« 公衆トイレは不潔極まりない | トップページ | 未確認飛行物体?当てたら100万 »

2018年7月31日 (火)

公衆浴場の出来事

時々地方へ出た時、公衆浴場へ入ることがある。

風呂へ入る時男のパターンは大体次の3つがある。

①手ぬぐいでアソコを隠すタイプ

②両手でアソコを隠すタイプ

③何も隠さずブランブランさせて入るタイプ

私はと言えば③なんだな(笑)。

風呂へ入る時は手ぬぐいは入れないでくださいという注意書きもあるしね。

ところで、数週間前のことである。洗い場に刺青をしたデカイ男が現れた(刺青入浴禁止となっていたが)。

ヤツも私と同じくブランブランタイプであった。

洗い場の連中は一斉に刺青に目がいった。が、急に視線を変えた。ヤツのブランブランが凄いのだ。

洗い場の連中を見たら、申し訳程度に付いているヤツが殆ど、みんな怖気ついて己の貧弱さに気付き、こそこそ洗い場を後にして浴槽に浸かり出した。

話しを戻して、どの位立派かと言えば、長さは自分の臍に届くみたい。太さは普通の人の2倍。

ヤツが洗い場の丸い椅子に座った時

ブランブランが床に付いてしまった。

なんてことだ!ヤツが手ぬぐいで隠さない意味が分かった。隠してもはみ出るのだ(笑)。

私は興味津々でブランブランをどうやって洗うのか目を離さなかった。

ヤツが手に持って洗い始めた。何せ長いものゆえ時間がかかる。ブランブランを右に倒し、左に倒し、石鹸をこすり付けていた。

その時初めて臍に届くのを確認した。この化け物目が。

実は、風呂場に入って来たのはブランブラン一人ではなかったのだ!小学生高学年くらいの子どもがいたのだ!なんてことだ。

子どもがいるってことは、嫁さんがいるじゃないか、どうやって子どもを作ったのだ。入れたのか!(笑)。

入らんじゃないか、待てよ。ブランブランの先っぽを入れたのかな?それじゃ嫁さんが物足りないよ^^。

いろいろ、見たり聞いたりしているが、このような魔物を見たのは初めてである。

ちなみに、世界で一番珍しいブランブランは2本持っている男がいる。

2本ともちゃんと機能するそうだ。よって、一度に2人の女を喜ばせることができるのだ!

貧弱なブランブランを付けているお父さん頑張ろうね(笑)。


7月ラン&ウォーキング日記(53ヶ月連続100万歩挑戦)

 

 ①7月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8㎞)」

 

 ②7月31日の実積 0

歩(0㎞)

 

③7月1.003.633歩(802.9km)

 

④達成率100.2%

 

26日をもって53ヵ月(4年5ヵ月)連続100歩(800キロ)以上を達成した。

|

« 公衆トイレは不潔極まりない | トップページ | 未確認飛行物体?当てたら100万 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公衆浴場の出来事:

« 公衆トイレは不潔極まりない | トップページ | 未確認飛行物体?当てたら100万 »