« 脳天大神 | トップページ | ハロウイン »

2014年10月31日 (金)

富丘地区今昔物語

札幌市手稲区富丘温泉道路を登るとトンネルがあり、そこを抜けると異様な世界に入る。

O0800055713102673438

富丘温泉跡地の石垣

O0800054313102677213

直ぐ稲荷神社が見えてきた。信者がお参りに来るのか、お賽銭が野ざらし

O0800060613102674242

林の向こうに白い建物が見える。民家か?

O0800048213102675228

祠が見えて来た

O0800087813102675527

祠の中は空っぽ、土台は朽ちていた。この冬は大丈夫か、潰れそうである。

推測であるが、札幌で一番早く開拓者が入植した地は手稲区であったことから、この辺りは住宅地であった可能性がある。

O0800080713102675403

大きな治水ダムが見えて来た

O0800038613102675783

民家の基礎を思わせる石

O0800053413102675919

根元には割れたどんぶりがある。

O0800053613102676150

富丘川

O0800046113102676765
 

林の中に埋もれるようにコンクリート製のタンクが出現。何に使われた物なのか?

O0800073713102677011

治水ダムを作った当時の道?

O0800093313102678100

ウォーキング日記

①10月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

②10月30日走法 ラン&ウォーク 25.751歩(20.6km)

③10月トータル 1.066.173歩(852.9km)

④達成率 142.2%

|

« 脳天大神 | トップページ | ハロウイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/60569261

この記事へのトラックバック一覧です: 富丘地区今昔物語:

« 脳天大神 | トップページ | ハロウイン »