« ラズベリーとグスベリ | トップページ | 墓参り »

2018年8月11日 (土)

消えた文明をもとめて

ラン&ウォーキングコースの一つに新川河口がある。
当時さほど気に掛からなかったが、河口手前に小樽内橋があり、建設が途中で中止し廃
となっていた。
札幌市手稲区富丘高台通りを小樽方面へ向かい、手稲区星置から国道5号線に入る、更
に小樽方面へ向かい標識を右折すると銭函駅に到着
O1080060714245562589
銭函海岸通りをおたるドリームビーチへ向かいます
O1080060714245562592
おたるドリームビーチを通り過ぎると古道に入るが、この時期は雑草が生い茂って通ることは出来ない。
そんな事から砂地を通ります
O0607108014245562594
前方に見える50年前の小樽内橋
O1080060714245562596
雑草に埋もれた車止め
O1080060714245562598
未完成の小樽内橋は約50年前に廃橋となり、通行止めとなっています
O1080060714245562600
ガードレールは朽ち果てていた
O1080060714245562602
新川は日本海に注ぎ込む
O1080060714245562604_2
廃橋の前方にオタルナイ村があった
O1080060714245562608
前回の記事
何処までも続く平原に木は殆ど生えていません。
遠くに手稲の山並みが見える(写真は初春)
此の地で栄華を誇ったアイヌ民族は何処へ行ったのか?
我が家から約15キロを行くと、200万都市から荒れ果てた未知の世界に入る。
オタナイ村を知る札幌、小樽市民は殆どいません、歴史のみが残っている。
オタナイ村は小樽市発祥の地なのに・・・
O0640042414183020787
過去の関連記事をご覧下さい
8月ラン&ウォーキング日記(54ヶ月連続100万歩挑戦)

 

 ①8月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8㎞)」

 

 ②8月11日の実積 38.058

歩(30.4㎞)

 

③8月トータル446.751歩(357.4km)

 

④達成率44.6%

|

« ラズベリーとグスベリ | トップページ | 墓参り »

歴史探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/67045364

この記事へのトラックバック一覧です: 消えた文明をもとめて:

« ラズベリーとグスベリ | トップページ | 墓参り »