« 札幌市排雪場所の雪山 | トップページ | 我が家の庭に春が来た »

2014年4月18日 (金)

我が家の蜘蛛助天井を行く

一日の仕事が終わり、前方に漸く我が町、富丘地区が見えてきた。後方4つ目の山は手稲山、標高1023.1メートル。

手稲山は、1972年(昭和47年)第11回冬季オリンピック札幌大会として、アジアで初めて開かれた。手稲山では男女大回転、回転コース、ボブスレー、リュージュ会場となった。

 しかし、現在はそのほとんどが残骸と化し生きていないのが悲しい。メダリストが再び、手稲山に立った時に残骸を見るのは忍びない気がする。


昨年夏の画像、ボブスレーゴール地点。現在は左側も倒壊している。


家に帰ると、我が家の蜘蛛助が恐る恐る天井を歩いていた。手を放すとぼったり落ちる(笑)。

ラン&ウォーキング日記

4月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

4月17日 走法ラン&ウォーク35.359歩「28.3km」

4月トータル595.638「476.5km」

達成率140.2%

|

« 札幌市排雪場所の雪山 | トップページ | 我が家の庭に春が来た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/59485463

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の蜘蛛助天井を行く:

« 札幌市排雪場所の雪山 | トップページ | 我が家の庭に春が来た »