« 故郷 | トップページ | サケが産卵する川 »

2018年11月19日 (月)

遅い札幌の初雪は128年を更新か?

札幌は地球温暖化の影響を受け、19日初雪は降らなかった
1980年11月20日の初雪記録と並びそうだ
主な温暖化の原因は
1.エルニーニョ現象
赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて数年に一度海水温が平年より高くなる現象
2.オゾン層破壊
代表的なのはフロンガスによるオゾン層の破壊、地上20~30キロ上空にあるが冷蔵庫等に含まれるフロンガスがオゾン層を破壊し、太陽からの赤外線を防ぐ作用が弱まったことによる。
日本ではフロンガスの規制は強まったが、そうでない国が多い。
アメリカのトランプ大統領は、地球温暖化対策の推進を目指した国際枠組みであるパリ協定からの離脱を表明した
益々オゾン層の破壊は進むものと思われる。
11月ラン&ウォーキング日記(57ヶ月連続100万歩挑戦)
 
①11月の目標 100万歩「1日33.500歩(26.8㎞)」

 

 ②11月19日の実積 37.006歩(29.6km

 

③11月トータル742.972歩(594.4km)

 

④達成率73.9%

 

今日も

皆様にとって素敵な1日になりますように!

|

« 故郷 | トップページ | サケが産卵する川 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遅い札幌の初雪は128年を更新か?:

« 故郷 | トップページ | サケが産卵する川 »