度。しかも風速8mとか。これなら体感温度は2度。なのにTシャツと半ズボンは凍死寸前(笑)。

ごゆっくり写真をご覧下さい。

我が母なる山、手稲山1023.1m。私の好きな山である。

Dsc_0011_1300x731

家を出て直ぐ、中の川遊歩道。この辺りは殆ど人が通ることは無い。前方に小さな雪渓が見える。

Dsc_0020_1300x731

雪渓は氷河を思わせる。

Dsc_0021_1300x731

人家の前ではコウライキジの♀が散歩中

Dsc_0007_1300x731

小枝のテッペンでウソが恋を語っていた。ちなみにウソは嘘でなく小鳥の名称。

Dsc_0003_1300x731

こちらでは、恋に破れたマガモの♂がひょんぼり川を眺めていた。

Dsc_0016_1300x731

前方に函館本線(函館~長万部~倶知安~小樽~札幌~旭川)を走る列車が見えた。私はここでUターンし会社へと急ぐ。

Dsc_0009_1300x731

途中、ツクシたちがおはようと声を掛けてきた。皆さん今日もお元気でねと声をかけ通り過ぎた。

Dsc_0022_1300x731

桜の蕾も膨らんで・・・今日の寒さで、開花が遅れ首をうなだれていた。

Dsc_0025_1300x731

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月28日 走法ラン&ウォーク33.967歩「27.2km」

4月トータル1.017.223歩「813.8km」

達成率145.3%

今年に入り2度目の100万歩達成。4月とは言え、気象条件は必ずしも良くなかったが、計画歩数を25万歩超過した。残りは2日、110万歩に手が届きそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

ぽん家の焼き肉パーティ

本日の焼き肉パーティの会場は、ほどこりなく設定完了。参加者は大人6人、子ども2人、計8人でございます。

Dsc_0029_1300x731

孫娘がバラバラとばら撒いた

Dsc_0032_1300x731

つぶと北寄貝

Dsc_0033_1300x731

ぽんの定番

Dsc_0034_731x1300

こんな感じで盛り上がってきました

Dsc_0040_1300x731

Dsc_0041_1300x731

あらあら・・・孫娘が皿を被りだした

Dsc_0038_731x1300

約2時間でぽん家の焼き肉パーティは終了

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月27日 走法ラン&ウォーク40.012歩「32.0km」

4月トータル983.256歩「786.6km」

達成率145.7%

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

北海道工業大学新川緑地清掃

4月20日のジョギングは小樽市銭函駅を折り返すコース。新川緑地に差し掛かったところ、若い男女が多数ゴミ拾いをしていた。直ぐ学生と分かった。

私がゴミ拾い現場に近づいて来たところ、責任者(教授か?)が学生達に道を開けろと指示をしていた。私が通りかかったら、教授らしき人がニコニコし、ご苦労様と言う。私はこの時点で北海道工業大学の方々と察しがついたので、「北海道工業大学の学生さんですか?」と教授らしき人に聞いた。先方の方は、ハイ!そうです。と言う。

私は、ご苦労様ですと言って通り過ぎた。この場所は約22キロ地点、大分へばっていたが、爽やかな現場を見て何故か疲れは吹き飛んだ!

写真で清掃作業状況をご覧下さい。

Dsc_0013_1400x787

Dsc_0015_1400x787

Dsc_0019_1400x787

Dsc_0020_1400x787

ご覧の通り、ゴミ一つ落ちていない。北海道工業大学の皆さんご苦労様でした。

Dsc_0012_1400x787

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月26日 走法ラン&ウォーク41.412歩「33.1km」

4月トータル943.244歩「754.6km」

達成率145.1%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

札幌で一番早い桜の開花

毎年、桜の開花が早い庭のオオヤマザクラ(エゾ山桜)が今年も4月25日に開花した。満開とはいかないが3輪ほど咲いている。

屋根の上に一輪


更にその隣に2輪咲きだした。他の蕾も赤みを帯びていることから26日には満開の予想。

札幌の桜の開花予想日は5月1日。6日早い開花である。

因みに、開花に向けビニールで覆うなど、人工的なことはしていない。自然開花である。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月25日 走法ラン&ウォーク31.918歩「25.5km」

4月トータル901.832歩「721.5km」

達成率144.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

北海道白老町で女性が犬に襲われ溺死

2月26日、白老町竹浦海岸で散歩中の橋場トミ子さん(59)が土佐犬2匹に襲われ、海へ逃げたが数か所噛まれ海中に転倒し溺死した事件があった。

当初苫小牧署は、波にさらわれ事故死した後に、鳥やキツネに噛まれた可能性が高いとトミ子さんの夫和義さん(65)に説明したと言う。

和義さんは「冗談でない」2時間足らずで鳥やキツネが噛んだような軽い傷でないと訴えた。さらに、友人から海岸で土佐犬を放している男がいる情報を得た。

同署はこれらの情報を元に白老町竹浦、無職佐治清(65)を重過失致死の疑いで逮捕した。同容疑者は1匹のリードを放したら悲鳴が聞こえ、見に行くと犬が女性を襲っていた。もう1匹もつられて襲っていたと言う。

白老町によると、狂犬病予防法で義務付けられていた飼い犬登録はしていなかった。狂犬病の予防注射は受けていなかった。

白老町は条例で、人や家畜に危害を与えないよう、犬を係留する義務を決めていた。

山形県で2011年、中型の雑種犬に襲われ、転倒した女性が急性硬膜下血腫などで死亡した事件が発生し、飼い主の男性は過失致死罪で甲府簡裁から罰金50万円の略式命令を受けた他、甲府地裁から女性の遺族に約5400万円賠償するよう命じた。

古いデータですが、平成21年度犬の咬傷件数は4.940件発生し2人が亡くなっている。

私も以前、リードを放している飼い主に注意したところ、相手はうちの犬は絶対噛みません。と言った瞬間ガブリとやられた経験があります。

犬の知能指数は人間の2歳くらいと言われています。

飼い主のペットを信用する気持ちは分かるが、一般人に突然敵意をむき出しにすることがあることを忘れないで欲しい。今回の事件を教訓に、リードは絶対放してはならない。

橋場さんを襲った土佐犬2匹は、佐治容疑者の申し出で既に苫小牧保健所が殺処分済み。

北海道新聞引用

松戸市ペットの正しい飼い方 をご覧ください

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月23日 走法ラン&ウォーク34.514歩「27.6km」

4月トータル835.345「668.3km」

達成率145.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

風紋と蟻地獄

星置川河口周辺はシーズンともなれば海水浴客で賑うが、今は訪れる人もなくひっそりとしている。

Photo

河口のキャンプ場は砂場で綺麗な風紋だけが残っている。

Dsc_0014_731x1300

風紋の山に蟻地獄の巣を見付けた

Dsc_0015_1300x731

蟻地獄「画像はウィキペディアより」

蟻地獄はウスバカゲロウの幼虫、蟻などを食べる。穴に落ちるともがけばもがくほど穴の中へ吸い込まれる。

300pxameisenloewe

ウスバカゲロウ「画像はウィキペディアより」

短命で1~3日しか生きていない。エサを食べる暇もないことから、口は退化しエサを食べることは出来ない。

450pxdistoleon_tetragrammicus01

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月23日 走法ラン&ウォーク34.514歩「27.6km」

4月トータル835.345「668.3km」

達成率145.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

ネズミの食害

札幌市新川緑地には、沢山こまゆみの木が植樹されている。こまゆみは低木なことから、冬期間は殆ど雪の下に埋もれてしまう。

野ネズミにとって、こまゆみの皮は、エサの無いこの時期は貴重な食料。根元から40センチ位綺麗に食われる。

弱い種類の木なら枯れてしまうが、こまゆみは生命力が強くこれしきのことでへこたれることはない。春には一斉に芽吹きが始まる。

札幌市も、ネズミの食害を研究しているのか、河川敷にはやたらとこまゆみの木が多い。

Dsc_0028_787x1400_731x1300_2

しかし、このように完全に食われては、手の施すようがない。

Dsc_0029_1400x787

樹木名は不明ですが、見事に食われている。

Dsc_0026_787x1400_731x1300

こまゆみの紅葉・昨年秋

Dvc00001

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月22日 走法ラン&ウォーク39.291歩「31.4km」

4月トータル800.831「640.7km」

達成率145.6%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

笑うカイチュウ・・・・・2

作者は藤田紘一朗「笑うカイチュウ」・・・先日の続き。 この本は1994年に発行された、この当時藤田さんは東京医科歯科大学医学部教授。医学博士(熱帯医学、寄生虫学専門)。

回虫の体内は殆ど生殖器、メスは1日20万個毎日卵を産む。 成虫になるとすぐオスとメスはガッチリ抱き合い、そのまま血管をさかのぼり、末端に至る。 メスはそこでオスと離れ死ぬまで毎日卵を産み続ける。

マス、サケは生食すると一般にサナダ虫といわれるものがいる。この虫に感染すると、ヒトの体内で10mにも達する。 1日10センチ成長する。この虫はからだの「フシ」つまり「体節」を7000個もっている。

驚くことに同じ体節内で受精できるばかりでなく、同じ虫の他の体節の生殖器とも、また他の虫の体節の生殖器とも自由にセックスできる。

感染したらオノレの体内で毎日セックスの繰り返しとは許せん。 最近コイツらが血管内で暴れているせいか、女のお尻に目がくらむ。 虫下しの薬を飲むかな(笑)。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月21日 走法ラン&ウォーク34.543歩「27.6km」

4月トータル761.540「609.2km」

達成率145.1%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

春よ来い 早く来い

周囲は、真っ白な山々に囲まれた札幌。4月後半に入っても、低気温が続いている。しかし、桜の蕾もみんな日増す毎に膨らんできた。

Dsc_0074_1400x787

ここで、GWに開花するよう神頼み

春よ来い

春よ来い 早く来い
あるきはじめた みいちゃんが
赤い鼻緒(はなお)の じょじょはいて
おんもへ出たいと 待っている

春よ来い 早く来い
おうちの前の 桃の木の
蕾(つぼみ)もみんな ふくらんで
はよ咲きたいと 待っている

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月20日 走法ラン&ウォーク48.167歩「38.5km」

4月トータル726.997「581.6km」

達成率145.6%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

砂丘

新川河口近くに見事な砂丘がある。日本海の荒々しい海は、冬に一層大荒れとなる。その影響を受け、この時期に綺麗な砂丘を見ることが出来る。

Dsc_0067_1400x787

人や動物の足跡もなく綺麗な風紋が残っている

Dsc_0057_1400x787

この砂丘の向こうは日本海である。

Dsc_0058_1400x787

砂丘は、大荒れになると、一瞬にしてその地形を代える

Dsc_0059_1400x787

若者たちのモトクロレースの練習場であることから、砂丘は無残に荒される。

Dsc_0060_1400x787

砂丘から眺めた小樽方面

Photo_2

砂丘から眺めた増毛方面(留萌・稚内方面)の山並みは雪に覆われ真っ白

Photo_3

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月19日 走法ラン&ウォーク47.776歩「38.2km」

4月トータル678.830「543.1km」

達成率142.9%

風は多少あるが、絶好のラン日和であった。今回は、中の川遊歩道を1周(3キロ)し、新川河口を往復する約38㌔コースである。

途中、前田森林公園を1周し、新川河口手前の獣道を通りオタナイ村(現在は原野)に入り新川河口へ出るコースをたどった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

我が家の庭に春が来た

ツクシが出て

Dsc_0011_1400x787

アイヌネギが顔を出し

Dsc_0015_1400x787

残雪の中かからフキノトウが姿を現した

Dsc_0012_787x1400

我が家の庭は春と冬がごっちゃ混ぜ

Dsc_0013_787x1400

アサツキやアイヌネギ、ジャーマンアイリスが共存している

Dsc_0014_1400x787

ツクシの佃煮(つくだに)の作り方

最初に鞘(はかま)を取る。はかまは固くて食べれないことから取り去る。はかまは、葉が退化したもの。

5分くらい熱湯に入れる。胞子が溶け込み綺麗な緑色に変わる。

(1) ゆでたツクシをフライパンに入れサラダ油を少したらして軽く炒めます
      (2) 次に、鰹(かつお)だしの素を入れ醤油と味醂(みりん)で薄めに味付けし蓋をして2~3分煮て下さい
(3) 一度味見してからつゆの素(麺つゆ)などで味付けを追加して仕上げます

ツクシはスギナの胞子茎で、約5億年前から、すでに地上に繁殖していた。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月18日 走法ラン&ウォーク35.416歩「28.3km」

4月トータル631.054「504.8km」

達成率140.2%

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

我が家の蜘蛛助天井を行く

一日の仕事が終わり、前方に漸く我が町、富丘地区が見えてきた。後方4つ目の山は手稲山、標高1023.1メートル。

手稲山は、1972年(昭和47年)第11回冬季オリンピック札幌大会として、アジアで初めて開かれた。手稲山では男女大回転、回転コース、ボブスレー、リュージュ会場となった。

 しかし、現在はそのほとんどが残骸と化し生きていないのが悲しい。メダリストが再び、手稲山に立った時に残骸を見るのは忍びない気がする。


昨年夏の画像、ボブスレーゴール地点。現在は左側も倒壊している。


家に帰ると、我が家の蜘蛛助が恐る恐る天井を歩いていた。手を放すとぼったり落ちる(笑)。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月17日 走法ラン&ウォーク35.359歩「28.3km」

4月トータル595.638「476.5km」

達成率140.2%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

札幌市排雪場所の雪山

札幌の積雪ゼロを記録してから、1週間ほど過ぎたが、新川下流には南極を思わせるような雪山がある。雪山は推定で6~7m位。

Dsc_0005_1400x787

重機の種類は不明。若しかしてバックホウ?により雪山を崩し雪解けの作業をしていた。

完全に消えるのは6月初旬頃。

Dsc_0002_1400x787

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月16日 走法ラン&ウォーク36.694歩「29.4km」

4月トータル560.279「448.2km」

達成率140.1%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

笑うカイチュウ・・・・・1

最近面白い本を読んだので、内容を抜粋してみた。

作者は藤田紘一朗「笑うカイチュウ」

この本は1994年に発行された、この当時藤田さんは東京医科歯科大学医学部教授。医学博士(熱帯医学、寄生虫学専門)。

3歳の子供が原因不明の発熱、と激しい腹痛でとある病院へ担ぎ込まれた。

若い先生は風邪、食当たり、胃ケイレンと思った、その時子供の口から回虫が出てきてビックリ、それでもこの先生は初めての経験でとっさの判断はできないでいた。この時、院長が通りかかり回虫症による腹痛と判断。

開腹手術したところ腸にびっしり詰まっていた回虫、数えたら90匹も出てきた。

またある時は76歳の老人が劇症の黄疸で死亡、遺族の承諾のもとに解剖したら120匹の回虫が出てきた。

原因は有機野菜。農薬、化学肥料を使わない野菜にあった。

最近の問題点として、医学部では寄生虫学教室は改組され、消滅していったことから専門医がやたらに少ない。

農薬や化学肥料を使うと回虫は死ぬ。

有機野菜は良く洗うか熱を通さないと回虫は生きている。

寄生虫は1日で20万個の卵を産む。

有機栽培とは、

農薬、化学肥料、除草剤、合成着色料、ホルモン剤等を使用しない栽培。

有機栽培といっても肥料は使う。それではどんな肥料を使うのか。

堆肥「廃物を積み腐らせて作る肥料(家畜の排せつ物や食品工場の廃棄物)」、米ぬか、油粕、魚かす。

気になるかたは駆虫剤を飲んでみては。

北京の有名な有機農場では農薬や化学肥料の袋が散在していたそうである。ここで栽培された有機野菜が日本に輸入されている可能性がある。

ラン&ウォーキング日記 

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月15日 走法ラン&ウォーク32.826歩「26.3km」

4月トータル523.585「418.9km」

達成率139.6%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

ジャン・コルぺ写真集

新聞記事を読んでいたところ、ジャン・コルぺ写真集が目に留まった。明治41年、100年以上前のガラス原版を写真集にしたものである。早速、LAWSONネットショッピングで購入(4.482円)した。

1908年(明治41年)、4人のフランス青年が、アジア旅行に出た。彼らはまだ20代であった。その1人ジャン・コルぺ氏は、写真機でガラス原版に訪れた各所の風景や人物を撮影した。

作者は(太田和子)いろんな経緯を得て、ジャン・コルぺの息子、フランソワ・コルぺ氏へ写真の複写を得ることが出来た。フランスでその作業に携わったのが濱朝子氏である。

足尾鉱山で、鉱石を手で選別し鉱石を砕く作業をしていた。女性はどう見ても10代でしかない。

足尾鉱山の鉱毒は、そこで働く労働者たちの身体を蝕んだことはよく知られた史実で、彼女たちはどんな健康状態で生涯を終えたのか気にかかるのだが。

北海道新聞引用

敦賀港

1400x1186_1300x1101_1200x1016

浅草

1400x1014

浅草の街並み

1400x1105

東京市内

1400x934

東京市内電車通り

1400x968

足尾鉱山で働く少女たち

1400x1155_1300x1073_1100x908

濱朝子氏のコメントの一部

Img195_944x1400_2

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月14日 走法ラン&ウォーク33.177歩「26.5km」

4月トータル490.759「392.6km」

達成率140.6%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

札幌ツーデーウォークコースを歩こう(1)

今回は、札幌歩こう会の主催で、6月21日、22日に開催される「北の都札幌ツーデーウォーク」の下見を兼ねたもの。札幌ツーデーウォークコースを歩こう(2)は4月20日に引き続き開催される。

北の都札幌ツーデーウォークは、日本全国からの参加者で賑わう、華やかな大会で18回目を迎える。

大会は、コースを確認することや、会員の親睦を深めるもので、マイペースで21キロを歩いた。私は会員でないことから、一日参加者のバッジを付けて参加させて頂いた。

コース

中島公園→円山動物園→大倉山ジャンプ競技場→農試公園→北大環状門→北大クラーク像→道庁正門→中島公園ゴール

円山公園遊歩道

Dsc_0001_1400x787

遊歩道は,残雪により滑る。ここを登ると円山動物園。

Dsc_0003_1400x787

円山動物園前を通り、大倉山ジャンプ競技場へ向かう

Dsc_0005_1400x787

先頭集団は快調に坂を登って行く

Dsc_0008_1400x787

大倉山ジャンプ競技場に到着。1972年「昭和47年」冬季オリンピック札幌大会のジャンプ競技場である。

Dsc_0011_1400x787

ジャンプ台の雪は融け、地肌を表していた。夏季には、サマージャンプが開催される。

Dsc_0012_787x1400

北海道大学の構内に入る。

Dsc_0015_1400x787

ウォーキングは競技でない、完歩することが目的である。しかし、私のようにトップゴールを目指す人がいる。今回の順位をつけたなら、私は5位である。1~4位は全て札幌歩こう会の方々。ご苦労様でした。

札幌歩こう会の方達は、皆とても良い人たち、お世話になりました。有難うございます。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月13日 走法ラン&ウォーク49.711歩「39.8km」

4月トータル457.582「366.1km」

達成率140.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

札幌は積雪ゼロと言うけれど・・・

札幌市の積雪はゼロ。ご覧の通り、我が家の庭も雪は殆ど消え、雪が囲いは全て取り去った。

Dsc_0004_843x1500

ところが、ベランダ側は、大雪が残り、雪が囲いは未だに健在。多い所で1mは残っているかも。

Dsc_0005_1500x843

物置は2個あるが、まだ使えない。柵はワンコ脱走防御用。

Dsc_0007_1500x843

隣の路地ではタンポポが弱々しく咲きだした。

Dsc_0003_1500x843_1400x787

昨日、中の川遊歩道は猛吹雪。春と冬が同居している我が町内。桜は咲くのか。

Dsc_0001_1500x843_1400x787

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月12日 走法ラン&ウォーク41.769歩「33.4km」

4月トータル407.871「326.3km」

達成率136.3%

最高気温は何度だったか確認していないが、一桁代後半であることは間違いない。しかも風が強く、体感温度は零度くらい。汗が出る暇もない程寒い一日、頑張って、約30キロのラン、3キロのウォークでした。

明日は、札幌は走ろう会主催のウォーキング大会。距離は20キロである。私は会員でないことから、飛び入り参加みたいなもの。拒否されるかも(笑)。

事前に了解を取ってある。当日、参加費500円を払うと何ら問題ない。明日は、事実上ウォーキング大会の幕開けである。

今年は、札幌は走ろう会にお世話になります。宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

女性の半数以上がイヤ! 見られたくない場所1位は○○

全国の25~45歳の女性300名に対して行った「現代女性のボディケア事情に関するアンケート」によると、8割以上の女性が1m以上離れないと、見自分の肌を見せるのに自信がないと答えています。

「至近距離から見られたくない」部分と言ったらどこですか?アソコ・・・違いますよ。あそこは割かし抵抗はないようです「バカ!(笑)」。

1位は、やっぱり「ワキ」(56.1%)。どんなにお手入れしていても間近で見られるのは避けたいですよね。見られたくない「悩み」ワースト3は「黒ずみ」(62.2%)、「ブツブツ」(40.6%)、「くすみ」(23.1%)でした。みなさん思い当たる節、ないですか? 女性なら、ワキのお手入れは一生続く悩みの種ですよね。1度でいいからドキドキしないでノースリーブを着たいものです。

東京バーゲンマニア引用 2012年8月28日

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月11日 走法ラン&ウォーク31.250歩「25.0km」

4月トータル366.102「292.9km」

達成率133.1%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

さくら さくら

長い眠りから覚めた、中の川遊歩道。右側の桜並木は、GWに向け蕾も膨らみ、行く人々の心を和ませる。


開花に向け、寒いけれど蕾は青みを帯びてきた。


それでは(さくら)の 歌を唄い、札幌に春を・・・・・

♪さくら さくら

♪弥生の空は 見わたすかぎり

♪霞か雲か 匂ひぞ出づる

♪いざや いざや見に行かん

ここで(空)は目の前に広がる空間を、(霞か雲か)は遠くに眺める桜の花を意味する。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月10日 走法ラン&ウォーク38.139歩「30.5km」

4月トータル334.852「267.9km」

達成率133.9%

いつものように追分通りを北上し、新川に差し掛かった所で右折、新川緑地の遊歩道が終わったところで迂回し会社へ。

帰路は、花川通りを通り、石狩市消防署を左折し手稲駅方面へ向かい帰宅。総距離約31キロであった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

札幌市新川に自生する奇妙な柳の木

新川緑地に自生する主な樹木は、真っ直ぐ伸びる白樺と、1本の株のから数十本の枝を四方八方に伸ばすカワヤナギの木がある。

白樺

Dsc_0006_900x1600_844x1500

カワヤナギ

樹形は素晴らしいと思うが・・・

1400x787_1300x731

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月9日 走法ラン&ウォーク29.288歩「23.4km」

4月トータル296.713「237.4km」

達成率131.9%

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年4月 9日 (水)

札幌市前田森林公園

早出のため、早く仕事が終わったことから、久しぶりに(今年初)前田森林公園へ行った来た。

前田森林公園は

「環状夢のグリーンベルト構想」における手稲緑地の中心となる拠点公園として、何もないところから新たに「森林」を作り出した公園です。
昭和57年から10年間かけて完成しました。
ふるさとの森、つどいの森、野鳥の森など、公園の半分が森で、春の桜から秋の紅葉まで一年を通して樹木を楽しむことが出来ます。
また、展望ラウンジから手稲山に向かって約600mのカナール(運河)がまっすぐに伸び、両側の240本程のポプラが空を仰ぐ景色は異国情緒を感じさせます。

所在地:札幌市手稲区手稲前田591番地4外

面積:597,258㎡

駐車場:北側479台、南側573台

札幌市公園緑化協会HP引用

歩道は一部除雪し、快適な散歩道となっていた。

Dsc_0021_1500x843

白樺林

Dsc_0011_1500x843_1400x787

Dsc_0016_1500x843

展望ラウンジからカナール(運河)は雪に埋もれ形態は分からない。後方は手稲山及び手稲山連峰。(標高1023m)

Dsc_0017_1500x843

公衆トイレは冬季間使用不可、管理棟のトイレは使用できる。

Dsc_0023_1500x843

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月8日 走法ラン&ウォーク29.836歩「23.9km」

4月トータル267.425「213.9km」

達成率133.7%

早朝5時に家を出た。外はうっすらと明るみを帯びていた。遊歩道は雪解けが進み、殆ど通行可。シューズは勿論夏用。無風状態で東の空が明るくなって、それから間もなく真っ赤な太陽が顔を出した。爽快な朝である。

追分通りを北上し、会社近くを通り稲積橋手前「6キロ」で折り返し出勤。殆どウォークであったことから、6時半に会社に到着。既に出張連中は出社し機器の準備をしていた。

15時退社、前田森林公園回りで帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

農園契約

今年で農地借用は10年になる。最初は1区画「15坪」のみであったが、昨年は4区画契約し、収穫が多過ぎたことから、今年は3区画「45坪」の契約とした。金額は1区画1万、今年は3万の出費。

場所は石狩市花畔(ばんなぐろ)。我が家から約10キロの距離にある。

畑はご覧の通り一面深い雪に覆われていた。

Dsc_0001_1700x956

畑は農園側で耕、簡単な肥料を蒔いた状態で借用。しかし、この状態では畑作は無理。私は耕運機を持っていることから、再度畑を耕、畝づくりをする。

写真は昨年の様子

T02200123_0300016812561585339

畑作に当たって禁止されていることは除草剤や農薬の使用。勿論肥料は有機肥料、化学肥料は使わない。健康に優しい野菜作りである。

今年の植え付けは、ジャガイモやトマト、南瓜、茄子、ピーマン、南蛮、大根、カブ、はつか大根、スイカ、その他。

畑は会社から5キロ位の距離にあり、退社後水やりなどを行う。勿論、車は使わない。2本の足が活躍する。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月7日 走法ラン&ウォーク37.658歩「30.1km」

4月トータル237.589「190.1km」

達成率135.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

白樺樹液

札幌市新川緑地には、至る所に白樺が生えている。

Dsc_0006_900x1600_844x1500 

白樺は寒冷地に良く見かけるが、本州にも分布しているポビュラーな木でもある。特に長野県や北海道に多く分布する。

4月初旬シラカバが芽吹きを始めると盛んに水を吸い上げる。んのりと甘く、ミネラルをたっぷり含んだ樹液は早春の森の恵みでもある。

木に穴を開けると24時間で1リットルくらい噴き出てくる。ジョギング中見かけたので写真を撮った。

樹液の採取は樹木の所有者の許可を取らなければならないが、ここは札幌市の管轄。果たして許可を得たのか?

Dsc_0003_900x1600_844x1500 

アイヌ民族の樹液を「タッニ・ワッカ」(シラカバの水)と呼び、水場がない場所で野営する際の、炊事の水に用いてきた。また、樹液は人工甘味料キシリトール原料になる。樹液に含まれる成分に人の表皮の保湿を促進する効用があることから化粧品にも利用される。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月6日 走法ラン&ウォーク32.992歩「26.4km」

4月トータル199.931「159.9km」

達成率133.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

11年ぶり珍事!野手が勝ち投手に

古いふる~い昔の話しなんだけど、ようするに昔話?。

プロ野球について、あんまり知らない人には訳わからん話し。それじゃ面白くないから分かるように話すね。

野球は簡単に言えば、玉を投げる人がいて「菌玉じゃないよ(笑)」、投げた球を打つ人がいる訳。言うのは簡単だけど、鬱じゃなく打つ人にしたら笑いごとでないの。

何故なら、沢山玉を打つ人は億単位のお金を貰うし、女遊びもする(笑)。

打てない人は女遊び出来ないで首。ようするに失業保険貰ってインスタントラーメン食う生活。

それで、選手の役割ははっきりしていて、投げる人と打つ人、これしかいない。投げる人は玉を打つのが苦手。だから打てなくても監督さんは大目に見てくれる。仕方ねえな!これで終り。ところが、鬱じゃなく打つ役目の人が打てないとね。監督さん怒るよ!アイツ、あんな玉を打てないなんて、アホか!と言われ、次の日から2軍と言って日陰暮らし。

ここから本題

3年位前なんだけど、延長19回までもつれ込んだ米大リーグのフィリーズ-レッズで、野手が勝ち投手になる珍事があった。

 フィリーズは19回、それまで二塁を守っていたバルデスを9番手としてマウンドに送る。目立った実績のない33歳は、中軸のうちの2人を打ち取るなど何とか無失点で切り抜け、その裏チームがサヨナラ勝ち。6時間11分の熱戦が終わった。

 記録専門会社によると、野手が勝利を手にしたのは、2000年のロッキーズの控え捕手メイン以来だという。

 ちなみにメジャー最長イニングは26回で、試合時間は8時間6分が最も長い。

私は巨人ファンですが、こんな話しは聞いたことがない。バルデスは元ヤクルトの選手。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月5日 走法ラン&ウォーク31.912歩「25.5km」

4月トータル166.939「133.6km」

達成率133.6%

朝起きて外を見たところ猛吹雪、4月だよ。でも、私の通勤は公共機関やマイカーは使わない。2本の足が戦力だが、この時期の吹雪はキツイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

落ち着かない晩酌

通勤は毎日、約20キロのラン&ウォーク。一日の唯一の楽しみは風呂上りの晩酌であるが・・・・・殺風景の晩酌風景ですが、これには訳がある。

Photo_6

 まもなく、小ギャングが現われ、日本酒を踏み台にしたり、蹴飛ばしたりし、日本酒は形を留めなくなる・・・・・

Photo_7

Dsc_0043_2

飽きてくると、次の標的は焼酎。踏みつけたり、転がしたりして遊んでいる・・・

Photo_8

ワシはおつまみを股間に挟み自己防衛

Photo_9

漸く飽きて、ワシの隣で食事にとりかかった。

Photo_10

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月4日 走法ラン&ウォーク 27.571歩「22.1km」

4月トータル135.027「108.0km」

達成率135.0%

霙降る寒い一日、手が凍えそうな寒さ、途中コンビニで軍手を購入。我慢の一日でしたが、ノルマを達成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

国道337号線を札幌市手稲区から小樽市銭函方面へ向かう ラン&ウォーキングコース

国道337号線は、北海道千歳市から北海道小樽市に至る一般国道である。

千歳市の中心から石狩平野の東側の農村部を走り、江別市、石狩市などを経由して、小樽市とを結ぶ。札幌の市街地は通過しない。

国道337号線。直線道路は約8キロ。前方の山並みは手稲連峰。

Dsc_0003

この、ラン&ウォーキングコースは、札幌市手稲区富丘から国道5号線を通り、更に曙通りに入り、国道337号線に合流し銭函駅へ向かう。銭函駅で折り返し、国道5号線を通り帰宅する30~35キロコースである。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月3日 走法ラン&ウォーク 35.620歩「28.5km」

4月トータル107.456「86.0km」

達成率143.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

札幌の遊歩道は春と冬が同居

札幌の積雪は22センチ、もう直ぐゼロになる。

遊歩道もご覧の通り。雪は消えた!春だ!

でも、誰も歩いていない

Dsc_0007_1700x956

ところが・・・・・冬の所もあるのだ!

Dsc_0005_1700x956_1500x844

1週間も経てば雪は完全に消える。

思いっきり走りまくってやる(笑)

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月2日 走法ラン&ウォーク 35.040歩「28.0km」 

4月トータル71.836「57.5km」

達成率143.7%

ウォーキング大会の案内が届く季節になってきた。

すでに

①北海道を歩こう②札幌ツーデーマーチ③北海道森林スポーツフェスタ④旭川大雪ツーデーウォーク⑤でっかいどうオホーツクマーチ(網走大会、北見大会)が入ってきた。これから続々参加申込書が届く予定(20大会以上)。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2014年4月 2日 (水)

動物は何故口が長いか

動物は犬や馬その他、殆んどの口が尖って、しかも人間と比較し、長い。

答えは簡単、彼らは手を使って食べることができないため、口先が尖がり、確率よく獲物を捕える必要がある。

サルは人間にちかく手を使うことができることから、ひらべったい口になっている。

魚は同じように体の全面に口がある。

これもすばやく、確率よく餌を捕食できるようになっている。

魚は同じ種類でも川に生息しているものと海に生息しているものとの違いは、川魚は口が大きいが海魚は若干口が小さい。

川魚の場合は餌が時々より流れてこない、それを確実に捕食する必要から口が大きくなった。海魚はプランクトンが多数捕食できることから、口が小さくても生存できる。

例として、見た目は常連でも殆ど見分けがつかないチカとワカサギ、キュウリウオ科に属するが、海に生息するチカと川に生息するワカサギの違いは口。

口が目玉の外側の端まであるのがワカサギ。目玉の真ん中まで口があるのがチカ。

チカとワカサギの違い

チカ


ワカサギ




口が目玉の外側の端まであるのがワカサギ。目玉の真ん中まで口があるのがチカ。ワカサギはチカと比較し、体は小さいが口は大きい。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月1日 走法ラン&ウォーク 36.796歩「29.4km」 

4月トータル36.796「29.4km」

達成率147.2%

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年4月 1日 (火)

なやむ・・・

新築か

リフォームか

新築だと3000

リフォームだと半分

なんで、この時期(笑)

ラン&ウォーキング日記

3月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

3月31日 走法ラン&ウォーク 36.476歩「29.2km」

3月トータル1.136.546「909.2km」

達成率146.7%

大幅に計画を上回って4月に突入。

いよいよウォーキングの季節。

4月13日20日は地元の大会。本格的な大会は5月25日「北海道を歩こう」33キロで開幕。その後大会は10月まで目白押し。毎週大会に追われることになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »