« コスモス街道を行く | トップページ | 名残惜しみながら咲く野草とがまの穂の天ぷら »

2017年9月19日 (火)

ピンクレディー

平成29年手稲神社秋季例大祭行事が9月17日18日の両日に開催された。
 
毎年楽しみにしているのは、芸能人の出演である。
 
今回は、18日の元ピンクレディーの未唯mieスペシャルライブである。
 
 
無料
 
 
O0552042014030847707
 
O0960048814030847782
 
当日は写真撮影が禁止されていたことから、お婆さんになられた未唯さんの写真はお目にかけることは出来ません。
 
ステージは屋内でしたが、観客は屋外。台風が温帯低気圧に変わりつつあったが、強風が吹き荒れていた。
 
お客さんは超満員で警備員多数さらにお巡りさんもお出ましなさった。
 
びっくりしたのは、未唯さん。お婆さんにはとても思えない若々しさ、私には30代に見えました。
 
ピンクレディー全盛期時代はアイドルとして初めて見たショートパンツにうっとりしていました(笑)

歌が街に流れていた頃は私の青春でもあった。

主な曲
 
ペッパー警部
渚のシンドパッド
ウォンテッド
UFO
 
 
右側はケイ
 
 
左側は未唯mie
O0228030014029919194
 
以下の記事はネットで拾いました。
 
 
 
その歌は誰もが一瞬にして口ずさめるほど、2人が70年代に巻き起こした旋風は巨大なものだった。土居甫(どいはじめ)の振付けによる「太股パカパカダンス」が「ゲテモノ」と呼ばれ、デビュー曲「ペッパー警部」の初回プレスはわずかに4000枚。「そもそも8月25日というデビュー日が、新人賞レースを争うには遅すぎるデビューだったよね」 貫は苦笑したが、デビュー曲は暮れに向けて売上げを伸ばし、76年の日本レコード大賞新人賞の5組にも選出。最終的には60万枚の大ヒットとなった。
 
 
 
 やがてピンク・レディーは、そのファン層を大人から子供へ、男性から女性へとシフトしていく。デビュー当初こそ太股の露わな衣装のせいもあって「11PM」への出演も多かったが、翌77年からは深夜帯よりも明るい時間帯がメインとなった。
 
 
 
 貫の手元には今も、会社の業績を記したメモが残っている。デビューから半年が経った77年2月の決算では4600万円、それが1年後には10倍以上の6億4000万円となり、さらに1年後は18億9000万円もの数字に膨れ上がる。 ピンク・レディーは、掛け値なしに「金のなる木」となっていった。
 
 
おまけ
 
 
9月ラン&ウォーキング日記(43ヶ月連続100万歩挑戦)
①9月の目標 100万歩「1日33.500歩(26.8km)」
 
②9月19日の実積35.988歩(28.8km)
 
③9月トータル755.257歩(604.2km)
 
④達成率75.1%
今日も皆様にとって、素敵な一日になります様に 。
 

|

« コスモス街道を行く | トップページ | 名残惜しみながら咲く野草とがまの穂の天ぷら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンクレディー:

« コスモス街道を行く | トップページ | 名残惜しみながら咲く野草とがまの穂の天ぷら »