« 琴似神社のどんど焼き | トップページ | 古文書 »

2018年1月14日 (日)

ヒートショックの死亡者は17.000人

入浴時のヒートショックって知ってますか?
 
冬場の急激な温度差がもたらす体の悪影響のこと。
 
最近寒い日が続いていることからヒートショック事故が増えています。
12月28日のブログを再投稿致します。
 
人間の血管は、暖かいと膨張して血圧が下がり、寒いと収縮して血圧が上がる。
冬の入浴時は、暖かい部屋から冷えた脱衣所や浴室に移動したり、熱いお湯につかったりするなど、急な温度差によって血圧が大きく変動し、血管に負担がかかる。
その結果、脳出血な心筋梗塞、失神などのトラブルが起きる。
亡くなられた方は、2011年に全国で約1万7千人。交通事故死の4倍以上の方が浴室で亡くなっている。
 
2017年12月27日北海道新聞朝刊抜粋
 
詳しくは
 
 
をご覧下さい。
 
東京ガスより
 
1月ラン&ウォーキング日記(47ヶ月連続100万歩挑戦)
①1月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」
 
②1月14日の実積 31.212歩(25.0km)
 
③1月トータル513.218歩(410.6㎞)
 
④達成率51.3%
 
今日も皆様にとって、素敵な一日になりますように。

|

« 琴似神社のどんど焼き | トップページ | 古文書 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒートショックの死亡者は17.000人:

« 琴似神社のどんど焼き | トップページ | 古文書 »