« ハマナス街道・網走番外地 | トップページ | メマツヨイグサ(雌待宵草) »

2017年5月28日 (日)

第40回記念・北海道を歩こう

いよいよ、北海道にウォーキング大会の気節がやって来た。

O0783096013946873595
 
 
私のゼッケン・82から苗字分かるかも(笑)。
 
 
O0960082113947807007
 
 
5月28日は「第40回記念・北海道を歩こう」
 
 
 
参加者は
 
33キロコース1.017名
 
10キロコース498名
 
 
 
コースは
 
真駒内中学校を出発会場として、
 
33kmコースは、ゴール地点支笏湖ポロピナイ
 
 
10kmコースは、ゴール地点真駒内カントリークラブ
 
 
 
8時15分一斉にスタート
 
 
 
O0640048013947807082
 
 
自衛隊の方が支援隊として応援して下さった。
 
 
O0640048013947807225
 
 
コースは、出発会場からゴール地点までアップダウンが激しく、フラットコースは殆どない。
 
 
極めつきは、スタート地点から恵庭峠を越して延々と続く25kmの上り坂。その後、激しい下り坂となる。
 
 
 
過去、この下り坂で三度足に来た(笑)。
 
 
 
O0960064313946873785
 
 
恵庭峠まで先導役員がつくことから追い越してはならない。
 
 
トップ集団を先導する先導車。
 
 
 
私はトップ集団から20㍍後方についていた。
 
 
 
青シャツの足の筋肉が凄い。
 
 
 
O0640048013947756389
 
 
恵庭峠からフリー歩行となった。
 
 
私はこの地点から1キロ8分ペースを保つ事とした。
 
 
 
その内、集団はだらけてきた。
 
 
私の作戦は、上り坂で後方につけて、体力を温存し下り坂で前に出る作戦。
 
 
 
何故なら、激しい下り坂であることから、体力を温存して置かなければバテる。
 
 
 
作戦は成功したかに見えたが、一人を引き離す事は出来なかった。
 
 
 
残り4キロ地点で、スピードウォーキングに切り換えた。
 
 
 
スピードウォーキングとは
 
 
ウォーキングの基本である。
 
かかと着地、軸足の膝を真っ直ぐ伸ばす、片足は必ず着地。
 
 
 
足音は遠ざかって行ったが、振り向いて確認はしなかった。
 
 
 
その余裕はなかったのだ!
 
 
 
ゴール手前2キロ地点で後方を確認、追いすがる姿は無かった。
 
 
更に1キロ手前で再度後方を確認。
 
 
見えた!
 
ヤバイ!
 
カープを曲がる度に姿は消える。
 
 
ゴール200㍍手前でトップゴールを確信した。
 
 
 
O0579043013947756437
 
 
ゴールタイムは、見えずらいが4時間56分。
 
 
 
山岳地帯の33  kmのタイムとしては、素晴らしい結果となった。
 
 
 
O0666096013947808178
 
 
27キロ地点で15時45分までに通過しないと、収容バスに乗車させられる。
 
大会は競技で無いことから、順位を決めない。完歩することが目的である。
 
 
よって、マナーを守り「ゴミのポイ捨て」・「歩きたばこ」・「走る」等の行為はせずに、自然とのふれあいを楽しむことにある。
 
 
私はトップゴールとなったが、それはドクターの指示を守った結果であって、必然的に出たに過ぎない。
 
 
ちなみに、ウォーキングを始めた動機は病気治療の一貫として始めた。
 
 
当時、自動車事故による骨折や内蔵疾患のリハビリ治療をしていた。
 
 
高血圧の上は200、更に糖尿病の血糖値は200位。
 
 
ドクターの指示に従って、ウォーキングの距離20kmとキロ当たりのタイム8~10分を守った結果。
 
 
体重は30 kg減量。
 
血圧は80ー130
 
血糖値は75
 
 
標準値となった。
 
 
私は高血圧と糖尿病は一生治らない病気と思っていました。
 
 
波乱万丈の人生を歩んでいます。
 
 
5月ラン&ウォーキング日記(39ヶ月連続100万歩挑戦)
①5月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」
 
②5月28日の実積48.370歩(38.7km)
 
③5月トータル1.026.078歩(820.9km)
 
④達成率102.5%
39ヶ月連続100万歩を達成した。激しい降雪地帯では、マジに世界新記録。
 
今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に 。
 

|

« ハマナス街道・網走番外地 | トップページ | メマツヨイグサ(雌待宵草) »

ウオーキング大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第40回記念・北海道を歩こう:

« ハマナス街道・網走番外地 | トップページ | メマツヨイグサ(雌待宵草) »