« 卵が爆発! | トップページ | 真冬日の中スキー遠足で小学生13人凍傷 »

2019年2月12日 (火)

未だに銀杏の実がなる木がある

札幌市西区公園内に銀杏の木が沢山植えられてる

枯れ葉と思っていましたが、良く見てビックリ、枯れ葉も残っているが、実がびっしり落ちる

事なく付いていた
念のため、実の匂いを嗅ぎ確認しました
 匂いがキツイ事から野鳥も寄り付かないのか?
 
札幌市条例によると

公園内の野草や木の実を取ることは禁止されています。
 
さらに、直ぐ近くに

北海道警本部察琴似庁舎が有ることから取る勇気でませんね(笑)
 
 
ニュース
 
 
 
2月ラン&ウォーキング日記(60ヶ月連続100万歩挑戦)
 
①2月の目標 100万歩「1日35.800歩(28.6km)」
 
②2月12日の実積 37.250歩(29.8km)
 
③2月トータル468.674歩(374.9㎞)
 
④達成率46.8%
 
今日も皆様にとって、素敵な一日になりますように

|

« 卵が爆発! | トップページ | 真冬日の中スキー遠足で小学生13人凍傷 »

樹木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未だに銀杏の実がなる木がある:

« 卵が爆発! | トップページ | 真冬日の中スキー遠足で小学生13人凍傷 »