« ワシはナマケモノ | トップページ | 我が部族伝統のマサカリカボチャ »

2018年7月28日 (土)

熱中症を予防するためにはいくらの水分補給が必要か

熱中症を予防するためには、水分補給をしなさいと言う。
それではどのくらいの水分補給が必要なのか?

1、出て行く水分

尿:1200~1700cc

吐く息から:500cc

汗:500cc(夏は1500cc)

便:200~400cc

合計:2400~4100cc

2、入ってくる水分

食事:約800~1000cc

呼吸:200~400cc

合計:1000~1400cc

差:1400~2700cc

よって、一日1.5リットル以上飲む必要がある。

私は、掛かりつけのドクターから毎日2000cc飲むように言われている。

スーパーモデルは毎日最低2リットルの水分をとっていると言われています。

肝臓は常に40度に保たれ、冷えた血液を温めて心臓に送っていることから、肝臓に負担を掛けない為にも水分は温かいものがよい。

東西メディカル研究所、健康コツ引用

水分とは何かを知りたい方は

こちらをご覧下さい

熱中症対策

7月ラン&ウォーキング日記(53ヶ月連続100万歩挑戦)

 

 ①7月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8㎞)」

 

 ②7月27日の実積 0

歩(0㎞)

 

③7月1.003.633歩(802.9km)

 

④達成率100.2%

 

26日をもって53ヵ月(4年5ヵ月)連続100歩(800キロ)以上を達成した。

|

« ワシはナマケモノ | トップページ | 我が部族伝統のマサカリカボチャ »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱中症を予防するためにはいくらの水分補給が必要か:

« ワシはナマケモノ | トップページ | 我が部族伝統のマサカリカボチャ »