« 晩酌 | トップページ | 生意気な2歳 »

2014年11月19日 (水)

札幌は赤の横断歩道表示が目に付く

札幌市の街を歩いていると、横断歩道表示は白線が殆どであるが、最近赤線の道路標示が目に付く。

何故札幌市の場合は赤線道路標示なのか?

O0800051413132673817

赤は試験的に導入

O0800068813132673866

調べたところ、札幌市は雪国であることから、雪の季節になれば、雪と横断歩道表示の白線の色が同じだと、事故を誘発することから、試験的に導入している。

確かに赤だと目立ちます。

不思議に思ったのは、何十年も白線できたのに、何故今になって?

提案者がいたのは確か、市会議員か?それは違うと思う、何故なら彼らは、そんなことに頭を使う議員はいない。私欲を肥やすことに躍起になっているからね。

ならば、誰か?白線工事を行う業者か。それは考えられる。

それより、札幌市には提案箱があることから市民の要望書があった可能性が高い。

ウォーキング日記

①11月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

②11月18日走法 ラン&ウォーク 42.269歩(33.8km)

③11月トータル 712.345歩(569.9km)

④達成率 158.3%

|

« 晩酌 | トップページ | 生意気な2歳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/60674408

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌は赤の横断歩道表示が目に付く:

« 晩酌 | トップページ | 生意気な2歳 »