« オジロワシさんとの出会いを求めて | トップページ | ゴッコ鍋 »

2020年1月12日 (日)

トイレマークのいろいろ

札幌の公衆トイレは冬季間、凍結することから殆ど閉鎖となった。

ウオーキング中のオシッコは人目を避けて何とかなるが、ウンコはそうはいかない。

夏なら野ぐそとなるが冬はそんな気にもならん。お尻と袋が凍傷する(笑)。

野ぐそと言えばエチオピアのオモ川流域に住むコエグの人々は他人のウンコの上にウンコをしない。

分かりやすくいえば汲み取り式のトイレは既にいろいろな人々がウンコをしている訳だから、その上にオノレのウンコを乗せない。

ウンコは神聖なものであり他人の汚いウンコの上にやってはウンコ様に申し訳が立たないと言うわけだ。

いくら清潔なトイレでもその上にウンコをすることは考えられないそうだ。

彼らはそんなことをするくらいなら大衆の眼前でも野ぐそを選ぶ。

トイレマークのアレコレ

日本、何年も前からこのデザイン、工夫足りない

評価・ばってん

11111-2_20200112181101

イラン

評価・さんかく

111111-2_20200112181101

オーストリア、ガマンしてるのが良くわかる

評価・〇
11-2_20200112181201


スウェーデン、男はチンポコ出して分かりやすい、女性もおっぱいが宜しい

評価・〇〇
111-2_20200112181201


国名不明、オシッコに勢いある大変よろしい

評価・〇〇〇

1111-2_20200112181301

韓国、これも良いね、覗きできるかも、たぶん

評価・〇〇〇〇
11111111-2_20200112181301


イギリス、女性の右下の絵は何を意味するのか(笑)、私はスケベなんでよからぬことを想像するのですが

さて、あなたは?

評価・〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
1-2_20200112181401


2.トイレの話
藤田雅矢「糞袋」によれば確かモンゴルの遊牧民はトイレ無し、最悪のトイレは中国、トイレの中は薄暗く床が妙に濡れている。てっきり清掃した後だと思い、ようやく対面トイレで踏ん張っていたところ天井からポタリと落ちてくるものがあった。見ればうじ虫。

びっくりし、よくよく床をみたらば、濡れているのはおしっこ。トイレのすみは、あっちこっちにウンコのやま、やつらはどこでもウンコをたれる。

一応水洗トイレ、定期的にジョウーと水は流れ、次から次とウンコは流れてくるけど、ウンコの量が少ないとオノレのたれたウンコに水流がもろに当たり、反動で跳ね返りズボンの下部はウンコだらけ、まぁー他人様のものでありませんからいくらか我慢できるそうです(笑)

椎名誠によればロシアもすごいらしい。驚いたことに便座がない、そのまま座ったら思うが泥だらけ、エイッとばかしに気合いを入れ便器に靴ごと乗り用をたした。不安定なこと極まりない。話を聞いたところ、旅行者は板を2枚持参し用をたしとき、それを便器に乗せてやると言う。

インド人は男でもしゃがんでおしっこをする。ところがアフリカの女の娘は立ちしょん、うら若き女性がどこでもじゃーじゃーやるんだって(笑)

|

« オジロワシさんとの出会いを求めて | トップページ | ゴッコ鍋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オジロワシさんとの出会いを求めて | トップページ | ゴッコ鍋 »