« 睾丸の老化を防ぐ方法 | トップページ | 歴史に埋もれた小樽内橋 »

2016年10月 7日 (金)

我が町の今昔物語・光風館

札幌市手稲区富丘に札幌近郊では最高の温泉旅館、光風館があった。定山渓でさえ1軒よりなかった時代である。

明治26年(1893年)11月3日に小樽の東幸三郎が開業したもので、当時は竜宮城にたとえられるほど豪華な温泉旅館でした。

昭和の初期には徳川喜久子(とくがわきくこ)姫(昭和5年に18歳で高松宮妃となる)が学生のころ、夏休みをここで過ごされた。

高松宮宣仁親王は大正天皇第三皇子


O0196041813761633818


当時の光風館は国道5号線から石畳の舗装道路があり、道路の淵はスズランの群生地で季節になれば香ばしい匂いが漂っていた。交通機関は4輪の乗合馬車であった。

光風館への道

O0480056613766920507
 
前方の陸橋を抜けると光風館跡の石垣を見ることが出来る。

O0640048013766899713

他に、大正11年(1922年)12月に海賊の江連力一郎(えづれりきいちろう)が軽川駅で逮捕された時に、直前に宿泊していたのが光風館ということでも知られるようになりました。

富丘今昔物語・手稲開基110年誌手稲の今昔参照・非売品 

光風館

O0220014713755699962_3
 
O0220014713755700419_2

昭和15年(1940年)頃には経営困難となって閉鎖された。

その後、昭和30年(1955年)に小寺アキによって、新しく手稲温泉北家として復活し、三眺荘・ヘルスセンターがとなりで営業していましたが、昭和50年に廃業しました。建物はしばらく残っていましたが、これも平成6年(1994年)に火災にあって失われました。

O0220014713755699709

ラン&ウォーキング日記(32ヶ月連続100万歩挑戦)

①10月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」

②10月7日の実積 45.124歩(36.1km)

③10月トータル325.804歩(252.6㎞)

④達成率139.7%

⑤進捗率31.5%

今日も皆様にとって、素敵な一日であります様に

|

« 睾丸の老化を防ぐ方法 | トップページ | 歴史に埋もれた小樽内橋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

手稲の温泉て古くからあったのねー
札幌も温泉の宝庫?!
もう少し近くにあれば…笑福の湯も〜

投稿: えっぴぃ | 2016年10月 8日 (土) 09時11分

えっぴぃ さんこんばんは!
手稲は温泉はもとより
石油も出ていたんだよ。
今でも深く掘ったら出てくるかも^^

投稿: ぽん | 2016年10月 8日 (土) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/64312676

この記事へのトラックバック一覧です: 我が町の今昔物語・光風館:

« 睾丸の老化を防ぐ方法 | トップページ | 歴史に埋もれた小樽内橋 »