« 我が部族伝統のマサカリカボチャ | トップページ | 国道337号線をゆく »

2016年10月31日 (月)

札幌市手稲区高台通りを行く

函館と札幌とを結ぶ国道は、1873年(明治6年)に完成した。

北海道開拓に最も重要な路線として日本初の本格的な長距離馬車道として建設されたもので、国道5号の起源にあたる。

日露戦争1904年2月8日 ~1905年9月5日
当時軍事道路として重要視されていた。

万が一に備え迂回路をつくった。
西区宮の沢から稲穂(国道5号線)まで、手稲山連山すそ野を通る高台通りである。

今回は高台通りをご案内致します。

北海道道128号線を追分通りを通りを石狩市方面へ向かうと宮の沢へ入る。

国道5号線手前300㍍から左折し高台通りへ
O0640048013783983304

高台通りはアップダウンの激しい道が続く

O0480064013783983311_2

息抜きにカラス君とお話し

君、ここで何してる?
おじちゃん見馴れない顔だね、今休憩中さ!

O0640048013784003073

我が町内に近づくと、ラブホ街に入る。
失礼、ラブホ街でありません、ホテル街でした(笑)

O0640048013785286423

ナナちゃんは安い

O0480064013785286427

リーベさんも負けてませんよ

O0480064013785286432

ワシの殿様は用足らず。ですが何とかなる時もある(笑)

お安くしておきます。
どうぞ!ご利用下さい。

さて、殿参るぞ!

名の知らぬ木の葉は真っ赤に染め

O0480064013784003109

左側前方に手稲鉱山の廃虚が見える、心霊スポットとして有名。

写真は11年ブログより
O0220011313784012268

廃虚・亡霊が出る事で知られている

手稲鉱山は東洋一の金山として栄えていた。

O0220011813784012272

廃虚を横目に見ながら星置の国道5号線へ向かう

O0640048013784700102_2

寄り道すると、更に心霊スポットの星置の滝がある。

自殺者の霊は今でもさ迷っていると言う

夜に手稲鉱山と星置の滝訪れてみませんか?

ワシがお供致します。ただし男はダメ(笑)
O0220033013784015315

漸く高台通りの終点が近づく

突き当たりを右折
O0640048013784700108

約12キロで国道5号線稲穂交差点で高台通りとお別れ。

O0640048013784700113

その後国道5号線を小樽市銭函駅を折返し、国道337号線(江別市、稚内市方面)に入り帰宅した。

次回の国道337号線へと続く

今日も皆様にとって、素敵な一日であります様に

|

« 我が部族伝統のマサカリカボチャ | トップページ | 国道337号線をゆく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なかなか素敵なコースねー
ってか、ココまで寒いと幽霊も出てこないかもよ〜

投稿: えっぴぃ | 2016年11月 1日 (火) 21時46分

えっぴぃさんこんばんは!

幽霊は寒くてもでますよ。
平和の滝はバス停にでますよ。
行ってご覧^^

素敵なコースでない。
時々ラブホ前でもめている時もある^^
入るとか入らないとか(笑)

投稿: ぽん | 2016年11月 2日 (水) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/64425757

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市手稲区高台通りを行く:

« 我が部族伝統のマサカリカボチャ | トップページ | 国道337号線をゆく »