« 札幌市手稲区の歴史 | トップページ | ハマナスの実が生るころ »

2019年9月 6日 (金)

野良ゴボウとアメリカオニアザミの違い

野良ゴボウとアメリカオニアザミの花が似ていることから、どっちもアザミの種類と思っていました。

 

先日、野良ゴボウの新聞記事を読んでから興味が沸き、遊歩道を探したところ、直ぐに見つけました。

 

大きな違いは葉っぱ。

 

野良ゴボウ


111-3_20190906155301

庭に自生するアメリカオニアザミ


11-2_20190906155301

遊歩道のアメリカオニアザミ


1111-3_20190906155301

野良ゴボウとアメリカオニアザミは外来種であるが、札幌市円山公園内に野良ゴボウが異常繁殖し、駆除グループがおられる。

 

試食したところ、スーパー等で売られているゴボウと味は殆んど変わらないそうです

 

道内に在来種のアザミと外来種のアメリカオニアザミが繁殖している。

 

在来種のアザミはトゲは柔らかく葉をおひたしや味噌汁の具にして食べると美味しいと言う。

 

アメリカオニアザミの原産地はアメリカではなく、ヨーロッパである。

 

9月ラン&ウォーキング日記


①9月の目標 75万歩
1日25.000歩(20.0km)

②9月6日の実積
28.446歩(22.8km)

③9月トータル
217.725歩(174.2km)

④達成率28.8%


今日も皆様にとって素敵な1日になりますように

|

« 札幌市手稲区の歴史 | トップページ | ハマナスの実が生るころ »

野草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 札幌市手稲区の歴史 | トップページ | ハマナスの実が生るころ »