« 受動喫煙による死亡数15.000人 | トップページ | シューマンエラーは我が家に富をもたらす »

2017年2月 9日 (木)

立ちしょん有罪

おととし大阪・福島区のビルの駐輪場で立ち小便をしたとして、軽犯罪法違反の罪に問われた堺市北区の男性(36)に逆転有罪判決。

 現場の駐輪場が軽犯罪法が定める「街路または公衆の集まる場所」に当たるかどうかが争点でしたが、一審では現場は公園などと比べて極めて狭く「公衆の集まる場所」に該当しないとして、無罪を言い渡していました。

 しかし二審の大阪高裁は「駐輪場が『公衆の集まる場所』ではない」との判断を支持しつつも、現場は道路に面していて段差がないことなどから「街路」に当たるとして、求刑通り科料9900円の逆転有罪判決を言い渡した。

ならば、ワシは1日に2回ほど、軽犯罪法違反を繰り返していることになる。

何せ、札幌は冬期間公衆トイレは閉鎖、ワシが通る歩道にコンビニも無し。

罪は罪

明日から法を犯すようなことはしません。
携帯トイレを持参します。

携帯トイレのモデルはワシじゃ(笑)。

使いかた、分かるよね?


001

2月ラン&ウォーキング日記(36ヶ月連続100万歩挑戦)

①2月の目標 100万歩「1日36.000歩(28.8km)」

②29日の実積 41.571歩(33.3km)

③2月トータル362.715歩(290.2km)

④達成率36.0%

今日も皆様にとって、素敵な一日であります様に

|

« 受動喫煙による死亡数15.000人 | トップページ | シューマンエラーは我が家に富をもたらす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/64871827

この記事へのトラックバック一覧です: 立ちしょん有罪:

« 受動喫煙による死亡数15.000人 | トップページ | シューマンエラーは我が家に富をもたらす »