« 松島栄美子様の写真 | トップページ | 我が町の夜景 »

2016年1月31日 (日)

ピロリ菌の除菌4日目

除菌薬は7日分です。薬は忘れることなく7日間、朝夕食後必ず飲むことです。
1回でも忘れると除菌は出来ません。
除菌率は75~80%。

検査は7日間飲み終わってから4週間後に行う。この時の検査は内視鏡でなく、検査薬を飲んだあとに吐いた息によって判定します。
この検査で感染があった場合、除菌薬の種類を変えて二次除菌治療になる。

O0800083313553879617
 
1.茶色と白色のカプセルはアモキシシリカプセル250㎎、薬価8.6円。
朝夕食後それぞれ3カプセルで1日6カプセル。

薬のはたらきは、
細菌による感染症の治療に用いる薬です。
ピロリ菌の除菌に用いる薬です。

2.白色の丸い薬は、クラリス錠200   200㎎、薬価83.2円。
朝夕食後それぞれ1錠で1日2錠。

薬のはたらきは、
細菌による感染症の治療に用いる薬です。

3.ピンク色の楕円形の薬は、タケキャブ錠20㎎、薬価240.2円。
朝夕食後それぞれ1錠で1日2錠。

薬のはたらきは、
胃酸の分泌を抑える薬です。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍の薬です。

除菌による副作用
軟便や下痢、味覚障害などの副作用があらわれることがあります。

私の場合は、軟便や倦怠感、睡魔に悩まされています。
倦怠感や睡魔は
いままで経験したことのない症状です。30日は休暇をとり、31日1日は完全休養日にします。

第一三共株式会社のパンフレットをご覧下さい(一部抜粋)。

ピロリ菌に感染している人の割合(10中)

20代1.6人

30代2.8人

40代3.4人

50代6.9人

因みにガンによる死亡者は、胃ガン二位となっております。

ラン&ウォークは既に100万歩達成した。

|

« 松島栄美子様の写真 | トップページ | 我が町の夜景 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピロリ菌の除菌4日目:

« 松島栄美子様の写真 | トップページ | 我が町の夜景 »