« ヒゲの生えた女 | トップページ | インプラノン とは? »

2017年2月13日 (月)

一酸化炭素中毒死

2月12日、京都府宮津市で、60代の男性が車の中で死亡しているのが見つかった。 警察によると、当時、車のエンジンはかかった状態で、降り積もった雪で排気口がふさがれていたという。死因は、一酸化炭素中毒だった。

主な過去の事故

2011年2月19日山形県山辺町の沼でテント内でワカサギ釣りをしていた男性が一酸化ガス中毒(CO)で死亡した。

1981年国道336号、北海道日高沿岸で降雪により14台の車が立ち往生した事故があり4名が排気ガス中毒で死亡したことがあった。

この時、降雪により車が埋まり、身動きできなくなり、車内で仮眠をとっていたドライバーが事故にあった。

もし、遠距離走行中雪害により走行が出来なくなり、車泊をしなければならない時、次のことに注意が必要。

①車の排気口(マフラー)を頻繁に雪かきをし、排気口が雪に覆われるのを防ぐ

②立ち往生しているドライバーと打ち合わせをしエンジンをかける車の台数を減らす。エンジンを切った車のドライバー達は、エンジン始動している車で仮眠する。

③エンジン始動車は其々距離を離して置く

④スマホ等で救助を要請する

⑤防寒着を用意しておく

等であるが、COは無色透明、無臭であることから、頭痛や吐き気など風邪の症状がでたら、全車のエンジンを止め、換気をよくし、新鮮な空気を入れる。

他に起こりうるCOの発生場所は、住宅と連結した車庫にある。

車内の暖気をとるため(朝、夜)、エンジンをかけることによりおこる。この場合短時間にCOが家屋に充満する。

「JAF Mate」で車内のCOガス中毒を再現するテストを行った。車の周りを雪ですっぽり覆い、エンジンをかけると、数十分で車内のCO濃度は生命に危険をもたらすほど上昇した。

降雪地帯では、同様の事故が多発することから注意して下さい。

2月ラン&ウォーキング日記(36ヶ月連続100万歩挑戦)

①2月の目標 100万歩「1日36.000歩(28.8km)」

②2月 13日の実積 37.749歩(30.2km)

③2月トータル529.614歩(423.7km)

④達成率52.5%

今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に。

|

« ヒゲの生えた女 | トップページ | インプラノン とは? »

事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一酸化炭素中毒死:

« ヒゲの生えた女 | トップページ | インプラノン とは? »