« 遊歩道に咲く野花 | トップページ | オービスがピカッと光った! »

2018年8月15日 (水)

アメリカキササゲ

札幌市新川遊歩道を行くと、見たことも無い樹木があります
気になり観察していました
樹木名は調べた所アメリカササゲと言う
芽吹きが始まる、6月初旬
茶色の種は越冬しても、至って健在
いつになったら落ちるのか?
O0607108014202101855
7月初旬、青葉に覆われます
O0607108014243851719
良く見ると
昨年の種も残っているが、新しい実を付けていました
O0607108014243851722
アメリカササゲは
北アメリカ原産で日本には明治時代に渡来した落葉高木です。6~7月、枝先に30cmほどの長い円錐花序をだし、長さ3cmほどの白い漏斗状に花を多数つけます。花冠の上部は5裂し、裂片のふちは縮れます。
秋、長さ30~40cm、幅5mmほどの線形の実をつけ、これがササゲに似ていることでキササゲの名があります(ネットより拝借)

|

« 遊歩道に咲く野花 | トップページ | オービスがピカッと光った! »

樹木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカキササゲ:

« 遊歩道に咲く野花 | トップページ | オービスがピカッと光った! »