« 第40回記念・北海道を歩こう | トップページ | 取られた! »

2017年5月29日 (月)

メマツヨイグサ(雌待宵草)

札幌市新川河川敷に、春なのに赤く紅葉しているように見える野草が沢山生えていることから、ヤフー質問箱へ質問したところ次のような回答があった。
 
 
 
メマツヨイグサです。
 
赤いのは雪の下で冬越したロゼット葉です。
 
 
O0480064013945562451
 
越年草、多年草
北アメリカ原産。明治中期に渡来し各地の道ばたや荒地、河原などに野生化している。茎は下部からよく分枝して高さ0.5〜1.5mになり、上向きの毛が生える。葉は長楕円状披針形で先端はとがり、ふちに浅い波状の鋸歯がある。花は黄色で直径2〜5cm。しぼんでも赤くならない。萼筒が長い円柱形で、花柄のように見える。子房は萼筒の基部にある。さく果は2〜4cmの円柱形。花期は6〜9月。(野に咲く花)
学名は、Oenothera biennis
アカバナ科マツヨイグサ属
同属にオオマツヨイグサ、マツヨイグサがある。
 
5月ラン&ウォーキング日記(39ヶ月連続100万歩挑戦)
①5月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」
 
②5月29日の実積0歩(0km)
 
③5月トータル1.026.078歩(820.9km)
 
④達成率102.5%
既に、39ヶ月連続100万歩(800km以上)を達成した。激しい降雪地帯では、世界新記録か?。
 
今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に 。

|

« 第40回記念・北海道を歩こう | トップページ | 取られた! »

野草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/65344641

この記事へのトラックバック一覧です: メマツヨイグサ(雌待宵草):

« 第40回記念・北海道を歩こう | トップページ | 取られた! »