« 小樽でひき逃げ | トップページ | 妹背牛町の田園風景 »

2014年7月15日 (火)

旭川大雪ツーデーウォーク2日目

7月13日

昨日は残念な結果に終わったが、今日は気を引き締めてスタートラインに立った。

私は、アップダウンの激しいコースは好きであるが、今回のようにフラットコースは得意としない。一応頑張るのだが、終盤力尽きてしまう。

ウォーキングは競技ではなく完歩することが唯一の目的であるが、私はⅠキロ7~8分のタイムを刻む目的をもって臨んでいる。よって10キロ70~80分。これはすこぶる早いタイムである。この時計を刻むと必然的にトップゴールとなる。

他に、トップゴールを目指す方々も多くいる。

ウォーキング人口は4000万人とも言われ、競技化の運動も盛んになつてきている。宇佐美彰朗さん(東海大学名誉教授・NPO法人日本スポーツボランテイァ・アソシエーション理事長)もその1人である。宇佐美さんは元マラソン選手でオリンピックに3回出場した輝かしい経歴を持っている。

今回も初日と同じようにスタートから飛ばす作戦。1キロ地点ですでにトップに出ていた。昨日トップゴールをした兵庫県の方を追い抜いた時は、冷やかされたが、すでにスピードウォーキングに切り替えていた。

スピードウォーキングは踵着地、軸足の膝かぶを真っ直ぐ伸ばす、片足は必ず着地する走法を早く繰り返すだけ。

出発式は旭川市市民活動交流センター広場で行われた。交流センターは旧国鉄の工場として明治32年に建設されたもので、現存する旧国鉄工場としては国内で最も古い。

O0800051213003111699

O0800047913003111510

スタートし神楽橋の下を通り、忠別川、美瑛川河川敷を通る30キロコースである。

O0800043313003111336

受付をすると下記のようなコース図が渡された。

約1時間で30キロコースを頭に叩き込む。膝にコース図を置き、マジックペンで走り書きし重要ポイントを把握する。この作業はトップを行く場合必要。後方なら先方の後を着いて行くだけですから楽ちん(笑)

今回は100%絶対大丈夫と思っていたが、又しても右折場所を間違えた。気づいた時は既1キロ過ぎていた。ウォーキング中の地元の方に出合ったので、確認したところコースから外れていることがわかった。

今回、チェックポイントは3か所設定されていたことから、そこで確認印を押して貰うことになっている。チェックポイント場所までの道順を教えてもらい。遠回りになるが神楽町に出てチェックポイントに戻る事にした。

遠くにチェックポイントが見えてきた時にはホッとした。すでに4キロ以上距離のロスが出た。この時点で下位(笑)。

Img204

ウォーキング日記

7月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

7月14日 走法 ラン&ウォーク 26.276歩(21.0km)

7月トータル 584.924歩(467.9km)

達成率 167.1%

|

« 小樽でひき逃げ | トップページ | 妹背牛町の田園風景 »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旭川大雪ツーデーウォーク2日目:

« 小樽でひき逃げ | トップページ | 妹背牛町の田園風景 »