« 厳寒期のウォーキングウエア | トップページ | 女が醸し出す味が異なる »

2018年12月29日 (土)

亡き父のエライところ

我が部族は、箱館戦争で新政府軍の一員として、幕府軍と戦い勝利し戦利品として開拓農民にとって、無くてはならない、野山を頂いた。

 
我が部族は、未だに
本家、別家 の仕来たりが残っています。それは形式のみですが。
 
不況な時代を乗り越えるため、ある家は土地を切り売り、殆ど残っていません。
 
ところが、我が実家の土地は殆ど残っています。
 
今まで二回売却しました。
 
①道路拡張工事により、函館市へ売却、この時は宅地並みで売って欲しいと懇願され、売りました。
 
②土地の上空を送電線を建設する計画が持ち上がり、北海道電力から要請があり、許可しました。
 
①②合わせて莫大な資産のやり取りをしました。
この様な問題が発生したが、利益を生む案件を残してくれた、父親に感謝です。
 
でもね、良いことばかしで有りませんでした。
 
送電線の件は、実家の庭の上空であることから、厳密な測量を実地。
 
その結果、恐るべきデータが明らかになった。
 
なんと、実家の庭(1000坪)の半分は函館市になっていた。(笑)
 
勿論金額も半分になったとさ(笑)
 
今日から9連休の始まり、けれども予定はゼロ。
 
病気の女房を置いて旅行の予定は組めない。
 
皆様の暖かいご声援を受け、58ヶ月連続100万歩(800キロ)以上を27日をもって達成しました。
 
来年の2月で5年連続となります。奇跡です。
 
 ありがとうございます!
 
12月ラン&ウォーキング日記(58ヶ月連続100万歩挑戦)
 
①12月の目標 100万歩「1日32.300歩(25.8km)」
 
②12月28日の実積 36.509歩(29.2km)
 
③12月トータル1.018.373歩(814.7
㎞)
 
④達成率101.1%
 
 
今日も皆様にとって、素敵な一日になりますように。
 

|

« 厳寒期のウォーキングウエア | トップページ | 女が醸し出す味が異なる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亡き父のエライところ:

« 厳寒期のウォーキングウエア | トップページ | 女が醸し出す味が異なる »