« 返り咲き | トップページ | 札幌市手稲区高台通りを行く »

2016年10月30日 (日)

我が部族伝統のマサカリカボチャ

今年もマサカリかぼちゃとの戦いの季節がやってきた。

我が部族には、いつ頃か分からないがマサカリカボチャなるものがある。

市場に出回ることなくひっそりと生き永らえている。

O0480064013761947773

マサカリカボチャは名の通り、皮が硬く普通の包丁では刃が立たないことから、マサカリで割る。

O0800046213761947756

実はぽこぽこしとても美味しい。

しかし、料理となれば女性は無理、これは男の仕事。

一刀両断にしてくれるわ!

ヤァ!

気合いを入れて斬り込んだかが、半分で終わり

コヤツめやりおるな!
チョコザイな小僧め、名を名乗れ!
わては、マサカリカボチャだ!

もう一刀斬りかかろうとしたが、刀が、と言うかマサカリが抜けない(笑)。

まちゃまちゃしてたら遣られる、とか何とか馬鹿をやってたら、抜けた。

種は貴重種ゆえ乾燥し保存。
種の保存に失敗したならば、ご先祖様から切腹を命じられる。

O0480064013785172389

ワシに出来る料理は煮付け。
まだ、ある!味噌汁・・・・・もう無し。(笑)

何せ切断は男料理ゆえ、見栄の悪さはご勘弁くだされ!

O0480064013785172398

マサカリカボチャはいろんなカボチャなどの原種といわれ、昔は何処の農家でも栽培していたが、皮が硬いことから作付け面積は減り、現在は北海道の一部の農家が栽培しているのみ。

実家は開拓農民であったことから種を守ってきた。

数十年前に農家は止めていたが、マサカリカボチャは栽培していた。

私は、数年前に種を貰い大事に育ててきたが、100%原種とは言えない。

何故なら、花が咲きだすと、蜜蜂は他のカボチャから密を付けたまま飛んで来るからである。

我が家のマサカリカボチャの収穫は15個、隣近所に数個差し上げた。

乾燥中、型は不揃い

O0640048013780065554

真中のカボチャは、カボチャらしからぬ怪しいヤツ。

ひょうたんのようでひょうたんじゃない。

ラン&ウォーキング日記(32ヶ月連続100万歩挑戦)

①10月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」

②10月トータル1.006.783歩(805.4㎞)

③進捗率100.5%

既に32ヶ月連続100万歩達成。

今日も皆様にとって、素敵な一日であります様に

|

« 返り咲き | トップページ | 札幌市手稲区高台通りを行く »

野菜」カテゴリの記事

コメント

出たぁv(^_^v)♪
ホクホクしたカボチャ…最近は見なくなったねー
にしても、ナニ⁉️全部カボチャ(((o(*゚▽゚*)o)))
不思議なカタチ〜〜煮つけ食べたいっ(o^^o)

投稿: えっぴぃ | 2016年10月31日 (月) 13時59分

えっぴぃさんこんばんは!

マサカリカボチャは生の皮は硬いが、煮つけ等して食べると、皮も柔らかくてとても美味しい。

全部カボチャです^^

投稿: ぽん | 2016年10月31日 (月) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/64420742

この記事へのトラックバック一覧です: 我が部族伝統のマサカリカボチャ:

« 返り咲き | トップページ | 札幌市手稲区高台通りを行く »