« 鯉のぼり | トップページ | 弊社の勤務体系 »

2018年5月 5日 (土)

キタキツネ物語・哺乳現場より

札幌市手稲区中ノ川河川敷にキタキツネの巣穴があり、子育て真っ最中

 

子キツネは5頭か?

 

哺乳中の写真は珍しいと思います。

 

私は何十年も遊歩道でキタキツネと出会ってきたが、哺乳中を見たのは初めてのことでした。

 

哺乳中は犬のように横にならず、立った状態で哺乳する。

 

これは外敵に襲われたとき臨機応変に行動できるためである。

 

キタキツネは樺太や北海道と千島列島南部に生息している。

 

ネズミやエゾユキウサギ、鳥類、昆虫などを食べるが秋になると果実や木の実も食べる。

 

春に4~6頭の子を産むが、秋にかけて雌が子育てをし、雄は単独行動をし子育てはしないと言う記事が多く目につくが私が知る札幌遊歩道に生息するキタキツネは雄も子育てに励んでいます雄は子育てをしないと言う記事は何かの間違いと思います。

 

キタキツネの子育ては、8月頃になると雄は巣穴から追い出され自立します。

 

初めは巣穴から出たがらないが、親キツネは餌をあげないし。噛みついて巣穴から追い出す。

 

親離れは、生きるための厳しい試練。

 

ところが、雌は大きくなるまで親の世話になる。

 

今回の記事のキタキツネは何時も雄と雌が子育てをしている。

 

証拠写真も沢山(100枚位)撮りましたので、そのうち投稿します。

 

巣穴は木の根元の向こう側に大きい巣穴があり、他に小さい巣穴が4個から6個くらいあり、外敵に襲われたとき近くの巣穴へ逃げ込む。

 

子キツネ

 

O1299094114184619806

 

手前に小さな巣穴が2個見える

 

O1542103314184625366

 

子キツネと戯れている^^

 

哺乳中

 

O1074075714184567419

 

O1004061514184574600

 

常に周辺に注意を払っている

 

O0902079214184575967

 

O0944070814184575336

 

O0891071814184574974

 

O1020086514184575729

 

5月ラン&ウォーキング日記(51ヶ月連続100万歩挑戦)

 

 ①5月の目標 100万歩「1日32.500歩(26.0㎞)」

 

 ②5月5日の実積 37.513歩(30.0㎞)

 
③5月トータル199.747歩(159.8㎞)
 
④達成率19.8%
 
若葉の萌ゆる季節となりました、皆様如何お過ごしですか?
今月も宜しくお願い致します。

|

« 鯉のぼり | トップページ | 弊社の勤務体系 »

キタキツネ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キタキツネ物語・哺乳現場より:

« 鯉のぼり | トップページ | 弊社の勤務体系 »