« 柏の木 | トップページ | 今年思い出のラン&ウォーク・手稲山ランによる無休憩登頂 »

2014年12月 5日 (金)

札幌市は世界最大の降雪都市

道内は2日から4日にかけて真冬並みの寒気に襲われ、各地で冬本番の冬景色。

札幌市手稲区から30キロの距離にある小樽市では40センチの積雪。ところが札幌市はゼロセンチ。

3日の出勤時の写真をどうぞ!

我が裏山は薄らと雪化粧。タコちゃんも寒い寒いと言いながら白い帽子を被っていた。

T02200165_0800060013149211784
札幌市の南半球はご覧の通り青空が広がっていた。

T02200165_0800060013149211786
こちらは、西半球の手稲山。前方に見える筈の手稲山は、雪雲に覆われ見る事は出来ない。

T02200165_0800060013149211785

今の所、平常を保っている札幌ですが、ひと冬の降雪量は世界でも類をみない6メートルにもなる。

札幌市の凄いところは、雪が10センチ以上積もると除雪に入る。一晩で除雪車が除雪する距離はなんと、驚くこと無かれ、5400キロメートル

簡単に5400キロメートルと言ったけれど、この距離は札幌から石垣島までの距離。これでも驚くだろうけど、実際は往復する距離に相当する。

札幌市民が楽しい夢をみている最中、眠い目を擦りながら、寒さと闘いながら作業する人々がいることを忘れてはならない。

感謝です!

ウォーキング日記

①12月の目標 775.000歩「1日25.000歩(20.0km)」

②12月4日走法 ラン&ウォーク 34.838歩(27・9km)

③12月トータル 133.143歩(106.5km)

④達成率 133.1%

|

« 柏の木 | トップページ | 今年思い出のラン&ウォーク・手稲山ランによる無休憩登頂 »

札幌市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市は世界最大の降雪都市:

« 柏の木 | トップページ | 今年思い出のラン&ウォーク・手稲山ランによる無休憩登頂 »