« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

逃走中!!2014in前田森林公園

29日、子供相手に札幌市前田森林公園において逃走中のゲームが開催された。前田森林公園はラン&ウオークのコースでもあることから、ゲーム開始時間に合わせ見学に行って見た。

当日は日曜日でもあり、参加者は数千人と思われる。我が家からは孫娘1と孫娘2が参加したが、孫娘2はウロウロするだけ(笑)。

O0800098712987819984_800x987_2
受付を待つ子どもと保護者たち

O080004491298782176610時カナール(運河)を挟んでゲームは開始された。前方の山は、札幌冬季オリンピック競技場となった手稲山

O0800142212987822187_731x1300
ハンターが現われた。

O0800107312987820346

逃げ惑う孫娘1

O0800098412987821298

逃げ惑う孫娘2(右側)

O0800150212987864338_692x1300s
ゲームは12時で終了!

ウォーキング日記

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月29日 走法 ラン&ウォーク 35.216歩(28.2km)

6月トータル 1.160.658歩(928.5km)

達成率160.1%



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

積丹の奇岩

5月の末、釣りに出掛けたが、さっぱり釣れず、積丹の奇岩を写してきました。

積丹半島の火山群の山裾が直接日本海の荒波に洗われ、海面から100m以上

の高さの海蝕崖景観を形成しています。また、随所に窓岩、神威岩、女郎子岩、ローソク岩などの奇岩、怪石類、岩礁が見られ、海浜にはハマナス、ハマエンドウ、エゾスカシユリ等も見られます。

ハイキング、キャンプといった自然探勝や、海水浴、海釣りなども楽しまれています。北海道より抜粋

神恵内・窓岩(片目ネコ岩とも言う)


ローソク岩

岩内町・遠方に見えるのが弁慶の刀掛岩


岩内町・カスペ岩

セタカムイ
ち〇ぽこに似てる(笑)。セタカムイとは、アイヌ語で(犬の神様)と言う意味で、海に出て真横から見ると犬が遠吠えしている姿に見えるとのこと。



獣にみえるが?。


何に見えますか?積丹、来岸トンネル付近


神威岬の断崖の下にある「水無の立岩」・正面に念仏トンネルが見える

神威岬・神威岩

ウォーキング日記

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月28日 走法 ラン&ウォーク 60.183歩(48.1km)

6月トータル 1.125.442(900.4km)

達成率160.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

お花畑

朝夕通る私の出勤、退社コースはいろいろろな野草の花々に埋め尽くされている。今が花たちの青春を謳歌する季節である。

O0800035712986026049
黄色い花は豚菜(たんぽぽもどき)、向こうに見えるピンクの花はハマナス、写真の右側は見えないが新川となる。

O0800041312986026864
バラ
O0800046112986027522
ハマナス街道
O0800109112986027930
イタドリの群落地・いろんな小鳥たちの巣作りの場となる。O0800078312986028223
突然飛行船が現われた。
O0800066212986028401_800x662
ウォーキング日記

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月27日 走法 ラン&ウォーク 32.022歩(25.6km)

6月トータル 1.065.259歩(852.2km)

達成率157.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

ダニの襲撃

25日、作業を終え何時ものように中の川遊歩道を通り帰宅を急いでいた。

左目の下に違和感を感じ、擦ってみた。何か変である。

更に、触ってみたところ、突起物が、吹き出物かと思いつつ、

それほど気にはしなかったが、何故か痒い。

ダニ?と半死半疑で近くのコンビニトイレで確認、間違いない。

家に帰り脱脂綿に焼酎を浸し、ダニの上に被せ、血の替わりアルコールを飲ませた。

ダニはこんな液体を飲むのは初めての経験。

なんだこれ!と思ったに違いない。

ワシの考えでは酔っぱらえば、フラフラになり血を吸うのは止めると思ったが、敵さんは

そんなに甘くはなかった。

面倒臭いことから毛抜きで引っ張ってみた。すると簡単に離れた?

毛抜きをよく見ると頭が無い。胴体だけが離れたのだ!

頭は眼の下の肉に食い込んでしまった。

翌朝、吾輩の顔を観てびっくり、左目は腫れ半分塞がっていた。

会社の女の子に状況を話し、通院後出社する旨伝えた。

皮膚科に一番で駆け込んだ!

ドクターにダニの話しをした。

診察結果、頭部は残っていることから、麻酔をかけ、電気メスで焼くと言う。

眼の下の麻酔注射は痛いらしい。と言うが、本当に痛かった。

間違っても目ん玉に注射するなと願いつつ、無事に終わって一安心。

治療方法は電気メス以外に塗り薬と飲み薬1週間分出た。

1週間後再検査である。

ドクター曰く

ダニは菌を持っていることから、体内に入ると、場合により死亡することもあると脅かされて帰ってきた。

26日夕刻、既に24時間経ったが、腫れはある。

ウォーキング日記

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月26日 走法 ラン&ウォーク 32.012歩(25.6km)

6月トータル 1.033.237歩(826.6km)

達成率159.0%

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

「死体の花」が相次ぎ開花、米植物園に見物客が殺到

http://news.ameba.jp/20140624-285/

ウォーキング日記

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月25日 走法 ラン&ウォーク 36.580歩(29.3km)

6月トータル 1.001.225歩(801.0km)

達成率160.2%

ついに100万歩達成、残り5日あることから、115万歩まで届くか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

野菜の生育状況

帰宅時迂回し,石狩の畑へ寄ってきた。

ジャガイモ(キタアカリ、べニアカリ、男爵)の生育状況は順調、8月中旬頃の収穫予想
O0800142212983074376_731x1300
つる無しインゲン
O0800142212983075107_731x1300
春大根
O0800044912983076880_800x449
カボチャ
O0800142212983077565_731x1300
トマト(ももたろう)
O0800142212983079021_731x1300
キュウリ
O0800044912983080817_800x449
他に、ピーマンや、茄子、激辛ナンバン、スイカ、ゴーヤ、トウモロコシ、春菊、はつか大根等を植えている。

ウォーキング日記

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月24日 走法 ラン&ウォーク 34.563歩(27.7km)

6月トータル 964.645歩(771.7km)

達成率160.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

網走刑務所の食事

法律を犯した3人が、お縄を頂戴し網走刑務所へやって来た。

今回は網走刑務所の食事を紹介します。
どうです、豪華版ですね。

皆さんの弁当より立派でしょ(^-^)

でもね、この弁当は一年で一回のみ。
はい!そうなんです。
お正月一回だけ。

O0800044912978507004

作業中は立食の場合もあったらしい。

麦ご飯とみそ汁、タクアン3切れ、魚類


朝食、夕食は監視付き

博物館網走監獄では、現在の網走刑務所で収容者が食べている食事のメニューを再現し「体験監獄食」として食べることができる。実際に刑務所の食堂として使っていた「網走刑務所旧二見ケ岡農場食堂棟」を監獄食会場としています。食事をされた皆様から「意外に美味しい」と評判の『塀に隠された秘密のレシピ』、味わってみませんか?

これが監獄食!

麦飯(麦3:白米7)、焼き魚(さんま or ホッケ)、小皿、中皿、みそ汁。

現在の網走刑務所の昼食として出された食事メニューを再現したものです。本来は、みそ汁ではなく番茶が出されています。

監獄食A 720円 焼き魚がさんまです。

博物館網走監獄より抜粋

ウォーキング日記

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月23日 走法 ラン&ウォーク 31.979歩(25.6km)

6月トータル 930.082歩(744.1km)

達成率161.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

第18回北の都札幌ツーデーウォーク2日目

2日目のコース

私は30kmコースに参加した。

A、西岡公園コース30km

B、札幌ドームコース20km

C、精進河畔公園コース10km

D、豊中公園コース5km

参加者は32都道府県から延べ2500名以上が参加し、緑あふれる札幌の街並みと、風がさわやかに薫コースを歩き、心地よい汗を流した。

O0800042212980915558_800x422
今日も小学生と思われる子ども3人と若い夫婦の姿も見られた

O0800044912980916590_800x449
8時30分、30キロ、20キロコースが一斉にスタート。昨日の汚名挽回に燃えていたが、やっぱし下位スタート。 前を行くウォーカーは既500名以上。しかし、6キロ地点ではトップに出ていたが、直ぐに思わぬアクシデントが。

O0800099012980917220_800x990
15キロ地点で直進の矢印が目に入った。私は不動産屋さんの看板とは知らず、直進した。けれど、行けども次の矢印が出てこない。ここで変だと思った。誰も後ろから着いて来ない。既に500mは来ている。 引き返し看板を確認。880万円と書いてあった。

O0715086112980920195_715x861
その隣を良く見たところ、信号を渡り左折とある。トップ集団は消えていた(笑)

O0542077612980920372_542x776
この時点でもトップ集団は見えない。トップ集団が見えてきたのは、残り10キロを切ってからである。

O0800104512980917786_800x1045

コースを間違え1km多く歩いたことから、昨日の疲労も重なり足が上がらなくなっていた。けれど、気力を振り絞りの残り4キロ地点でトップに出、トップゴール。 昨日と同じ30kmであるが、コース条件も異なることから、タイムは4時間36分でした。

O0800093412980920652_800x934
受付風景

O0800044912980919312_800x449

ウォーキング大会は競技でなく、完歩することが大きな目的である。

ウォーキング日記

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月22日 走法 ラン&ウォーク 66.935歩(53.5km)

6月トータル 898.103歩(718.5km)

達成率163.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

第18会北の都札幌ツーデーウォーク

6月21日、22日・札幌を歩こう!第18回北の都札幌ツーデーウォークが中島公園をスタート、ゴール会場として開催されている。

コースは

21日

A、屯田防風林コース30km

B、農試公園コース20km

C、桑園ふれあい公園コース10km

D、赤レンガコース5km

22日

A、西岡公園コース30km

B、札幌ドームコース20km

C、精進河畔公園コース10km

D、豊中公園コース5km

参加者は32都道府県から約1000名参加し、緑あふれる札幌の街並みと、風がさわやかに薫コースを歩き、心地よい汗を流したことと思います。

私は21日、22日は30kmコースにエントリー。

21日

札幌大会に、日韓関係がこずれるなか、有りがたい事に韓国からも8名参加していた。この大会は健脚者が多いことからトップゴールを目指すことは容易でない。

私は何時ものように下位スタート。

O0800044912979846940

小学生らしき子ども2人とお母さん

O0800142212979845368_731x1300

円山公園を行く女性ウォーカー

O0800136512979845942_762x1300

円山公園遊歩道

この辺りで100番目位まで順位を上げてきた。

O0800137312979844964_757x1300

大倉山ジャンプ競技場を横目に見ながらトップ集団を追う。しかし、姿をとらえることは無い。

O0800087012979891663_800x870

キツイ坂に差し掛かっている

O0800067712979846653_800x677

以降、写真を撮る余裕は無くなってきた。先頭集団に食らいついたのは15キロ地点。4人いた。

私も加わり5人となり。その内、2人は知っているが、2人は初めて見る顔。

何度かトップに出てみたが、直ぐ追いつかれた(笑)。

我慢勝負となった。残り7キロとなり、再度前に出た。1人は追い付いてきたが、残り3名の気配はなかった。

ゴール手前300m位で追い抜かれた。

相手の背後を追走したが、そのままゴール。

結局トップゴールにならなかった。

タイムは3時10分。1km6分20秒。すこぶる良いタイムである。

ウォーキング大会は競技でない。完歩することが大きな目的である。

ウォーキング日記 

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月21日 走法 ラン&ウォーク 61.523歩(49.2km)

6月トータル 831.168歩(664.9km)

達成率158.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

逃走中!!2014in前田森林公園 

我が手稲区に6月29日に逃走中!!2014がやってくる。

孫娘も参加すると張り切っている。

私は、テレビで一度見たことはあるが、よく分からない。

と、言っても、これは札幌市手稲区の行事でテレビ等とは一切関係なし^^

足に自信あるハンターを募集していることから一応応募した(笑)。

ウォーキング日記 

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月20日 走法 ラン&ウォーク 30.083歩(24.1km)

6月トータル 769.645歩(615.7km)

達成率153.7%

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

神威岬灯台

5月のある日、仕事帰り国道229号線を通り、積丹町に入り神威岬に寄って見た。

当日は、風が強く神威岬への歩行は禁止かと思われたが、規制は敷かれていなかった。

神威岬の地図
 

神威岩・神威岬の伝説
文治五年(一一八九)平泉の戦いにやぶれた源義経
は兄頼朝に追われ、蝦夷地の日高平取の酋長宅
にたどり着いた。
酋長の娘「チャレンカ」は義経を強く恋い慕って
いたが、義経は時を空しく過ごすのに忍びなく、
行方を告げずに酋長宅を出て北ヘ進み、神威岬
にたどり着く。
それを知ったチャレンカは義経を追い、やっと
神威岬に着いたが、時遅く義経はすでに船出し
た後だった。
遥か沖を行く船に向かい、神威岬からどんなに
呼んでも及ばず、悲しみに泣く声は吹きすざぶ
風の音にかき消され義経の耳へは届かなかった。
悲しみにうちひしがれたチャレンカはついに気
が狂い、神威岬から海へと身を投じた。
そして間もなく、チャレンカは神威岩に化身し
たと伝えられている。
「和人の船、婦女を乗せて、
           ここを過ぐれば転覆せしむ」
これはチャレンカが最後に残した呪いの言葉と
いわれている。
以来、神威岬と神威岩は「オカムイ」と称され、
女人禁制の場所になったと伝えられる。

北海道には義経伝説はいたる所にある。岩内町から南西に10キロ程行った所に雷電岬があり、そこに弁慶の刀掛け岩がある。

我が街の手稲山には義経埋蔵金伝説がある。伝悦じゃなく事実かも!

女人禁制の門(強風になるとここから先は通行止めになる)。写真はボケ、申し訳ない。

電磁台(電波探知塔)
明治三十七年五月六日、神威岬の無電所が神威
岬沖合にウラジオ艦隊が出没していることを受
電し、それが原因で大騒ぎになったことがある。
翌年の明治三十八年五月六日にも神威岬沖合に
ロシアの軍艦が出没したことで騒ぎが起こり、
住民の安全を守るという意味で灯台を一時消灯
したことがあった。
昭和十五年、ロシア軍が北海道に上陸する情報
をキャッチするため無線塔一基、レーダー三基
を神威岬に設置する計画を立て、二年後の昭和
十七年に完成した。
その名残がこの電磁台である。

念仏トンネル

念仏トンネルの由来
大正一年(一九一二)十月二十九日午前八時半ご
ろ、神威岬灯台の草薙灯台長夫人、及び土谷補
員夫人とその二男(三歳)が天長節(天皇誕生日)
のお祝いの品物などを買い出しに余別市街へ行
く途中、ワクシリ岬付近で荒波に足をさらわれ
海中に落ちて溺死した。

ワクシリ岬は断崖絶壁、下は波打ち際の険
しい地形で、なぎや干潮の時はわたることがで
きるが、そうでないときは容易に越えることの
できない難所である。


土地の人々はこのような海難事故が再び繰り返
されないようにするため、大正三年にトンネル
を造る計画をたて着工した。

開削作業は岬の西側と東側の両方から同時に始
められたが、測量計画の誤算か開削技術が未熟
なためか、トンネルの中央で食い違いが生じ
事が頓挫してしまった。

ところが村人たちが犠牲者

の供養をふくめ、双方から念仏を唱え鐘を
打ち鳴らしたところ、その音で掘り進む方向が
わかり工事を再開することができたのである。

このようにして大正七年十一月八日に開通とな
り、以来
「念仏トンネル」の名がある。
また、この全長六十メートルのトンネルは割合
低く中が真っ暗なため、「念仏を唱えながら
通ると安全である」と言い伝えられている。

万里の長城を思わせる神威岬への道。当時神威岬の狭い場所に家族の住宅があった。今も鉄の手すりの残骸が残っている。

神威岬灯台

女人禁制の地に建つ灯台

この灯台は、北海道庁が明治21年(1988年)から6年間にわたって20基の灯台を建設した

最初の灯台であり、明治21年8月25日に初点灯しました。北海道の現存する灯台では5番目に古いものです。

海上保安庁

神威岩・高さが80メートル

神威岩の隣にメノコ岩があるのですが、写っていない。申し訳ない。

北の辺境の地で、日夜航海の安全のため「守灯精神」のもと厳しく、辛い灯台守の生活と
地域の方からの敬意をここに御紹介します。
 そして、安全への願いを込めてこれからも光り続ける灯台を大切にして下さい。

◆「恨みますぞいお神威さまよ、なぜに女の足をとめる」(江差追分)
ここ神威(かむい)岬は風光明媚な景色を人々に堪能
させてくれる一面、古くは西蝦夷三険岬の一つとして、
航海の難所として知られています。
 灯台ができた明治21年(1888年)には職員3名が勤
務し、灯台にたどり着くには余別の集落から片道4kmも
の険しい山道を登ったり、降りたりしていました。
 特に、岬に近づくと崖が続き一歩踏み外せば海に落
ちてしまう怖いところが何箇所もあり、子供や女性にとっ
ては困難を極め、灯台の職員家族や灯台を訪れる人
は、海岸の大きな石を飛びはねながら伝って歩くのが普
通でした。                               灯台遠景(撮影年不祥)
 生活は、天水を貯め、これを生活水として利用し、電
気のない時代ですのでランプを灯し、食料は自給自足
が欠かせなかったようですが、米、味噌、醤油、塩とい
った日用品は木船の備船で買出ししていました。
◆「何阿弥陀仏、ナミアミダブツ、なむあみだぶつ」
 大正元年(1912年)10月の天皇誕生日に灯台長
婦人と三歳の次男、補助員の奥さんがお祝いの食料
品を買出しに余別まで行く途中大波に飲み込まれ行方
不明になってしまいました。                    灯台と神威岩(撮影年不祥)
 村人たちは、これに心を痛め協力してトンネルを掘ることになり、手にタガネ、ハンマー、そ
して掘り出した岩を運ぶモッコなどの道具をもって集まり、光りが届かない真っ暗な中、一ノ
ミ、一ノミのみ堀り続け、7年の歳月をかけ大正7年(1916年)に心暖まるトンネル(念仏トン
ネルと呼ばれています。)が完成し、灯台職員や家族、そして灯台を訪れる人たちの安全
が守られました。
 神威岬灯台は昭和35年(1960年)の無人化になるまで、職員90人とその家族により守
られました。
 参行文献:「北の灯台を守る人々」小山心平著
        「灯台風土記」燈光会刊
                           第一管区海上保安本部
                           小樽海上保安部 平成21年9月

ウォーキング日記 

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月19日 走法 ラン&ウォーク 39.510歩(31.6km)

6月トータル 739.562歩(591.6km)

達成率155.7%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

自然がいっぱい

中の川遊歩道には、いろんな草花が咲き乱れている。

コウリンタンポポ

拡大


豚菜(タンポポモドキ)

拡大

ハマナシ

拡大


バラ(種類は不明)

花の名は不明

拡大

アカツメクサ

拡大

遊歩道をマガモの♀が散歩中・・・警戒感ゼロ、1m近くまで寄ったが、慌てる風は無し(笑)。

イタドリの向こうに見えるのは我が町、その後方は手稲山連峰(通称裏山)

夕暮れ、庭から裏山を撮影。しっぽりと霧に包まれている。高い木は我が家のコウヤマキ

 

ウォーキング日記 

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月18日 走法 ラン&ウォーク 35.591歩(28.5km)

6月トータル 700.052歩(560.0km)

達成率155.0%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

気になるカーテン

私がホテルに泊まる度に気になるカーテンがある。
これ!

部屋にある風呂のカーテン、洗濯しているのかと?

もしかして、簡単に水をかけて終わり?
だとしたら、気持ち悪い。
部屋着と同じように毎日洗濯したものと取り替えるべきでは?

あるTホテルのカーテン
二泊したことから調べてみた。
前日風呂に入った時、カーテンの吊り金具を一個外して置いた。



洗濯したなら金具は全て付いているはず
ところが

前日と同じ。
洗濯していないなら不潔極まりない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッカの大地北見ツーデーマーチ

15日1日目32キロ

開会式は

今日のコースは、中盤に峠越えが待ってることから、ひとつ縄で行かない。
トップ争いは置戸の方と兵庫県の方と初めから分かっていた。
私は何時ものように後方についていた。
5キロ過ぎないと調子が出ないのだ。
その5キロ辺りから3人の並走が続いた。
峠に差し掛かる2キロ前から前に出た。
峠に入り、直ぐにスピードウォーキングに切り替えた。
峠を休むことなく、登り切ったところで、1キロ後方を確認。
二人の姿は見えない。
余裕がでた所で写真を撮りまくった。
北見の地平線の彼方まで続く畑をご覧下さい。



皆様の食材は、空気や水の綺麗な大自然で作られているのです
TPPに加盟したなら、北海道農業は壊滅的な打撃をうける

話しを戻して
結果はトップゴールでした。
ゴールタイムは11時15分。所要時間は4時間15分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お友達

ホテル5階から写した北見市内。
早速飲んでる(笑)。
今日のお友達はこれ!

夜のお友達はいない(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網走大会2日目

2日目は30キロだったが、コースの一部に熊が出没する情報が入ったことから、コースを大幅にカットされた。
今日も東京農業大学生の皆さんが応援に来てくれた。

可愛い娘ちゃんも来てくれた。

昨日の疲れが取れず、トップゴールを諦め下位スタート。
されど、途中から虫が騒ぎ出した。
徐々に順位上げて行った。
先頭集団が見えて来た。

でも、距離が離れぎみになってきた。
スピードウォーキングのギヤをサードに入れた。距離は徐々に近づいてきた。追い付いてから並走が続いたが、トップに出た。しかし、いつの間にか追い付かれた。
長い登り坂に差し掛かったところで、ギヤをトップに切り替えた。後ろを振り向くことはしなかったが、カーブで後方を確認。200メートル程離した。
ゴール手前2キロ、網走川河川敷の直線に入ったところで300メートル後方を確認出来た。姿がない。
やったと思った。

タイムは、10時10分。
距離は短縮されたが3時間10分
でした。

明日は北見大会、32キロ
がんばります(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オホーツク網走ツーデーマーチ

第27回でっかいどうオホーツクマーチ網走大会の1日目35キロが13日行われた。
東京農業大学応援団が来た

可愛い娘ちゃんも来た

前7時スタート時は小雨降る嫌な天気。
私は何時ものように後方を歩いていた5キロ辺りからペースを上げ、10キロ地点でトップに出たが、又してもコース間違い。気を取り戻しコースに戻った。
暫く5人で並走。畑作地帯に入ったところで、猛烈な風雨。
ここから前に出た。
風雨が激しくなり、雨具の帽子部分から破れた。

首回りから雨が入りびしょ濡れ。残り10キロでチェックポイント。ここで豚汁をご馳走になり、正気を取り戻し、その勢いでゴール。タイムは11時30分、4時間30分で歩き切った。素晴らしいタイム。勿
論トップゴール。
ウォーキングは競技でない。完歩が目的。しかし、私のようにトップゴールを目指す人が多い。

明日は網走大会2日目、30キロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網走から

大会1日目が終わり、ホッとしている。
ぽぽ260と言う海公園みたいなところ。何も無いところ。



知床連山は生憎の天気で見えない。オホーツク海です。

♪はるか遥か彼方にゃ
オホーツク
高倉健の網走番外地を必ずや歌う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網走刑務所2

網走刑務所では、門番が厳しく入館者を


囚人の独房は放射線状につくられていて、脱走は100%無理

しかし、不可能を可能にする御方は何処にもいる。

白鳥さんは、人生の鏡。

脱走風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

網走刑務所

一年ぶりの再訪。丁度食事中であった。

食事中手を挙げた


看守、何か用か?


囚人はウンコと言った。
よし、行け!

こっち見るな!

ウォーキング日記 

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月17日 走法 ラン&ウォーク 11.560歩(9.2km)

6月トータル 664.461歩(531.6km)

達成率156.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

<カモ親子救出劇>あっぱれ!道警警官 ツイッターで大反響

毎日新聞 6月16日(月)20時51分配信    

 ◇「癒やされる」「可愛い」 リツイート1万2000件

 札幌市中心部の幹線道路の中央分離帯に迷い込んだカモの親子7羽を助けようと、北海道警の警察官2人が近くの川まで誘導した。この様子を撮影した写真が短文投稿サイト「ツイッター」に投稿されると大反響を呼び、リツイート(転載)は約1万2000件に。「癒やされる」「可愛い」と話題を呼んでいる。

【写真特集で見る】カルガモ 仲良しカモね

 「国道の中央分離帯にカモの親子がいる。危険だ」と110番があったのは6日午前11時半ごろ。現場は札幌随一の繁華街・ススキノ近くの札幌市中央区南4東3。片側3車線の国道36号で、トラックやバス、乗用車が頻繁に行き交っていた。

 現場近くの薄野交番にいた札幌中央署地域課の板井田祐弥(ゆうや)巡査(21)と町田航(わたる)巡査長(24)がパトカーで急行すると、中央分離帯の茂みに親ガモ1羽と子ガモ6羽が迷い込んでいた。上空には数羽のカラスが旋回し、親子ガモを狙っている様子だった。

 2人は交通整理用の板を使って移動を促そうとしたが、カモの親子は分離帯の中を逃げ回るばかり。途方に暮れた板井田巡査は以前、近くの川で見たカモの習性を思い出した。「子は親についてくるはず」。親ガモを両手で持ち、子ガモたちに見せるように歩くと、ヨチヨチとついてきた。

 子ガモたちの小さな歩幅に合わせてゆっくりと車道を横断して歩道に入り、東に約200メートル離れた豊平川まで20分かけて誘導した。親ガモを川面に放し、泳ぎ去っていくカモの親子を見送った。

 この光景を車中から見ていた同市白石区の男性会社員(37)が「(警察官の)優しい人柄が出ていて、ほほ笑ましい」と、撮影した写真をツイッターに投稿した。板井田巡査は「車や自転車は誰も文句を言わず止まってくれた。無事に助けることができたのは皆さんの協力のおかげ」と話した。【日下部元美】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人工芝で出来た車

姫路ナンバーの車を見てビックリ。
ここは、網走市網走刑務所博物館の駐車場。
ビックリしたのは私だけではない。
観光客は写真を撮りまくっていた。
本人は博物館を見学中らしい。
まず、車をご覧下され!



屋根から前後、側面全てに人工芝を張り付けてあった。
お見事と言うしか言葉が見付からない。
疑問に思ったのは、違法でないのか?
改造車になると思うのだが?

ウォーキング日記 

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月16日 走法 ラン&ウォーク 59.928歩(47.9km)

6月トータル 652.901歩(522.3km)

達成率163.2%

ウォーキング大会期間中、大会距離127km及び練習も含め

268.032歩となったことから、達成率を大幅にアップした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

すずらん

むかし、むかし、そのむかし、おじちゃんが住んでる札幌市富丘地区はスズランの群生地であったとさ。

光風館に続く、温泉通りの両側は、勿論住宅は一軒もなくスズランが密集していたと言う(富丘在住の長老)。その内光風館について記事を書く予定。

ちなみに光風館とは豪華絢爛の温泉亭であったと言う。

高松宮妃殿下が、徳川喜久子姫の時分、夏休みをここで過された。

 

群生地のスズランでなく我が家のスズラン

 
 

それでは、歌を唄ってお別れ!

♪スポーツカーで二人きり

 

♪山並み仰ぎ飛ばしたい

 

♪すずらん鳴らし

 

♪笛のね高く小さかろうと

 

♪賑やかに

 

♪一目会いたい一目会いたい

 

♪すずらん娘

ウォーキング日記 

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月11日 走法 ラン&ウォーク 30.920歩(24.7km)

6月トータル 384.869歩(307.9km)

達成率140.0%

お知らせ

明日から16日まで、出張やウォーキング大会参加(網走、北見)により。

記事やコメント、ベタ等が不規則になり、皆様にご迷惑をおかけすることとなります。

何卒宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

トリカブト

今年もまた、野草のエゾトリカブトが庭に生えてきた。花が綺麗であることから自然の成り行きに任せている。

トリカブトの種類は日本に30種類ほどあり、エゾトリカブトの毒は最強。

花言葉は復讐、人嫌い、それに栄光

致死量は一本の根で50人も殺すことができる。体重1kg当たり0.3g。毒性は青酸カリと何ら変わらない。アイヌは根からエキスをとり矢じりに塗り熊を仕留めていた。

トリカブトの毒(アコニチン)は根に多く含み、解毒剤は存在せず。一度致死量を飲めば助かる見こみは限りなくゼロ。

だいぶ前、保険金殺人の手段として妻を何人もめとっては殺したヤツがいた。

昨年のエゾトリカブトの花

Dsc_0004_360x640

以下昨年の記事を再投稿

かじるとビリッとした痺れが舌の上に走り、その感覚が続きます
初期症状では、のぼせ、顔面紅潮、めまい、しびれ感(口唇や舌)、心悸亢進、胸(心臓部)の灼熱感さらに中毒症状が進むと、流涎、言語不明瞭、悪心・嘔吐、冷感、腹痛が見られ、末期症状でチアノーゼ、瞳孔散大、体温低下、血圧低下、不整脈、呼吸麻痺。

誤って食べてしまった場合、すぐに吐き出し病院へ。
処置としては、胃の洗浄、吸着剤・下剤の投与、酸素吸入、循環系・不整脈の治療となります。

猛毒の野草であるが、栽培しても何ら違法とならない。

ウォーキング日記 

6月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月10日 走法 ラン&ウォーク 38.495歩(30.8km)

6月トータル 353.949歩(283.2km)

達成率141.6%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

糸とんぼ

札幌市新川河川敷で今年初めてトンボを見た。
孵化して間もないと見え、弱々しく飛びすぐ葉っぱに止まる。
種類は分からないが、糸トンボであることは間違いない。

これから河川敷はいろんなトンボが飛び交う季節となる。

ラン&ウォーキング日記

6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月9日 走法 ラン&ウォーク33.320歩「26.7km」

6月トータル 315.454歩「252.4km」

達成率140.2%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

我が家のアヤメ

我が家の庭に、五種類のアヤメ(菖蒲)は咲いているが、花菖蒲カキツバはない。字をみておやっと思われた方がおられると思うが、アヤメと花菖蒲は同じ漢字を書く。



違いは

アヤメの花弁元は図のように網目模様

花菖蒲は花弁元は黄色い目型模様(我が家には花菖蒲やカキツバタは無いことからネットから借用)

カキツバタの花弁元は白い目型模様

ラン&ウォーキング日記

6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月8日 走法 ラン&ウォーク35.176歩「28.1km」

6月トータル 282.134歩「225.7km」

達成率141.1%

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

こんな車のナンバープレートは嫌だ!

最初に車を購入したのは、パブリカ1000cc、黄色。勿論全額ローンで5年間苦しむことになったのは言うまでもない。

今回のテーマであるナンバープレートは42-79であった。この頃数字については何ら興味はなかった。

友人に言われて初めて気づいた。 お前の車のナンバーは「死人泣く」でとんでもないナンバーだと言われたが、左程気にはしなかった。

月日は流れ、2台目を購入した。車種はスプリンタークーペ1200cc。前回の車に比べ、少しグレードアップ。

このころ、可愛い彼女がいた。名前は佐津子と言う。この時のナンバープレートは人生をひっくり返すような番号「札5も42-74」・・・分かりますか?

「佐津子も死にナヨ」です。この時点で、気付くことはなかった。

クレームは彼女から。私を馬鹿にしているの?と怒り狂った。 番号を替えないと、私この車に乗らない。

その頃、仕事が忙しく、ナンバーのことは忘れていた。 何時の間にか彼女は去って行った(笑)。

そんな事があってから、又しても月日は流れ、3台目の車を購入した。車種は三菱ギャラン2000cc、色は白。

まさか42ナンバーは無いだろうと思っていたが、そのまさかが現実に。 人生をひっくり返えしたようなナンバーがまた来た「42-42」(笑)。

ここで、初めてセールスマンにクレームをつけた。過去の番号を話し、今回のこの番号はないだろう! 即、変更せよ。もし。変更しないなら、自分で変更する。以後お前から車は買わんからな。と談判をした。

どんな手続きをし、新たな番号を取得したか分からないが、晴れて42からおさらばすることができた。

ラン&ウォーキング日記

6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月7日 走法 ラン&ウォーク34.599歩「27.7km」

6月トータル 246.958歩「197.6km」

達成率141.1%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

マムシ

札幌市平和の滝方面へ行く遊歩道は、至る所にマムシの看板が設置されていた。

マムシは猛毒、噛まれると死に至ることもある。市内の病院は、血清を用意していることから、直ぐに治療を受けると問題ない。

大分前になるが積丹方面でバスのガイドさんが、マムシにアソコを噛まれ死亡したことがあった。噛まれた場所が場所だけに恥ずかしくて言えず、我慢していての惨事。

いきなり目の前にヘビが現われた。

見た瞬間シマヘビ(無毒)と判断したが、確認をしようと尻尾を押さえた。

頭を枯れ葉の中に突っ込み出てこない。無理やり引っ張り出す手もあったが、マムシである可能性もあり、写真を撮ることにした。

写真を拡大し確認、縞模様ははっきりしないが、シマヘビのようである。マムシの場合頭部が三角になっている。

平和の滝,手稲山登山口に到着

熊の居住区に入り手稲山へ。今回はここで帰宅の途へ

手稲山(中央に残雪が見える山)

ラン&ウォーキング日記

6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月6日 走法 ラン&ウォーク32.344歩「25.9km」

6月トータル 212.359歩「169.9km」

達成率141.6%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

アカシアの花

札幌市の街路樹として多く植えられているアカシアは、今が満開を迎えている。

アカシアの花は芳ばしい香りを放つことから、いく人の心を和ませてくれる。

 

食べたことはないが、花の天ぷらは美味しいと言う。
 ラン&ウォーキング日記

6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月5日 走法 ラン&ウォーク32.045歩「25.6km」

6月トータル 180.015歩「144.0km」

達成率144.0%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

凄まじい鯉の産卵風景

通勤時いつも通る札幌市新川、ここで凄い事が起きていた。
平常時の新川

丸太が1本浮いているが、この丸太に産卵するのか、丸太の周辺で凄まじい真鯉の産卵風景を目にすることが出来た。

 

丸太の周辺には50センチ程の真鯉がヒゴイを含め50匹程がたむろしていた。ヒゴイは飼育していたものを放流したようである。

これは、もはや産卵風景と言うか格闘。1匹のメスに複数のオスが精子をふり掛けているようである。

メスを追いかけているオスの集団らしい?

丸太の側を離れない

黒い帯のように見えるのは、小魚の群れ。何十万匹もの集団がやって来た。魚種は分からないが、鯉かウグイ。釣り人はいるがキャッツ&リリースを繰り返していることから、鯉は増えても減ることは無い。

ラン&ウォーキング日記

6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月4日 走法 ラン&ウォーク36.172歩「28.9km」

6月トータル 147.970歩「118.4km」

達成率148.0%

6月のウォーキング大会は、「でっかいどうオホーツクマーチ」13日35キロ、14日30キロは網走大会、15日32キロ、16日30キロは北見大会。

今回も昨年同様会社の好意により、13日は出張扱い。16日は有給休暇をお願いした。4日間127キロ厳しい大会である。

札幌に帰って直ぐ、「さっぽろツーデーマーチ」14日30キロ、15日30キロは札幌大会である。今月は187キロの大会。すんどい大会である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

猫柳の綿毛

6月に入ると、札幌の風物詩であるネコヤナギやポプラの綿毛に悩まされる。写真はネコヤナギであるが、新川河川敷には、無数植えられている。綿毛は塵のように、無風状態でも舞っている。

 

ジョギングしていると、容赦なく口や鼻の中に入る綿毛,

飛散する前。

 

ラン&ウォーキング日記

6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月3日 走法 ラン&ウォーク39.389歩「31.5km」

6月トータル 111.798歩「89.4km」

達成率149.1%

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

カッコウの托卵

6月に入り、新川緑地の森から、かっこうの鳴き声が聞こえる。この木の何処かに居る筈だが姿は見えない。

ここで、托卵とは何ぞや?知る人ぞ知るが、知らない人が殆ど。

ワシはガキの頃からカッコウの生態を知っていることから、ある程度知識はある。

托卵とは、自分で卵を温めてヒナを誕生させることが出来ない。要するに育児放棄。でも、こんなことをされても子孫は残る。

カッコウは、モズやオオヨシキリ等の巣に卵を産み付け、相手に子どもを育てさせる。本人は何もしない。先日のブログに書いたマガモより悪い。

何故、自分で抱卵「卵を温めて孵化(雛誕生)」しないのか、大きな疑問。それには大きな訳があるのだ!

カッコウとて自分で子育てはしたいが、出来ない理由がある。

それは、カッコウの体温が低いため、抱卵しても子どもが誕生しない欠点があると言われている。そのため、モズやオオヨシキリの巣にお世話になる訳である。

ここで、生物界の厳しい掟がある。オオヨシキリとカッコウについて考えて見る!

写真↓上はオオヨシキリ、下の大きな口を開けているのはカッコウのヒナ。この時点でエサを運ぶオオヨシキリより大きい。しかし、オオヨシキリの親は何ら疑問を感じない。

カッコウはオオヨシキリの巣に托卵する時、オオヨシキリの卵が3個あれば、自分が2個産んだ時、数合わせをする頭脳がある。彼は、オオヨシキリの卵2個を巣から捨てる。更に、卵の色をオオヨシキリの卵に似せる。

カッコウのヒナが早く誕生するが場合が多い。その時、産まれたばかしのヒナは、大ヨシキリの卵や早く誕生していたヒナが居た場合、巣からヒナや卵を放り出す。

このような作業は、オオヨシキリも行う。早くオオヨシキリのヒナが誕生したなら、カッコウの卵を巣から放り出す仕草をするが、カッコウの卵が大きいことから放り出すことは出来ない。

写真はネットから拝借、エサを運ぶオオヨシキリとカッコウのヒナ。

ラン&ウォーキング日記 

6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月2日 走法 ラン&ウォーク38.700歩「31.0km」

6月トータル 72.409歩「57.9km」

達成率144.8%

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

バーベキュー

6月1日

突然バーベキューの話が持ち上がった。
ワシはジョギングさえ終われば問題なし。

いきなり寄付金の要求(笑)。
仕方ないことから一万円援助。

参加者は大人6人、子供5人の計11人。

場所は我が家の庭

 

勿論、アルコール飲む人はワシ一人。

盛り上がらないのだ(笑)。

宴も終わり頃の写真、焦げている(笑)。

子どもたちの食事風景。1人は他で食べている。


最後までワシはに付き合った孫娘2、トウモロコシをモグモグしている。トウモロコシは初めて食べることから、美味しいらしい。

ラン&ウォーキング日記 

6月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

6月1日 走法 ラン&ウォーク33.709歩「27.0km」

6月トータル 33.709歩「27.0km」

達成率134.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

運動会

5月31日
孫娘は手稲中央小学校二年生。7時に威勢よく花火が上がった。
孫娘の出番は三回。

小学校は創立130周年を迎えていた。

O0800044912958663509
是非来るように言われていたこ
とから、カケッコに間に合うように、早めにジョギングし会場へ

ところが、孫娘は誰に似たのかビリで悠々とゴール(笑)
T02200165_0800060012958671896

食事風景。アルコールは禁止されていることから何か物足りない。

O0800044912958665760

孫娘は誰に似たのか学年で一番背が高い

T02200165_0800060012958677907
民謡で有名な伊藤多喜男がグランドに来て、ソーラン節を唄っていた。
T02200165_0800060012958683459

私は午後から用事があることから昼食をご馳走になり帰宅

ラン&ウォーキング日記 

5月の目標 750.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

5月31日 走法 ラン&ウォーク46.679歩「37.3km」

5月トータル 1.068.170歩「854.5km」

達成率137.8%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »