« オジロワシに関し北海道新聞へ問い合わせ | トップページ | キタキツネの巣穴 »

2018年12月20日 (木)

太郎物語

田舎の実家 に居候 がい

名前は太郎という。 日中は殆ど寝ているが夕食を終えるといつの 間にか 居な くなる

太郎は町内ですこぶる評判が悪い、なにせ遊んでばかし、 夜になると 悪行の 数々、 いささか 両親も困 り果て ていた

先日、お巡りさんのお出ましとなったが、逃げ足が速いのだ。

既に逮捕状もでていて、容疑は強姦罪である。

 

この間、深夜に忍び込みみち子がヤラレタらしい。太郎はその足で光恵と貞子も襲った。町内の娘たちは恐怖のどん底に陥っていた。

 

町内で、未婚の出産が相次いた。

この頃太郎は実家に寄りつかなくなっていたが、

先日、久しぶりに戻ってきた。

 

調子がおかしいのだ!よく見た所、袋にバンソウコが貼られていた。

 

ヤラレタと思った。

 

この間、隣村の村長が来て、アイツ許さんと怒り狂っていた事から、村長にヤラレタのだ。

 

村長は資格はないが、玉抜きの名人として知られていた!

 

カッターナイフで袋を裂き、コロンと出てきた玉をサッと抜き取る。その後はバンソウコを貼って終わり。

 

その後太郎は道行く犬族に同情の眼差しを向けられたいた。

みち子と光恵、貞子は元気な子犬を産んでいた。

 
 
12月ラン&ウォーキング日記(58ヶ月連続100万歩挑戦) 
①12月の目標 100万歩「1日32.500歩(26.0㎞)」 

 ②12月20日の実積 34.050歩(27.2km 

 ③12月トータル738.068歩(590.5km)

④達成率73.3%

 

今日も

皆様にとって素敵な1日になりますように!

AD

|

« オジロワシに関し北海道新聞へ問い合わせ | トップページ | キタキツネの巣穴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太郎物語:

« オジロワシに関し北海道新聞へ問い合わせ | トップページ | キタキツネの巣穴 »