« -5.1℃で生きてるアブとアメリカミンクの死骸 | トップページ | カラスは有名建築家なのだ! »

2017年12月 3日 (日)

雪が激しく降る河川敷で虫取網を持つ男

3日早朝、激しく降りしきる雪の中、札幌市新川緑地遊歩道を小樽市銭函方面へ向かっていた。

国道337号線から折り返す、約34キロのランニングを決行したが、今回のテーマはランニングでありません。
 
昨日のブログでも、ちょっと顔出ししたアブちゃんに関係有り。
 
昨日のアブちゃん
 

道337号線(江別、留萌方面)の折り返す地点に差し掛かったところ、虫

取網を持って先行くお方がいた。
 
O0960072014083481253
 
左手を拡大
 
O0427070114083481265
 
私は単純な男ゆへ、昨日の-5.1℃でも元気に羽ばたいていたアブ様を思い出した。
 
もしかして、地球に異変が起きて真冬日でも飛び交う虫が現れたのか?
 
お方はトンボ取りを?
 
然し、それは余計な心配だった。
 
次の瞬間、犬様が現れた。雪は益々激しく降り出した。
 
O0765076214083497442
 
でも、何事も無かったように犬様と戯れていた。
 
余りにも、不自然なことから犬様の御主人にお伺いをした。
 
ワシ:その網は虫取の網ですか?
 
犬様の御主人:ほんだ!(そうだ)
 
あれ!このお方は秋田弁だ!
 
ワシ:網は何に使うんですか?
 
犬様の御主人:糞を取るんだ!
 
ワシ:なるほど(笑)
 
残念ながら、今回は糞を取る場面を見ることは出来なかったが、其にしても汚い。網に付着した糞はどうするのだ?
 
12月ラン&ウォーキング日記(46ヶ月連続100万歩挑戦)
①12月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」
②12月3日の実積 42.713歩(34.2km)
③12月トータル127.259歩(101.8㎞)
④達成率12.7%
今日も皆様にとって、素敵な一日であります様に

|

« -5.1℃で生きてるアブとアメリカミンクの死骸 | トップページ | カラスは有名建築家なのだ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪が激しく降る河川敷で虫取網を持つ男:

« -5.1℃で生きてるアブとアメリカミンクの死骸 | トップページ | カラスは有名建築家なのだ! »