« トウモロコシの収穫 | トップページ | 秋の訪れ »

2014年9月 1日 (月)

2014北海道マラソン

北海道マラソンは31日、札幌市の大通公園を発着点とする42.195キロで行われ、9時に一斉にスタート。女子は2011年の世界選手権代表の野尻あずさ(ヒラツカ・リース)が2時間30分26秒で優勝した。2位はフルマラソン初挑戦の森祥子(大塚製薬)。3位に矢野由佳(キヤノンAC九州)が入った。
 男子は辻茂樹(大塚製薬)が2時間15分24秒で優勝。2位は松尾良一(旭化成)、3位は篠崎昌道(日立物流)だった。

当日は1万2922人が出場した。好天に恵まれたが、最高気温は27度まで上昇し、選手にとってはキツイ気象条件であった。

私は折り返し地点(約25キロ地点)で応援。男子のトップ選手が折り返し地点に来た。2位の選手は優勝した辻選手。O0800053113052272772
男子のトップグループから数十分遅れで、女子優勝者野尻選手が折り返して行った。

O0800095313052273572
医療チームは自転車で選手の治療にあたっていた
O0526052313052272870
視覚障害者には伴走が付き、お互い手を結び伴走者の掛け声により障害物の有無やコース形状をつかんで力走していた。タイムはかなり良さそうである。

O0475056113052273055

O0800131413052273185
力走する選手
O0800114413052273326
赤色のゼッケンは女子選手

O0800088013052273785

新川通りの往復13キロはほぼ直線で、日差しや風を遮る建物や街路樹は少なく、最大の難所。

体調を崩した選手は医療チームの治療を受けていた。
O0772067313052274041
12時9分で27キロ地点を通過できない選手は、パトカーが選手を歩道へ上げバスに収容。
O0800062613052274220
完走を止められ収容バスへ向かう選手達
O0800074613052274407
収容バスは50台くらい待機していた。完走者は1万199人で2723人がバスに収容された。
O0800050213052274596

ウォーキング日記 

8月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

8月31日走法 ラン&ウォーク 52.024歩(41.6km)

8月トータル 1.146.709歩(917.4km)

達成率148.0%

|

« トウモロコシの収穫 | トップページ | 秋の訪れ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014北海道マラソン:

« トウモロコシの収穫 | トップページ | 秋の訪れ »