« お喋りなコウライキジ | トップページ | 石器、アンモナイト出土 »

2018年3月17日 (土)

ゴッコ汁

ゴッコ物語

ゴッコの美味しい時期はそろそろ終わろうとしています。

スーパー等で格安に購入できる、今日この頃、皆さま如何お過ごしですか!
ボクはゴッコといいます。
 
この時期、函館沿岸はゴッコ漁の最盛期(1~4月)。お友達と遊んでいたら美味しそうなオヤツが流れてきたのでパクリと食らいついたら、変な所へ連れて行かれた。
見た目はグロテスクでこの世の生物とは思えない風体をしていますが、鍋料理は天下一品。と、いう人が多いよ。
でも、ボク食べられるのは嫌だな。
昨日スーパーへ貰われていきました。
魚族は、ボクもそうだけど、痛いという神経はないんだ!
だから、切ろうが、熱湯に入れようが全然へっちゃら。
今日、スーパーへ嫌らしいおじさんが来て僕を590円で買って行ったんだ!
ボクをお酒の肴にするんだって、あんなおじさんは嫌いだな。
どうせ、買われて行くなら綺麗なお姉様がいいな。
女性のお腹の中、全部見えるもん。
これからは、嫌なおじさんの独り言、聞きたくなければ聞かないで!
料理方法
家族は知らない。うまく説明できるか不安ですがやってみるか。
用意するもの
白菜、大根、シイタケ、生姜、長ネギ、豆腐。
大根や生姜、長ネギは臭みとりにもなる。
大根は何切りというのかは知りませんが、写真の通り切る
卵と肝を出す(塩で洗い、卵をほぐす)
肝(塩洗い)
 
次に頭から思いっきり熱湯をかける
表面のヌメリはきれいに取れるし、身も締まる。
次にエラや尾っぽ、ひれを切り取って捨てる。残りは全部食べられる。骨は軟骨、全然気にならない。
身は一口位の大きさに切る
最初は大根を入れ煮だってきたらゴッコを入れる。味は醤油でも味噌でも美味しい。
次に具を入れる。卵はバラバラ状態になったものを入れる。
生姜はおろし金でおろして入れる。
はい!出来上がり。
出来上がったら、ぎんなん草をはなすと磯の香がして美味しいが、今回はなかった。
ゴッコは地方名で、和名をホテイウオとい言う。夜行性で夕方から活発に活動する。
漁期は1月~4月。始めのうちはオスが多く捕れる。2月からはメスが多くなる。
漁場は渡島支庁管内鹿部町から恵山岬を経て函館市沿岸が漁場で、道南の特産物である。
上記に釣れたと書きましたが、実際は釣れません、刺し網漁です。
 生息場所は水深10m位の岩場。

 

3月ラン&ウォーキング日記(49ヶ月(4年)連続100万歩挑戦)
①3月の目標 100万歩「1日32.500歩(26.0㎞)」
②3月17日の実積 42.629歩(34.1㎞)
③3月トータル653.352歩(522.7㎞)
④達成率64.8%
日を増す毎に、日差しが強くなって来ました。今日も健やかにお過ごし下さい。

 

 

 

|

« お喋りなコウライキジ | トップページ | 石器、アンモナイト出土 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴッコ汁:

« お喋りなコウライキジ | トップページ | 石器、アンモナイト出土 »