« ランニングと雪囲い | トップページ | 土器、矢じり、石器の話し »

2018年11月 5日 (月)

儚い命

遊歩道を行くと、羽は ぼろぼろに破れ、命尽きたトンボがあっちこっちで見掛けます


今回、微かに動くが自力移動は出来そうもないアキアカネがいた



O1080101314297380685

踏まれて無惨な姿は余りにも可愛いそう。


天命を全うして欲しい


私はそっと雑草の上に移して上げた


O1080094814297380686


昨夜は初霜であったが、弱々しく飛び交うトンボは他にもいたが、天国の使者はそこまで


やって来た


直ぐに手稲山に見守られ天国へ旅たって行くことでしょう!


O1080060714297380689
アキアカネは、暑さに強くないことから平地と髙地の長距離移動を行う


この移動距離は他のトンボと比べて極めて長距離である。


トンボは一年でその一生を終えます。



11月ラン&ウォーキング日記(57ヶ月連続100万歩挑戦)
 
①11月の目標 100万歩「1日33.500歩(26.8㎞)」

 

 ②11月5日の実積 44.816歩(35.9km

 

 ③11月トータル213.346歩(170.7km)

 

 ④達成率21.2%

 

今日も

皆様にとって素敵な1日になりますように!

|

« ランニングと雪囲い | トップページ | 土器、矢じり、石器の話し »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552713/67349797

この記事へのトラックバック一覧です: 儚い命:

« ランニングと雪囲い | トップページ | 土器、矢じり、石器の話し »