« ゴミ屋敷 | トップページ | 平成30年北海道胆振東部地震 »

2018年9月 7日 (金)

平成30年北海道胆振東部地震

北海道で震度6強 厚真町で大きな土砂崩れ 札幌では広範囲で停電 道路陥没し住宅傾く 信号機つかず
気象庁によりますと、9月6日03:08ごろ、北海道胆振地方中東部を震源とするM6.7の地震があり、北海道安平町で震度6強の揺れを観測しました。震源の深さは約40キロです。

 震源に近い厚真町では、大規模な土砂崩れが発生しており、家や田畑を巻き込んでいます。

 震度5強を記録した札幌市では道路が陥没し、7日午前0時現在も、広い範囲で停電が続いています。

 信号機は北海道全域の1%しかついていないという情報もあり、外出を控えるよう呼びかけています。

 また、札幌市清田区里塚の道路では液状化現象も発生、住宅も傾いています

学校は7日も臨時休校です。

買い出しは、2班に別れて行ってきました。

私は、ガスボンベ
娘は、食料

何処も長蛇の列でした。私は2ヶ所のスーパーをまわり、其々2時間くらい列に並びました。

店内は停電中でしたから、お客さん1人に1人店員がついて案内しています。
何せ店内真っ暗

コンビニも営業していますが、商品は品切れとなって、棚はガラガラ、更に冷凍食品は溶け出して床は酷い状態です。

皆様にご心配をおかけしておりますが、ぽんすけ家族は皆元気です。
お気持ちありがとうございます!

電波が切断状態にあり、繋りが良くないことから、コメント遅くなってます。
お許しを

|

« ゴミ屋敷 | トップページ | 平成30年北海道胆振東部地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年北海道胆振東部地震:

« ゴミ屋敷 | トップページ | 平成30年北海道胆振東部地震 »