« スノーランニングシューズ購入 | トップページ | マガモの寛ぎのひととき »

2018年11月22日 (木)

熊のはなし

函館市鱒川町の山奥に

美しい風景を見ることが出来る(我輩の田舎じゃ)

三森山(標高842m)がある。ここはヒグマの宝庫

Images

ワシの爺さんはマタギ、村田銃で毎年数頭のヒグマ射止めていた

Dd

 ワシがガキの頃、村田銃で獲物を狙う飛距離は50mくらい


村田銃は単発ゆえ、一発で仕留めないと、二発目の玉を詰めていたる間に

10mくらいまで突進してくる。ここで確実に仕留めないとヒグマに遣られる



これは冬季間以外の狩り



冬季間は積雪が3mから4mもあるので冬眠中の熊は簡単に仕留めることができる


熊の習性を上手く利用した狩りとなる


秋のうちに冬眠穴を見つけて置く


降雪期に入ったら、冬眠している穴の前に丸太を数本打ちこむ(静かに、冬眠といえども


起きている場合が多い)


熊は、手で物を外側へ送り出す動作はしない


手で丸太を自分の穴の方へ引っ張る動作をするので、出てこれない


そこを狙いすませてズドーンと一発


この当時熊肉は貴重なたんぱく源ゆえ貰ってよく食べた


血も飲まされたが、美味いとは思わなかった(笑)


鉄砲玉は爺さんが型に鉛を流し込み自分で作っていた


村田銃を一度だけ中学生の頃打たせてもらったが、肩に強い反動がきたのを覚えている


銃は今まで、2回撃ったことがある


サイパンへ研修に行った時、38口径のピストルを撃ったことがある


人の形をした紙の心臓部に当てれば成績が良いけれど、ワシはこのようなエゲツナイ競


技は嫌いだ!


点数出たがあんまり良く覚えていない


爺さんの話しに戻して


爺さんはシベリヤ収容所帰りだったが、自分からその話は絶対しなかった


当時、話さないのは、捕虜時代を恥と思っていた


シベリヤ収容所に抑留され死亡した方は5万人とも6万人ともいわれている


目の前で倒れ死んでいく多数の抑留者を見ているのですから、何も語りたくない心理は


わかる


話しは熊に戻して


熊と突然遭遇した場合


勿論、鉄砲は無し、この時は熊の習性を利用し逃げる手法がある


熊は前に障害物があれば、それを払いのけてから襲う習性がある


長さ3mくらいの直ぐ折れる小枝がベスト


熊と対面した時、熊の前に小枝を出す、熊はこれを手で払い、目の前に小枝がある内は


襲うことはない


なくなったら、どうするかって?


一目散に逃げる手もあるが、熊はすこぶる速い


熊から視線を離さないでにらめっこ、この手法で熊を撃退する(従兄の友人がこの手法


で撃退の実績あり)




11月ラン&ウォーキング日記(57ヶ月連続100万歩挑戦)
 
①11月の目標 100万歩「1日33.500歩(26.8㎞)」

 

 ②11月22日の実積 38.844歩(31.1km

 

③11月トータル858.033歩(686.4km)

 

④達成率85.4%

 

今日も

皆様にとって素敵な1日になりますように!

|

« スノーランニングシューズ購入 | トップページ | マガモの寛ぎのひととき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊のはなし:

« スノーランニングシューズ購入 | トップページ | マガモの寛ぎのひととき »