« 11年ぶり珍事!野手が勝ち投手に | トップページ | 農園契約 »

2014年4月 7日 (月)

白樺樹液

札幌市新川緑地には、至る所に白樺が生えている。

Dsc_0006_900x1600_844x1500 

白樺は寒冷地に良く見かけるが、本州にも分布しているポビュラーな木でもある。特に長野県や北海道に多く分布する。

4月初旬シラカバが芽吹きを始めると盛んに水を吸い上げる。んのりと甘く、ミネラルをたっぷり含んだ樹液は早春の森の恵みでもある。

木に穴を開けると24時間で1リットルくらい噴き出てくる。ジョギング中見かけたので写真を撮った。

樹液の採取は樹木の所有者の許可を取らなければならないが、ここは札幌市の管轄。果たして許可を得たのか?

Dsc_0003_900x1600_844x1500 

アイヌ民族の樹液を「タッニ・ワッカ」(シラカバの水)と呼び、水場がない場所で野営する際の、炊事の水に用いてきた。また、樹液は人工甘味料キシリトール原料になる。樹液に含まれる成分に人の表皮の保湿を促進する効用があることから化粧品にも利用される。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月6日 走法ラン&ウォーク32.992歩「26.4km」

4月トータル199.931「159.9km」

達成率133.3%

|

« 11年ぶり珍事!野手が勝ち投手に | トップページ | 農園契約 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/59422626

この記事へのトラックバック一覧です: 白樺樹液:

« 11年ぶり珍事!野手が勝ち投手に | トップページ | 農園契約 »