« アメリカの刑務所で恐れられている「ローフ」と呼ばれる食べ物 | トップページ | 孫の抵抗 »

2014年9月24日 (水)

サケの遡上する川

私のラン&ウォーキングコースに新川の支流で小さな川(川名は非公表)が流れている。

その小さな川はサケの遡上で賑わっている。

O0800044913075720029

石の手前に1匹

O0800044913075718981

ベニザケを思わせる魚体

O0756021313075719372

2匹、♀と♂らしい

O0800049513075719468

尾の部分が見える

O0800025713075719806

サケは外洋に後悔後、ベーリング海やアラスカ湾で生活し、3~4年後母川回帰する。母川を間違うことなく98%は産まれた川に戻るそうである。

産まれた川に戻るサケは知床半島で日本海側と太平洋側に別れ母川に向かう。母川河口に到着すると真水に慣れるまで1週間くらい河口で過ごす。河口で跳ねるサケをよく見る事ができるが、真水に慣れる為苦しいことによる。真水に慣れると一気に遡上する。

遡上する時期になれば、胃は退化しエサを取ることはない。しかし、釣り人はエサ釣りが殆ど、エサを食べないサケは何故エサに食いつくのか?疑問が残るが、サケは胃は退化してもエサを取る本能は残っているからでる。

散乱は川底の小石を尾で跳ね飛ばし産卵床を作り産卵する。産卵し終わったなら跳ね飛ばした小石を卵に掛けて、サケの生涯は終わる。

1匹の産卵粒は3000~4000粒で回帰率は約5%と言われている。

ウォーキング日記

①9月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

②9月23日走法 ラン&ウォーク 41.575歩(33.3km)

9月トータル 905.373歩(724.3km)

④達成率 157.5%

 

 

|

« アメリカの刑務所で恐れられている「ローフ」と呼ばれる食べ物 | トップページ | 孫の抵抗 »

魚介類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サケの遡上する川:

« アメリカの刑務所で恐れられている「ローフ」と呼ばれる食べ物 | トップページ | 孫の抵抗 »