« 小樽市銭函ひき逃げ事故現場 | トップページ | ふざけるな!首吊り »

2014年7月18日 (金)

鯉のあらいを食べたい

今朝も札幌市新川の溜まり場に真鯉がうようよ、手掴み出来そうである

新川は、札幌市および小樽市を流れ日本海に注ぐ二級河川で新川水系の本流である。明治時代に作られた人工河川で、河口部を除き川筋は直線状である。

O0800077313001499970

O0800064513001500022

ガキの頃田舎に池があり、そこには沢山の真鯉を飼育していた。これは観賞用でなく食べるため。

主な料理は鯉鍋や鯉の洗い。

鯉の洗いは親父が得意でした。私は作ったことはないが、大体次のような料理方法。

池の鯉は泥くさい匂いがすることから、一晩たらいに水を入れ、酢を少し入れる。沢山入れると死ぬ。

殺さない程度入れるのがコツ。

身を温水(約80度)に入れると身が締まって硬くなっる。その後お湯から身を出し水道水でよく冷やして〆る。

酢味噌や醤油で食べた記憶がある。

ウォーキング日記 

7月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

7月17日 走法 ラン&ウォーク 31.522歩(25.2km)

7月トータル 678.819歩(558.3km)

達成率 164.2%

|

« 小樽市銭函ひき逃げ事故現場 | トップページ | ふざけるな!首吊り »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯉のあらいを食べたい:

« 小樽市銭函ひき逃げ事故現場 | トップページ | ふざけるな!首吊り »